ワクワクメール体験談

大阪ミナミの日本橋に住む、不思議ギャルと再会。【大阪出会い編】

投稿日:2014年5月28日 更新日:

このままだと大阪アポなし?数多くのメル友に見放され、俺は孤立する。

出会い系サイトのメル友に無視されで孤立

現在地は姫路だ。目的地の大阪へは100キロ程度。1時間半もあれば、大阪市内についてしまうだろう。

(・・・寂しいもんよ。)

もっと大阪のメル友をメンテナンスしておけば、今日のアポもすんなりといったのかもしれない。。

だが後悔しても仕方ない。開き直ってこのまま東へ進もう。

 

「このまま体力が続けば、地元の名古屋まで行ってしまおうか?」

でも昨日のようにいきなりアポがあるかもしれない。

 

「一応大阪を通って帰ろう。」

俺は山陽自動車道を進んでいく。

 

あっという間に神戸に入り、山陽道から中国道へ・・。ようやく本格的に関西圏に突入した。(気持ち的に)

今日は、慣れ親しんだ関西弁と触れ合うことができるだろうか?

神は居た!堰を切ったようにメールが届く。

今日は、風が強い。背の高いワゴン車で走っているので車が左右に揺さぶられる。

 

「んん?んんん??」

ポケットの携帯も揺れている。画面を開いて見たい気持ちを必死で抑える。

 

「ブブブ!ブブブ!」何度も何度もバイブを繰り返す我がガラケー。

 

「何だ?何なんだ?故障か?」

気になって気になってハゲそうなので、西宮名塩PAに寄り道。

ここのPAは小さめだけど、味があってなんか好きです。(特に夜)

 

車を駐車場に停めると、さっそくパカッと携帯を開く。

 

「6件のメールが届いとる・・だと?」

来た、来たきたぁ!大阪のメル友の名前が受信箱にズラリ。

 

ヒーローは遅れてやってくるのだ。お前ら返事遅いよ!

よく考えたら、今日は平日なので多くのメル友が仕事だったわ。

きっと仕事が終わったので返事を送ってきてくれたのだろう。

諦めかけていたところ・・期待に胸が踊る。

これが現実!久しぶりだと返事はそっけない。

よし!メールを一つずつ開封して行こうじゃないか!

お前ら楽しみにしとけよ!

 

A子「誰ですか?」

・・・それはないでしょ!こいつはアドレスから削除!

 

B美「すいません、彼氏ができたので連絡できません。」

これは、よくある奴。出会い系にもこういうお堅い女性はいるんです。彼氏になった男は幸せもんだ。放流!

 

C男「お前まだ名古屋にいる?まだいるんだったら明日出会いパーティに行かねえ?女100人対男100人らしいよ!

名古屋の友人からだ、早くしてバツイチになった遊び人。

彼はまだまだヤンチャだが、一緒にいると楽しいし、こんなダメな僕でも誘ってくれるの。

出会いパーティに参加したいので保留。

 

D江「YUちゃん久しぶり!大阪に来てるん?一緒にご飯したいけど今日は予定あるねん。また誘って。」

一度アポしたことがある女性から。今日じゃないと無理なので、予定が合わず残念無念。

 

E乃「あの・・前にメールしてました?お名前は?」

誰ですか?メールもう1件来たか・・。だがさっきのA子よりも食いつきはいい。

もしかしたらアポに持ち込めるかもしれないが、アドレスに名前が乗っているだけで、オイラもそんなにやりとりした記憶もない。

また自己紹介から始めるのは面倒なので放流。

 

N娘「YUTAROさん、お久しぶりです。元気ですか?ご飯ですか?今日、仕事終わるの午後9時くらいなんでそれからなら・・ってお腹すいちゃいますよね?」

「きたあああああ!」

俺は車の天井にガッツポーズのコブシをぶつける。

捨てるメル友あれば、拾ってくれるメル友もあり!

本日の大阪アポを大きく前進させた前向きなメール。さっそく返事だ!鉄は熱いうちに打て!

 

「全然大丈夫だよ!今日昼ご飯食べるの遅かったし。午後9時にどこにしようか?」

返事の相手は、日本橋に住んでいるアパレル店員。かわいいけれど、ちょっと不思議ちゃんな彼女である。甲高い声は彼女の天然臭をより一層濃くしている。

彼女の名前は日本橋娘だ。

※日本橋娘とのお話⇒大阪冬の陣

教訓:メル友ある程度たくさん作っておくと、維持して続けるするのは大変だけど、今回のように、急に女の子とご飯に行きたくなったときに、来てくれる確率が高くなります

もし出会い系を始めたら、相手を選り好みはほどほどにメル友をどんどん増やしていってくださいね。ちなみにオイラはやりすぎて維持できてません。

続き⇨大阪のミナミで天然ギャルと再会。

次のページへ >

-ワクワクメール体験談
-, , , ,

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! , 2019 All Rights Reserved.