出会い系体験日記

【岡山の出会い】旅行先でアポする時は「ホテルの場所」は重要!

投稿日:2019年2月19日 更新日:

20円

岡山駅着「ボク。桃太郎像の前で怒る。」

タクシーに乗り込むと、行き先である岡山駅を告げる。

(岡山かあ・・よく考えたら、アポするの久しぶりだなあ・・。)

岡山県は、YUTAROが出会い旅を始めたばかりの頃に、ちょくちょく出向いた場所でもある。

 

(最初はたしか・・女の子と湯郷温泉に行ったなあ・・。B'Zの稲葉さんの実家の話で盛り上がったっけ?懐かしいなあ・・)

車窓から岡山の景色を眺めていると、

 

運ちゃん「お客さん岡山へは旅行ですか?」

タクシーの運転手が、話しかけてくる。

どうやらYUTAROは「タクシーのオッサンに話しかけられる」魔法にかかっているようだ。

それも意外と嫌いじゃなかったり・・。

 

「わかります~?」

運ちゃん「あのホテルからタクシーでしょ?出張じゃなくて、観光なのかなと。」

岡山の用水路ヤバいってよ!

「あははw 間違えて不便な場所のホテル取っちゃいまして・・。今から駅で飲むんですよ~w」

運ちゃん「いいですねえ~。でも飲みすぎて用水路に落ちないでくださいよ。」

「用水路・・ですか?」

この時は、「田舎あるあるジョーク」なのかと思ったのだが・・調べてゾッとした。

 

そんな岡山県ではあるが、「用水路がヤバい県」でもある。

用水路と言えば、田んぼの横を流れているアレの事。

 

なんと岡山県では年間10人ほどが、用水路に命を奪われているのだ。

気になる人は「人食い用水路 岡山」で検索してみてね☆

岡山駅着!20円で得た最高の気分をぶち壊す女

運ちゃん「着きましたよ~。〇〇円です。」

「ハイ。あ・・お釣りいらないので。」

運ちゃん「いいんですか?ありがとうございます!楽しんでくださいね!」

「はい!またよろしくお願いします。」

 

俺は「たった20円のチップで最高の気分を味わえる術」を心得ている。日本に生まれて来てよかった。

 

「へへ・・桃太郎さんの銅像ってどこですかねえ~?」

道行く人に、待ち合わせ場所を聞くのも捗るってなもんだ!

 

さて、久しぶりの岡山駅だ。

どこまで変わったのか?それともあまり変わってないのか?

この駅に来たのは、ずいぶん前で記憶にない。

「思ったよりも都会」という印象だけが残った。

 

YUTAROからすれば、岡山駅の印象よりも、国道2号線を走っているときに「マスカットスタジアム」の案内標識を見かけると、なぜかウンコがしたくなるという印象のほうが断然強い。

※最近YUTAROは「過敏性腸症候群」と診断されました。

 

(おお・・これが桃太郎像か!犬・・サル・・キジはどこや?・・・お!そんなところにキジさん!)

桃太郎の偉容を確認すると、今回の女の子に連絡だ!

 

「今、着きましたよ♪桃太郎像の前でっす!」

俺はLINEでメッセージを送った。一瞬で返事が返ってくる。

 

岡山の女「私も着いてます。」

「どこにいるの?」

岡山の女「どこにいると思います?」

「えっと・・ごめん。俺、岡山駅とか詳しくないからさ。教えてくれると助かる。」

岡山の女「いいから、当ててみてくださいよ。」

「実はもう像のところにいるとか?」

岡山の女「ぶっぶー!」

 

(来たか?来たのか!?恐れているものが!!久しぶりのネカマが!)

 

ネカマとは?:ネットオカマの略。出会い系では主に「冷やかしするヤツ」の意味で使われる。

 

一つ言えることは、この女はすげえイライラしちゃうタイプということだ!

とにかくいますぐ俺の20円を返せ!

続き⇨会ってすぐにコイツとは合わないって思う女っているよね。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

YUTARO

ネットナンパ歴17年目の自称出会い系マスター。会った女性の数は400人を超。女子に会いに行く為に全国を巡ったりする変人。末期の男性型脱毛症である。「出会い系で結果が出ない人、わからない事は俺に相談だ!」 ▶相談する

-出会い系体験日記

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! , 2019 All Rights Reserved.