心機一転!俺は福岡に住んで嫁探しを始める。

いらないものは捨てていく・・そして福岡で生きていく

「よしこれで荷物は大体積み込んだな・・。」

2011年5月。ゴールデンウィークも終わった頃だ。

大阪子と暮らすはずだった名古屋(天白区)の部屋にはもう何もない。

もともと大阪子がこの部屋に来てから、家具類を新しく揃えるつもりだったので荷物は最小だった。

3月・4月の引っ越しシーズンは終わったとはいえ「名古屋」⇒「福岡」という長距離の引っ越しは、引っ越し業者に頼むとやはり高額な費用がかかる。

だから、余計な家具や、いらないものは捨てていく。

ついでにこの部屋で過ごしたクソみたいな思い出も捨てていこう。断捨離バンザイってやつだ。

 

愛車(ワゴン)にできる限りの荷物を載せる。

「さて、行きますか!グッバイ地元。」

俺の新しい門出を祝うように、空は晴天だった。

名古屋から福岡までは約800キロの距離。いつもどおり下道でシコシコと向かうので、明日までにつく計算だ。

大阪や広島でアポするなんてことも考えたが、思った以上に準備に手間取ってしまい今回はスルー。

それに旅ばかりしている余裕はない。

 

新天地、福岡に到着。

翌日、ナントカカントカ福岡に到着。夜通しの運転で体は疲れ切っている。

少しだけ仮眠をとり、住吉のロイヤルホストへ向かう。

 

「あっAさんどうも!わざわざすいません。」

筑紫女が紹介してくれた、不動産屋のAさんだ。

 

A「いえいえ、こちらこそ出先ですいませんね。ウチの事務所はちょっと遠いので。それではコーヒーでも飲みながら、鍵の受け渡しと重要事項説明をさせてください。もちろんコーヒーはボクのオゴリですよ(笑)」

Aさんは気さくな人だ。

この人がいろんな部屋を紹介してくれたおかげで、福岡に住もうと思ったと言っても過言・・やっぱ過言だわ。

博多区美野島に住むことになりまして。

A「薬院の物件は残念でしたね。」

Aさんが苦笑いをしながら言う。

当初は福岡で人気のある薬院(やくいん)の物件で決めたかったのだが、あれこれ迷っているうちに一足先に契約されてしまった。

結局、俺が契約したのは美野島(みのしま)の物件だ。こっちの部屋のほうが広くて家賃も安かったので特に文句はない。

ちなみに美野島は、福岡市の中心地「天神」までチャリで15分。玄関口「博多」まで10分もかからない。

昨日まで住んでいた名古屋の天白区に比べれば、充分すぎるほど便利だ。

 

A「今日はありがとうございました。では福岡生活楽しんでくださいね。」

そう言ってAさんは車に乗って去っていった。この後も契約があるらしい。

腹は出ているが、ナイスガイである。

 

Aさんから受け取った鍵を持って、さっそく新しい「我が家」へと向かった。

マンションの駐車場に車を停め、とりあえず布団のセットを運び出す。

「んしょ!んしょ!」

なんとかオートロックの鍵を開け、エレベーターに乗り込む。腕がつりそうだ。

 

「あっどうもこんにちは~♪」

女の人「こんにちは~!」

「今のお隣さんかな・・めっちゃ美人だったな・・。」

新しい生活に胸をときめかせながら、早速持ってきた布団を敷いてゴロゴロし始める。

(・・行方不明にならない嫁ができるといいな。)

俺は博多の地でいい夢を見れるだろうか?

 

続く➡博多新生活!メールを撒いたら意外な人物の返事が・・