ラブサーチ体験談

無事でよかった!東日本大震災から音信不通だった友達と仙台で再会

投稿日:2018年12月27日 更新日:

仙台で再会

8年ぶり。地震で音信不通だった友達に会いに仙台に来た。

さて仙台二日目だ。今日は古い友人に会うことになっていた。

友人と言ってもその関係は複雑で、やっぱりエッチしてちゃっている。

彼女と会ったのは、2006年出会い旅の途中だ。石巻(いしのまき)市から仙台までわざわざ車に乗って会いに来てくれた。

[box class="box26" title="友達女の紹介"]

年齢:30代前半

出会ったサイト:ラブサーチ

ファンキー系サル顔女子。アーティストのUA(ウーア)に似ている。当時はかなりのヘビースモーカーでドライブ中の車内はタバコの煙で大変だった。二人で松島観光を楽しんだりと、思い出に残るひと時を過ごす。(しかもエロかった。)

詳細はコチラ➡自分をとりもどせえ仙台編

※文章めっちゃ下手だし、誤字脱字が多いし、自分でオイラとか言ってて黒歴史です。

[/box]

東日本大震災で音信不通になる

友達女とは、アポをした後も、よく連絡は取りあっていたのだが、悲劇が二人の関係をぶち壊す。

2011年3月11日、東日本は大震災に襲われたのだ。石巻市も地震による津波に襲われ、壊滅的な被害を受けることとなる。

【閲覧注意】ショックな映像が含まれています。

連日TVで見る凄惨極まりない映像に、俺は彼女の安否が心配になった。スグに連絡を試みるが音信不通。

石巻市だけで死者数は3,500人以上。石巻市は東日本大震災で一番被害者数の多い市町村となった。

 

(・・きっと無事なはず。無事でいて。)

YUTAROが福岡に住んでからも連絡が付かないまま、時間だけが過ぎていった。

まさかFacebookでつながるとは・・。

2012年。俺はガラケーからスマホにバージョンアップし、Facebookを始めてしまう。(二股中だったのでFacebookはスグにやめた。)

そこで音信不通だった友達女の名前を発見する。

「うおお!友達女!無事だった!」

YUTAROは歓喜と安堵の叫びを上げたのを覚えている。

震災後、友達女は石巻市から、仙台市内へと移り住んでいた。

それから、ちまちまとLINEでのやりとりが続き、今回の出会い旅というチャンスによって8年ぶりに再会する事になったのだ。

再会の場所の勾当台公園駅へ

俺は、白石さんの家を出て、車で待機していた。午後5時前、YUTAROは地下鉄に乗って「勾当台公園駅」へ。

勾当台公園駅周辺には、

  • 「仙台市役所」
  • 「青葉区役所」
  • 「宮城県庁」
  • 「宮城県警本部」
  • 「仙台合同庁舎」

など、仙台および宮城県の行政の中枢が集約されている。地下鉄の駅を出ると、石畳で整備された公園にたどり着く。「都会の公園」という印象だ。

公園と一体化しているように街路が伸びている。さすが「杜の都」と呼ばれるだけあり、仙台は本当にキレイな街だ。悲惨な地震があったことをあまり感じさせない。

俺は公園のベンチに腰掛けて、友達女の連絡を待っている。

するとLINE電話が鳴った。

(8年も経ってんだ・・すっかり大人の女性になってるのかな?)

嬉しさで胸が高鳴った。

続き⇨また会えるとは・・変わらないサル顔に目頭が熱くなる。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

YUTARO

ネットナンパ歴17年目の自称出会い系マスター。会った女性の数は400人を超。女子に会いに行く為に全国を巡ったりする変人。末期の男性型脱毛症である。「出会い系で結果が出ない人、わからない事は俺に相談だ!」 ▶相談する

-ラブサーチ体験談
-, , , , ,

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! , 2019 All Rights Reserved.