ハッピーメール体験談

【仙台の出会い】期待!自称白〇麻衣似のおばちゃんと遊んでくるぞ!

投稿日:2018年12月22日 更新日:

白石さん

期待値が高すぎてこのブログも燃えカスになりそうなオバちゃん

アポにはもう遅刻できないという決意から早めに仙台入りしてしまったYUTARO。今日のアポは夕方の午後の五時からだ。

市内中心地から少し離れた有料パーキングに車をとめて、仮眠を取る事にした。ZZZ・・。

できることならホテルに泊まりたいのだが、この旅ではホテルを予約しているにもかかわらず、宿泊しなかった日が三日もある。アホなのだ。

目が覚めてもまだ時間はたっぷりとある。仙台まで来たのだから観光でも楽しもうとするものの、元来の面倒くさがりが足を引っ張って車から出られない。

結局、俺はスマホで残りのアポの相手のメンテナンスと、ネットサーフィンをして時間を潰している。

写真でも撮って自分の日記に載せればそれだけで楽になるというのに・・アホなのだ。(次の旅からちゃんと写真撮りまくります。)

ということで今日のアポの相手を紹介しよう。

ハピメで知り合った。自称白石麻衣似(37歳)

名前:白石さん

年齢:37歳

仕事:飲食業

出会ったサイト:ハッピーメール

自称乃木坂の中心メンバー白石麻衣似のオバハン。この出会い旅に出る前からのつながりで、YUTAROはずっと「白石のおばちゃん」と呼んでいる。

国民的アイドルに似ているという事で期待値だけは無駄に高い。そしてかなりの火薬を積んだ爆弾の匂いがする。下手すりゃこのブログごと大炎上の案件だ。

サイトでは、顔画像は載っていたものの、肝心の部分が隠されていて判断できなかった。とはいうものの、好奇心をそそられる今の状況も楽しい。

俺は恋愛とか下心とは別のところで白石さんの事が気に入っている。

そして、これも出会い系の醍醐味だ。ネタは多いほうが良い。

待ち合わせがいきなりおでん屋。

(そろそろ待ち合わせ場所に向かうか・・。)

俺は都心へと車を走らせた。向かう先は国分町にある某おでん屋だ。(今回は白石さんの都合上、店の名前は控えます。)

まさかの現地集合である。(俺たち昔ながらの友達かよ?)

白石「行ってみたい店があるの。料理の勉強にもなるし。」

白石さん(仮)はそう言っていた。彼女は飲食業で働いているらしいのだが、料理は作らず、もっぱら配膳の仕事をしている。

(このオバハンきっとおでんが食いたいだけなんや!)

この年になると、おでんで一杯やりたい気持ちもわかる。一度のどを詰まらせて死にかけた「仙台の牛タン(利〇)」よりは、きっと胃にも優しい。

「お・・ここか。もう来てるかな?」

俺は、店の中へと入る。そして白石麻衣似の女性を探すのだった。

第2話➡本当に白石麻衣に似てんの?いよいよご対面!

次のページへ >

  • この記事を書いた人

YUTARO

ネットナンパ歴17年目の自称出会い系マスター。会った女性の数は400人を超。女子に会いに行く為に全国を巡ったりする変人。末期の男性型脱毛症である。「出会い系で結果が出ない人、わからない事は俺に相談だ!」 ▶相談する

-ハッピーメール体験談
-, , , ,

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! , 2019 All Rights Reserved.