抜4 お酒ってすごいね!蓋を開けてみたら面白い女(ビッチ)だった。

雰囲気の濃い女と大名で飲む

人にはオーラというものがある。言い換えるとそれは雰囲気というべきだろうか。

所作、体格、顔、表情、姿勢、声etc。

様々なものが合わさって構築されている。

イケメンでも残念なやつはいる。太ってもモテるやつもいる。

一緒にいるだけで落ち着く人もいれば、イラつく奴もいる。

目の前の女性を見た時に俺の中で何かが強張った。

濃い。そして電話のままの低く色気のある声は強烈なオーラをまとっていた。

ビチ女の体中からフェロモンが吹き出している。

・・どうも話しかけづらい。出会い系で会った数多くの女性の中でも特殊なタイプ。

もしかすると俺の苦手なタイプかもしれなかった。

「あっどうも・・こんばんは。」

ビ「今日は宜しくお願いしますね(^o^)」

「あ、いや・・こちらこそ。」

ビ「あれ?電話の時よりテンション低くないですか?もしかして緊張してますか?」

会話を交わすとよく喋るタイプだ。

(しゅ、主導権を握られてなるものか!俺ももっと話さなければ・・)

「あっ・・わかります?僕こういうので会うの初めてでして!緊張してます!よろしくベイベ!」

精一杯おちゃらけて言う。

初めてなんて・・早速大きな嘘をついてしまった。実際は3桁だ。

いつもついてる嘘だし、事実を伝えれば変人扱いされることだろう・・。

ビ「へぇー。初めてなんですねー。意外です。」

「ビチ女は初めてじゃないの?」

ビ「初めてじゃないですよー!いままで五人に会いました」

この時は正直者と思ったが、この数字もまた嘘であることを後に気づく。

ビ「さてご飯いきましょーお腹減っちゃったし喉がカラカラ!」

ビチ女は思った以上に明るい。

最初に感じた蛇のような禍々しいオーラはなんだったのか?ただの気のせいかもしれない。

大名はあまり詳しくない。タブレットを持った案内員に店を紹介してもらう。(大名近辺にいる飲食店を紹介するバイト)

入ったのは半個室の焼き鳥屋だった。

さっそくビールで乾杯!

グビグビ!

喉の渇きが限界だったのですぐにジョッキをあける。

ビ「飲みっぷりいいですねー!お酒強いの?」

「強くはないけど、ペースは早いほうかな・・。ビチ女は?」

ビ「私も強くはないけど好きです。」

「おお!じゃあたくさん飲んでちょ!」

焼き鳥をかじりながらしばしのご歓談。

彼女のスラっとした外見と高価そうな服装。

そして彼女自体が焼き鳥屋では浮いている。

「なんか焼き鳥似合わないねえ~w普段エスカルゴとか食ってそうw」

ビ「えー!焼き鳥大好きですよ!ワタシ!久留米人だしw」

「え?そうなの?」

ビ「最近は焼き鳥と日本酒でキューっと行くのが流行りですw」

「お!いいね!じゃあ日本酒行っちゃう?」

ビ「いきましょ!すいませーん!久保田の千寿を冷で!」

こ、こいつ・・オッサンか?

これがいけなかった・・。

・・・・・

時間はあっという間に過ぎていった。

脱水状態から日本酒を飲んでしまったせいか、血中のアルコール濃度はうなぎのぼり。二人はあっという間に酔っぱらってしまった。

「その会った5人の男性とはなんもなかったん?」

ビ「5人じゃねーし!本当は10人だし!女の言う事を全部真に受けてんじゃねーよw」

(酒・・酒乱?)

「嘘かい!もう5人も10人も変わんねえよw」

ビ「4人とヤったった・・w」

「ロクでもねえなwク○ビッチやんwおっぱい見せてみ?」

ビ「(シャツをまくりあげて)ほれw」

「ええ乳しとるやんwてかホントに見せてんじゃねーよ!」

無駄に距離が縮んでいる。酒とはすごいものだ。

しかし俺はもはや彼女に女を感じない。

「その4人とは付き合うとかならなかったの?」

ビ「そういうのはなかった・・。なんでだろ?ちなみにお気に入りはおるとよw」

「いや・・俺に聞かれても・・。てか2年間彼氏いないっていってたけど、本当はどのくらい彼氏いないのよ?」

ビ「4年・・です。」

「いやー美人だし彼氏いそうだけど・・。」

ビ「みんなそういう・・でも付き合うまではなかなかいかない。」

「うーん理想が高いとか?」

ビ「それもあるかも。・・東京がいかんとよ!東京が!昔は真面目やったと!」

そして彼女は自分がビッチになった理由を語り始めた。

ーーーつづくーーー

ビチ女と出会ったサイトをチェック

6 Comments

夜はハッスルp(^-^)q

ビチ子って…
意外に良い子なのかもね?

酒乱は困る。
東京で何があって彼女を変貌させたのか気になるとこです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。