現在リニューアル作業中です。古い記事から表示される不具合がありましたので修正しました。

【惚れ薬】フェロモン香水を使うと女はどうなる?その効果を体験!

フェロモン香水は効く?効かない?実践結果

さて、こっそりとフェロモン香水で武装したYUTARO。

部屋の中では俺の歌うはずの曲が流れていた。

「盗んだバイクで走り出す~♪」

盗んだのは他人様のフェロモンだ。

敏感な女性には即効性がある。

そろそろ香水の効果が現れてくる頃だろうか?尾崎を歌っている最中、チラチラと横目で彼女に目をやる。

ほら、胸が苦しくなってきただろう?ねえ、跨りたくてたまらないんだろう?

タヌキ女がチューチューとコーラを飲んでいる。そのくわえる姿はなんともエロチックだ。

(ふふっ!効いてる効いてる♡)

女性の体が熱く火照りはじめる。

必死で発情を隠そうとしている彼女の状況を想像すると、なんだかこちらも興奮してきて、YUTAROの息子も「軽おっき」する。

それを隠すために座り込んで前のめりになった。

(もしやこの媚薬・・俺に反応しているんじゃなかろうか。諸刃の剣だな・・媚薬ってやつは・・。)

 

「ねえ・・暑い?」

タ「え?何が?」

「体・・いや部屋の温度とか・・?」

タ「別に・・?うーん。やっぱりちょっと暑いかも?」

効いてる効いてるぅ( ´ ▽ ` )ノ

二人の距離は加速度的に縮まっていくでしょう。

加速度的

俺はさっきの「彼女にすり寄る」に再チャレンジすることにした。

(そそっ。)

(すっ。)

彼女が右にずれる。もう一度!またずれる。

(どうした!?結局効果なんてないのか?)

しかし、俺は大きな変化に気がついた。

 

(彼女がずれる距離が少しだけ縮まっている・・20センチが15センチくらいになってる・・だと!?)

タ「もー!さっきからなに~?やめてよ~w」

そして笑いを引き出すことに成功。フェロモン香水恐るべし!

 

プルルル!プルルルル!

「お時間10分前です。」

そしてタイムリミットがやって来た。札幌駅まで彼女を送っていく。

 

「今日はすごい楽しかった!」

タ「私も!ごちそうさまでした!」

「俺、なんか匂いしない?」

タ「くんくん・・うーん・・タバコの臭いかな~?」

結論!効果はあったの?真面目に答える

見ていただいた、フェロモン香水はとてつもないモテ効果をもたらした。

・・というのは真っ赤な嘘。

女性にモテたり、目の前で乱れるというようなことは一切なかった。しかも効果の高そうな密閉空間での実験結果だ。

つまり、サイトの説明にあるような事は、間違いなく超絶「誇大広告」であると言い切れる。

ネットでみかけるような

  • 飲めばみるみるチ○コがデカくなる薬
  • 髪の毛がふっさふさになる育毛剤
  • 一か月で10キロ落ちるダイエット薬

と同じ類のものだ。(どちらも試したw)

女性が自我を保てないほど、発情させる成分が入っているのなら、かなりの劇薬であることが想像できるし、使用者にもなんらかの影響があるはずである。

全ての女性に効くとは考えづらい

ただ、人間がフェロモンを感じ取っていないことはなく、フェロモンは性行動に関して重要な意味があるとは思う。

「父親や母親などの遺伝子の近い人に関しては、近親相姦を避けるために不快な体臭として感じる」らしい。

フェロモン香水の匂いも好き嫌いがあって当然だし、逆に不快だと思う女性がいてもおかしくない。全ての女性に効果的というのは無理がありそうだ。

プラシーボ効果と自己暗示

YUTAROはこの商品を3瓶も購入している。そしてそれなりに女性との関係で結果を残せている。

「今日はフェロモン香水ぶっかけてるから無敵!」

フェロモン香水の効果を信じて疑わず、自信を持って異性に積極的にアプローチする。そうすることで結果がついてくる・・かもしれない。

つまりプラシーボ効果と自己暗示ってやつである。時に思い込みの力は凄まじいものがある。信じる者は救われる・・かもしれない。

まとめ フェロモン香水買うヤツはアホ!

結局は気になる女性とドンキにでも行って、相手の好きな香水を選んでもらったほうが、よっぽど効果的だ。

という事で「フェロモン香水を買うヤツはアホ(自滅)」なのである。だがその効果を信じて疑わないアホこそがフェロモン香水の実力を発揮できると言える。

「ねえねえ来週休みある?ドライブいかない?」

タ「えっと・・土曜日ならいいよ。」

笑顔を残してタヌキ女は恵庭に帰っていった。・・これってやっぱりフェロモン香水のおかげかしら?

続き⇨しゃくれた女と初詣デート。顔のパーツは可愛いのにアゴがブス。

前の日記⇦⇨次の日記