ラブサーチ体験談

熱1 修羅の国福岡の「鬼の哭く街」田川へ

投稿日:2015年8月30日 更新日:

修羅の国で最も恐れられる田川という街へ

昨日は、大分市内のホテルで充分な休養を取った。

やったことと言えば、赤十字に募金したくらいだ。

大分市の飲み屋街、都町をぶらついたが、さすがに夜遊びするような体力は残っていない。夕食にラーメンを食べただけで特に何事もなく夜があけた。

 

そして今日は今回の出会い旅の本番「百合子」に会う日だ。

百合子は福岡県の筑豊地区、田川市に住んでいる。

年齢は21歳、Fカップ。そして少しヤンキー臭の漂うキレイな顔立ち。

まだ一度も会ってはいないが、メールでは既に恋人同士のような関係になっている。

4ヶ月間、毎日のように電話を繰り返し、バレンタインにはチョコを郵送してくれた。

たまにオッパイの写メを送ってくれ「これでヌキなさい」という菩薩様のような女だ。

とにかく4ヶ月もの間、二人は愛を育んできた。彼女無しでは今回の旅は語れないだろう。

ただし、おとといの写メ詐欺の件もある。そんな事になったら、俺の心は壊れてしまうに違いない。

田川ってマジでヤバイの?

さて、田川という街である。俺は名古屋人で福岡県の地域性の話には疎い。

だが、福岡人と飲むと、なぜか田川の話が多少は出てくる。

福岡県民にとって、筑豊もとい、田川は恐れられているのだ。

田川といえば・・

  • 炭鉱の街だったので気性が荒い
  • 「月が出た出た月が出た」炭鉱節発祥地
  • 893とナマポが多い
  • 学生の半分がヤンキー
  • みんな大好きチロルチョコ
  • 泥棒村があったらしい(実話らしい)
  • リリーフランキーの東京タワー
  • バカリズムも田川だよ。
  • 筑豊ナンバーは絶対に煽ってはいけない
  • 北斗の拳で言うと修羅の国にカサンドラがあるような感じ?(意味不)
  • 未だかつて生きて帰ったものはいない。

※聞いた話なので、噂の範疇です。決して田川をディスっているわけではありません。

・・なんとなくヤバそうな気がしてきた。俺は生きて帰れるだろうか?待っていろユリア~!

朝7時YUTAROは少し早めにホテルを後にした。

コンビニでサンドイッチとおにぎりを買って、頬張りながら北上する。

ナビの導くまま、田川市に入る。

「ふう・・もう少しか。」下道移動はキツイ・・。

田園風景が広がり、にわかに昭和臭の漂う田舎である。

特に車の交通ルールがぶっ飛んでいるわけでもない。

人々がそこらじゅうでケンカに明け暮れていたり、銃弾が飛び交っていたり、死体が転がっているなんてこともない。

アジアレベルで見たら充分に安全そうな街だ。

ヒャッハー

こんなのを想像しとったわ。きっと噂が一人歩きしているのだろう。(福岡の人は目立ちたがり屋が多いので盛り話が大好き)

 

待ち合わせ場所は田川にある、「夏吉」という交差点の「南幸老」という飲食店の駐車場。

待ち合わせ場所もなんだか田舎ライクだ。

午前10時半。YUTAROは待ち合わせの30分前に到着した。

百合子に電話をかける。

百「おはよう!」

「おはよう、あの・・もう着いちゃった!」

百「え?早いね!じゃあスグに準備していく!ごめん待ってて!」

「ありがと!気をつけて来てくださいな。」

 

少しして電話がかかってくる。

百「今着いた!遅くなってごめんね、えっとYUちゃんの車・・はどれだ?」

「黒のワゴンだす。」

百「あっわかった!」

受話器を耳に当てながら近づいてくる女が一人。

俺は彼女を視界に入れると小さくガッツポーズをした。

続き⇨既に恋人同士?出会い系で会う前にメールで仲良くなりすぎた結果

前の日記⇦⇨次の日記

  • この記事を書いた人

YUTARO

ネットナンパ歴17年目の自称出会い系マスター。会った女性の数は400人を超。女子に会いに行く為に全国を巡ったりする変人。末期の男性型脱毛症である。「出会い系で結果が出ない人、わからない事は俺に相談だ!」 ▶相談する

-ラブサーチ体験談
-

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! , 2019 All Rights Reserved.