本日より相談の返信を開始致しました。まずはメール相談を返信させていただきます。LINE相談に関しては25日からとさせていただきます。

アホのススメ!アホにはこんなスゴイ効果が!

  • 2020年2月27日
  • 2020年2月29日
  • コラム
  • 9件

まいど!YUTAROです。

とある、事情で地元の「名古屋」に帰ってました。

 

ところでみなさん。・・たまにはアホしてます?

 

僕はね。一日に一回アホになるように心がけてます。

すごく悲しい事があったり、「アアアー!!」って叫びたくなる時も、よくアホになってます。

パンツを頭から被るアホ

今日は頭からパンツをかぶりました。実家の犬がめっちゃ吠えてました。

元カノに貰った「ポールアンドジョー」のボクサーパンツなんですが、太っちゃってはけなくなったんで、頭からかぶりました。

パンツを被るアホ2

別パターンのもあります。こっちは普段使いのダルダルになったヤツです。

※毛玉がメッチャ付いてる事に気が付いたんで、ボカシ入れました。

 

この前は、元カノに着せたコスプレが、段ボール箱から大量に見つかったので、とりあえず全部着てみました。

 

ボクのアホを見てどう思いました?

「いい歳して情けない」とか、「痛いヤツ」なんて思いました?

それはあなたが「アホをしていない証拠」なんですね。

 

でもね、アホには様々な「良い効果」があるんですよ。それを今日お伝えします。

ただし、まずは以下の注意点に目を通してから、アホしてください。

要注意!やってはいけないアホとは?

  • 誰かが深く傷つくようなアホ
  • ケガや命の危険があるアホ
  • 犯罪に関わるアホ

上記のアホは、今回、ボクがお伝えしたい「アホ」とは全くベクトルが違います。

誰かを傷つけるようなアホや、法を犯すようなアホは、「救いようのないアホ」になってしまいます。気を付けてください。

インスタなんかで、写真撮ったら満足して、道端に捨てたり、食べなかったりするアホがいますが、お店の人が悲しむのでやめましょう。

また高いところから飛び降りたり、行き過ぎたアホで、命を落とすアホもいます。やりすぎないように、安全なアホを心がけてくださいね。

 

・・では、さっそくアホの凄さをお伝えしまっさ。

アホはストレス発散になる。

一日の始まり、一日の終わりにアホな事をしてみてください。

小さな事でもいいです。「小さなアホからコツコツと」です。

実はこれね、結構ストレス発散になります。

 

皆さんもご存知のとおり、ボクの出会い日記なんて、8割以上がアホで成り立ってます。

バ〇ァリンの「優しさ成分」よりも濃いんですね。

 

もう15年も日記書いてますけど、アホな事を書いていたから、アホな事をしてきたから、楽しく長く続けられたんだと思ってます。

真面目な事ばかり書いてたら、逆にストレス溜まって、一カ月で辞めてましたね。

だから、みなさんもたまにはアホにならないと、どんどんストレス溜まっちゃいますよ。

アホは楽しい。アホは創造力を養う。

自分がアホをするのは楽しいし、ストレス発散になります。

でも他人のアホも侮れません。TVのお笑いなんかもそうですよね。

誰かがアホな事をしている姿を見るのって楽しいんですよ。・・つまりアホは人を幸せにします。

 

「次はどんなアホで笑わせてやろうか?」

そんな想像力のアップにも繋がります。

もし、毎日の生活が、同じルーティンの繰り返しなら、「アホ」というスパイスを少しだけ、取り込んでみてください。

 

ただし、急にアホなことをやると、自己嫌悪に陥ることもあるので、慣れないうちは、誰かと一緒にアホになることをオススメします。

アホは人と人をつなぐ。

大人になると真面目な場所で、人と親しくなるのって結構ハードルが高いです。

結局ビジネスライクな付き合いになっちゃったりしますよね。

 

意外とテンション上がって、「アホにブーストかかってる時」に、友達になるきっかけって生まれると思います。

僕も福岡に来て8年目になりますが、こっちでアホをしてきたおかげで、札幌に住んでた頃とは比べ物にならないほど、友人が増えました。

札幌時代も、もう少しアホしとけば良かったと思ってます。

 

毎日のように、ボクの日記を見てくれてる常連さんたちにも、「アホな日記」が無ければ、つながる事はなかったはずです。

アホは文化になる。

アホは文化になります。

土地に根付いている「お祭り文化」も、「アホ」がきっかけになってる事が多いです。

 

「年貢が厳しい。・・でも一年に一回くらいは、パーッとみんなでアホな事やらない?」

 

意外とこういうきっかけで、お祭りが生まれてたりします。

日本だけじゃありません。世界各地でですよ?

お正月に、お餅を一気に飲み込む習慣とか、トマトぶん投げるお祭りとか、どう見ても「アホ」ですよね?

アホは、歴史や行事として受け継がれるんです。

アホは大切な思い出になる。

アホは大切な思い出になります。

・・こんな話があります。

10年くらい前ですかね、男友達と、女友達がボクの家に泊まりにきたんですけど、

女の子が着替え用として、持ってきたパンティを、友人みんなで、コッソリかぶったりしました。

 

(・・アホってよりも、犯罪なのかな? )

 

もちろん、ちゃんと謝りましたし、メッチャ怒られました。

 

その時にいた友人みんなで集まると、いまだにその話で盛りあがります。あの時のように大笑いします。

忘れかけていた記憶も、鮮明になって、思い出話に花が咲きます。

 

つまり、アホは「忘れられない大切な思い出」として脳みそに刻み込まれるわけです。

アホは泣ける。

人生は長いです。

でもいつかは、親しい友人が、この世を去る時が必ず来ます。

 

友人の葬式や、通夜で思い出すのは、「一緒にアホをした記憶」なんですね。

 

「あの時、アイツと一緒にアホな事やったよなあ・・。あの時、みんなでパンツかぶったよなあ・・。」

 

そんな懐かしい記憶と、笑いがこみ上げてくるはずです。

大切な思い出に触れて、自然と涙も流れてくるはずです。

 

僕もね、今日はたくさん笑って、たくさん泣きました。

 

もしこのコラムを読んで、

「昔あいつとは良くアホやったな~。」

と、誰かの顔が浮かんだら、連絡してみてください。

 

「久しぶりに酒でも飲みながら、アホしない?」って。

 

 

YUTARO
よかったら、Twitterで「フォロー」とか「いいね」してね♡