ワクワクメール体験談

歪み13 音信不通の彼女から「怪文書」が届く

投稿日:2015年7月19日 更新日:

諦めたその時、彼女からメールが届いた!

大阪子が「行方不明」になって一週間が経った。

YUTAROはもう彼女を「探す」のを諦めて、ゲームだの漫画だのDVDで、このおかしな環境から現実逃避をするのがやっとだった。

少しでも彼女のことを考えてしばえば、心臓が握り潰されるような気持ちになった。ウチの親にもなんて説明すればいいのか解らない。

急に訪れるストレスから身を守るためには、「何もしない」けど「何かしている」状況が楽だった。

季節はいつの間にか6月になっていた。

あと一週間ほどで「ワールドカップ南アフリカ大会」が始まる。

テレビではどのチームが勝つのか?日本が強豪に勝利して決勝トーナメントに進むにはどうするべきか?なんていう話題でもちきりだった。

そして俺は、今日も「朝の始まり」としてエロ動画をパソコンで拝見しようと思っていた。

「あっいけね・・もうティッシュがないや」

ティッシュ箱をクローゼットに取りにいってくると、携帯がチカチカと点滅をしていた。

「なんだよ・・」

無気力にメールボックスを開く。

・・・大阪子からメールが届いていた。

「???え?大阪子?」

一瞬何が起きたのかわからなかった。連絡が取れないまま音信不通になると思っていたからだ。

 

大「おはよう!新居はどうかな?」

 

届いたのは一行あまりの「怪文書」だった。

「当事者」意識が全く感じられない。まるで久しぶりに会った友人のような「オッス」感。

全く意味が解らなかった。・・だれかこの暗号を訳してくれ。

一気に頭に血が上っていく。・・彼女が現場にいなくてよかった。近くによく切れる刃物がなくて本当によかった。

「ふ~ふふう!ふひい!」

とにかく激してはいけない。

大阪子に攻撃をしてしまえば、再び身をくらます可能性が高いからだ。

今は「話し合いの場」を持たなければならない。

でも、なんてメールを返したらいいか解らないっす!

「おはよう!今日はいい朝だね!」

「ふざけんじゃねえ!」

「うんうん!新居はなかなか快適だよ」

・・・・却下。

 

ということで

「なんでこっちに来ないの?大阪子になんかあったと思って、心配したわ。いろいろ話したいから電話できる?」

という「大人」且つ「ベタ」なメールを返した。

 

「・・・・・」

「・・・・返事がない。なんなんや・・。」

 

これでまた音信不通か・・・?

「おはよう!新居はどう?」が彼女との最後のメールでも構わないと思ったが、最後にもう一度電話をかけてみることにした。

プルルルル・・プルルルルル。・・ちゃんとかかった!

プ・・。いつもならここで「電源が・・」のアナウンスが流れるところだ。

 

「もしもし・・YUちゃん。」

 

アナウンスの変わりに聞こえたのは久しぶりの彼女の声だった。

俺はこのまま沸騰してしまいそうだ。

続き⇨彼女があの日「逃げた理由」に仰天!

前の日記⇦⇨次の日記

-ワクワクメール体験談
-

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! , 2019 All Rights Reserved.