ワクワクメール体験談

帰郷4 河口湖へ新婚旅行も兼ねてドライブ しかし嫁の容態が・・

投稿日:2015年6月12日 更新日:

富士五湖の一つ河口湖へプチ新婚旅行

札幌から名古屋に戻ってきた。二日目はレンタカーを借りて一泊二日で河口湖へ温泉を入りに行くことになった。「プチ新婚旅行」というやつだ。

河口湖は富士五湖の中でも二番目に大きく湖の周辺には観光スポットが点在している。

出会い系で全国のほとんどを回った俺だが、なぜか山梨県にはあまり縁がなかったりする。

「じゃあ行きまっか!」

大「うん!安全運転でお願いします。」

二人はフィットに乗り込む。これが我が愛車(図体ばかりがデカイ)よりもよっぽど走る。車の進化恐るべし!

出発は順調だった、旅のお供の「コーラ」と「じゃがりこ」の準備もOKだ、静岡経由で向かうことにした。

高速道路だけだと味気ないので途中で下道にチェンジ。

富士山の脇のあたりを走っている。道は整備されているけど、やっぱり山道なのでグネグネとした道が続いていく。

運転は得意なほうだが、あまり左右に揺れると酔いそうだ。

「なんか酔いそうな道だけど大丈夫?」

大「うん・・気持ち悪くはないけど・・」

「え?」

大「なんか・・・お腹痛い・・。」

え?もしや切迫流産!

驚いたYUTAROはブレーキを踏み、車を路肩に寄せて停めた。

「ま、マジ?どんな風に痛いの?」

大「えっと、きゅううううって感じ?」

まさか赤ん坊に悪い影響でもあったのだろうか?安定期とはいえ、飛行機や電車、車と少し動き回りすぎたのかもしない。

「さ、産婦人科!」

携帯を取り出すと、俺は必死で産婦人科を探すのだった。

車を爆走させ、二人が着いたのはカーナビで調べて出てきた、近くにある産婦人科。

 

「こんな自然の多い場所で赤ちゃん産めたら最高ね!」

 

いやいやそれどころじゃねえ!

先生が名医であるとかそんなことはどうでもいい。

とにかく一刻を争う!とこういうことに慣れない俺は焦る。そして産婦人科に到着。

ガチャガチャ・・!

・・・開いてねえ・・設置されているインターホンを鳴らそうとするが全く反応はない・・。

 

もしかして・・・ここ潰れてる?

 

「どうしよう・・電話も繋がらない・・閉院しちゃってるのかも?いっそのこと救急車呼ぼうか・・」

大「ちょっと待って。救急車はいいから・・急ぎでコンビニよってもらえる?なんか・・その・・」

・・・?

幸いここへ来る通り道にセブンイレブンがあったので走る。

YUTAROも「病院」じゃなくて「コンビニ」と言った時点で薄々勘付いていた。

 

これは切迫流産なんかじゃないと。

 

セブンからすっきりした顔の大阪子が出てくる。

「でた?」

大「でた・・ここ数日便秘でして・・。ごめんね、初めての妊娠だから敏感になってたのかも。」

「そうか・・とりあえず大事じゃなくてよかった。」

ふうっと一息・・一気に力が抜けたYUTARO。

まあそんなこんなで河口湖デートは楽しゅうございました。
kawaguchikoboat1

 

 

 

 

 

kawaguchikoboat2
二人でボートに乗ったのはいい思い出。

河口湖ってでかいのね・・。中島公園レベルじゃねえっす。調子に乗って手こぎボートで遠くまでいったので後半は腕パンパンでしたわ。

「初河口湖、楽しかった?夕日が最高でしたな!」

「楽しかった!また来ようね!今度は赤ちゃんと一緒に!」

おお・・大阪子もとうとう心を入れ替えたのだろうか・・。

「結構動いたから疲れ貯めないようにしてね、今日は早いとこ寝ようぜ。」

大「YUちゃん・・あのさ・・・実は・・」

「え?」

真剣な眼差しが俺に注がれる。

続き⇨私エッチがしたいの。妊婦でも性欲があるらしい。

前の日記⇦⇨次の日記

  • この記事を書いた人

YUTARO

ネットナンパ歴17年目の自称出会い系マスター。会った女性の数は400人を超。女子に会いに行く為に全国を巡ったりする変人。末期の男性型脱毛症である。「出会い系で結果が出ない人、わからない事は俺に相談だ!」 ▶相談する

-ワクワクメール体験談
-

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! , 2019 All Rights Reserved.