Reikoショー

沖縄のニューハーフのいる店に潜入!女子を連れていくのもオススメ【アジア女②】

Reikoショー

二次会は「ショーパブ」で決まり!

「さて、お次はどこに行く?この辺のオススメスポット知ってる?」

ア「あたしショーパブに行きたい!」

ショーパブ?…20歳の女子から出てくる言葉ではない。

そもそも、女の子からショーパブに誘われたのは生まれて初めてだ。

 

ア「絶対楽しいからさ!行こうよ。」

アジア女の押しに負けて、俺たちは沖縄の歓楽街「松山」へと向かった。

だがしかし、彼女の言う「ショーパブ」は、ただのショーパブではなかったのだ。

松山の「ショーハウスレイコ」へ

レイコショー

俺たちは松山に到着。さすが沖縄一の歓楽街。たくさんの人で賑わっている。

俺の斜め前を歩くアジア女の足元を、どデカいゴキブリが足早に横切っていく。

 

「ひっ!デカすぎ!」

ア「デカくて悪かったわね!」

…いやいや、キミの事じゃないよ。

 

彼女に導かれ、とある雑居ビルの中へ入る。

着いた先は「ショーハウスレイコ」というお店だった。

 

(もしボッタクリ店だったら…しばらくカップ麺生活だな。)

ショーパブのドアは開く。

 

「いらっしゃいませー♪」

綺麗に着飾ったキャストたちが、店に入ってきた俺たちに声をかけてくれる。

教育の行き届いた良い店だ。そしてムダにいい匂いがする。

 

(でも…なんか…変だぞ。)

俺は違和感を感じていた。

なぜなら「いらっしゃいませ」の声が、全体的に低めに設定されていたからだ。

そこは「ニューハーフのいる店」だった…

「あの…この店って…。」

ア「ニューハーフのショーパブだよ♪」

「そういう事は先に言ってよ。ほら、心の準備ってもんがあるでしょ?」

ア「サプライズしようと思って。ごめん…嫌だった?」

そういうサプライズはいらない。

 

「まっいいか…こういうお店はよく行くし。

札幌の「ららつー」に通っている身としては、ニューハーフとの触れ合いに慣れている。

ア「えぇ~驚くと思ったのに!YU君ってニューハーフもイケるの?」

「どう見てもノンケでしょ!失礼しちゃうわね!てか20歳なのに遊び慣れてんな!」

ア「え~!これが沖縄女子の平均だよ。」

確かに…沖縄女子は夜遊びに長けている気がする。

ニューハーフのいる店に女の子を連れて行くのはOK?

ニューハーフのいるお店(風俗とかは省く)に、女の子を連れていってもOKなのか?

答えは「全然OK。むしろ連れてけ。」である。YUTAROもデートで良く使っている。

意外にも、こういうお店は女性ウケがとても良いのだ。

特にショータイムのある店は、

  • セクシーなダンス
  • 気の利いた下ネタ

に触れることができる。

ノリの良い娘を連れていけば、一緒に盛り上がってスグに仲良くなれてしまう。

そして、店を出た後に「とりあえず行っとく?」とホテルに誘えば、なんやかんやでエッチできちゃったりするのでゲス。

ニューハーフのトークは「下ネタありき」で楽しい

俺たちはボーイさんに案内されて席へ座る。

しばらく二人で泡盛を飲んでいると「綺麗なニューハーフ」が、席に着いてくれる。

正直、アジア女よりも細くてスタイルが良い。女性じゃないのが残念だ。

 

ニューハーフ嬢「このお店は初めて~?」

ア「私は3回目です。」

「ボクは初めてです。」

彼女に一杯ご馳走すれば、トークも弾む。

ニューハーフ嬢「それでね~ピーしちゃってピーなのよ。」

ア「あはは!ピーとか笑える~!」

ゲスい下ネタも男が言えば気持ち悪いが、ニューハーフが言えばこんなにも笑顔になれる。

 

ニュ「ところで、二人は付き合ってるのかしら~?」

「いや、いまのところ友達です。てか、さっき会ったばっかりですw」

ア「そうそう。」

ニュ「ふーん。いろんな出会いがあるからね。さっさとヤッちゃいなさいよ!どうせ裸になったらチ◯コとマ◯コになんだから。」

どストレートな下ネタに、ちょっとだけ気まずい雰囲気が流れる。

 

ニュ「あ、もうすぐショーの時間だから失礼しますね♪楽しんでってね~♪」

そう言うと、下ネタ姉さんは席を外した。

イッツ・ショータイム

ズンチャズンチャ♪

音楽が流れ、幕は開く。ショーの始まりだ。

青いスポットライトを浴びて舞い踊るニューハーフたち。

あの子もこの子も、誰もがキラキラと輝いていて、俺はつい魅入られてしまう。

 

「フッー♪フッー♪」

他の客が叫ぶ。指笛も聞こえる。

 

ア「さっき席についてたお姉さん…すごく綺麗。あんなに下ネタ言ってたのに…。

アジア女は手を叩きながら言った。

彼女の言うとおりだ。俺たちはそのギャップにヤレられいる。

気に入ったキャストにはチップを渡そう

ショーが終わると、キャスト達の紹介が始まる。

さっきまで舞い踊っていたオネエ達が、手を振りながら客席の横を歩いていく。

このタイミングでキャストにチップを渡すことができる。

 

チップ渡すことは「良かったよ」「ファンになりました」というの意思表示になる。

しかもキャストが席まで挨拶に来てくれたり、席についてくれることもある。

 

(調子に乗って…チップだけで3千円も使ってしまった。)

 

しかも席に着いたのはチップを渡した女の子ではなく、

ショーの振り付けを担当している男性(話すとオネエ)だった。

※ショーへの情熱とこだわりを聞かせていただき、とても勉強になりました。

「ショーハウス・レイコ」の情報

せっかくなので、今回行ったお店を紹介させていただこう。興味がある方はぜひ足を運んでみてほしい。

店名:ショーハウス・レイコ(show house Reiko)

リンク:公式Facebook食べログ

住所:沖縄県那覇市松山1-13-8 タップスビル3階

松山にある老舗のニューハーフショーパブ。宮古島にも支店がある。

レイコでは、スリリングかつセクシーなダンスショーを楽しむことができる。キャスト達の歯に衣着せないトークも楽しみの一つ。

女性を連れていっても盛り上がる店なのでデートにもオススメ。沖縄旅行の良いスパイスになると思う。

まさかの延長。

レイコを出て、俺たちは再び松山の繁華街へ吐き出された。

しこたま飲んだせいか、ふらふらと歩行がおぼつかない。かなり酩酊しているようだ。

 

ア「はぁ~酔ったぁ!楽しかったね。」

彼女はそう言って、ぴょんぴょんと弾んだ。いや…ドスンドスンか。

ア「なんか眠くなってきちゃった~。」

「ほな…そろそろお開き…」

ア「ねぇ。どっか泊まっていこうよ~。」

ここでまさかの延長である。

アジア女と出会ったサイトを見る

続き➡彼女がゲロ吐いた!それでもあなたはヤレますか?