ハッピーメール体験談

抜9 ツレの美人が「雅美」に見えた瞬間。

投稿日:2016年9月14日 更新日:

役者は揃った!飲み会開始!

ここは天神西通りにある「apartment501号室」。こ洒落たカジュアルイタリアンのお店である。

ダンディズムあふれる、ダン男先輩と合流した俺は、彼女達が訪れるのを今か今かと待っていた。

ダン男先輩は黙っていると怖い・・。

たいして仲良くもない俺達はタバコを吸いながら、世間話でなんとか間をつないでいた。

ビ「お待たせ♪」

そこにようやく姿を現したビッチのビチ女。

着ているのは光沢のあるワンピース。今日も彼女は派手な雰囲気を醸し出していた。

そしてもう一人・・。

「めっちゃ美人」と以前にビチ女が言っていた女性。

恐らく30代だろうか?ビチ女よりも年上に見える。

彼女も光沢のある高そうなワンピースを身にまとっていた。

スラッとした細身の体型。鼻筋が通った高い鼻。顔は正統派の美人である。

整っている分、少し魔女的な顔立ちだ。

芸能人に例えるならば「菜々緒」に似ている気がする。

そしてストレートで長い黒髪。俺の髪(1センチ)の50倍以上は長い。

彼女は20代前半では決して出せない、妖艶な色気と品をまとっている。

エスプレッソが良く似合いそうだ。

彼女も「ダン男先輩」や「ビチ女」と一緒で、押し黙っていると怖い印象を持たれるに違いない。

かなり美人ではあるが、話しかけづらそうで、少し苦手なタイプだ。

そんな彼女を「魔女子」と呼ぼう。

とにかく、このメンバ-の中で俺だけが浮いていた。(見た目的に・・)

 

ダン男先輩は無言でダンディのまま彼女達に会釈をした。

そして彼女達から見えない位置で、俺にこっそりと「グッド」サインを送っていた。

どうやら彼女達をお気に召したらしい。

 

「ささっ座って!飲み物は・・とりあえずビールでいい?」

さっそく幹事らしく振る舞う俺。

ビ「うーん。ビールよりもワインかなあ・・。」

「赤?白?」

ビ「赤が好き。魔女子さんもワインでいい?」

 

魔女「ワイン好きだけど・・ワタシ酔っぱらうよ?・・それでもいいなら。」

「え?」

ダン「え?」

魔女「しゃーない!今日は酔っぱらっちゃいまっか!!」

「え?」

ダン「え?」

「あの・・関西の人なんですか・・?」

魔女「ちゃうちゃう!いまウチの職場で流行ってんねん!んで話てるうちに抜けなくなってもうた!」

 

こんなところでエセ関西弁を聞くことになるとは・・。

それにしても・・て・・テンション高え・・。

なぜか一瞬だけ「久本雅美」に見えたのは、なんだったのだろうか?イタコかなんかか?

 

とにかく魔女的でミステリアスなキャラと決めつけていたせいか、ギャップに驚く俺とダン男先輩。

「あはは・・なんでやねーんってか。・・・い、いやあ楽しそうな人で良かった・・ね!ダンさん!」

ダン「お・・おう。」

これは強敵だ。

一刻も早く俺たちにアルコールを持ってきてくれ。

続き⇨出だしは上々!しかし予期せぬ「バツイチ」トーク

前の日記⇦⇨次の日記

-ハッピーメール体験談
-,

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! , 2019 All Rights Reserved.