ワクワクメール体験談

歪み14 彼女があの日「逃げた理由」に仰天!

投稿日:2015年7月20日 更新日:

彼女の声に怒りを抑えて・・「逃げた理由」を尋問開始

大「もしもし・・YUちゃん。」

「え・・嘘?つながった。」

うっかり口に出してしまうほど、俺の中で大阪子と連絡を取るのは、かなり「難易度が高い」ことになっていた。

さて、何を話そうか?

 

大「あの・・ごめんなさい。」

先制パンチを繰り出したのは大阪子だった。

「え?な、な、何が?」

 

いきなりの謝罪に意表を疲れたが、煮えたぎった血は収まるはずがない。

 

大「その・・飛行機乗らなかったこと・・ごめんね。名古屋で待っててくれたのに。」

「ずっと待ってたんやぞ!うっ・・」

あかん・・出だしから涙でそうや・・。

今、泣いてはいけない。毅然とした態度で立ち向かわないと、大阪子に「スキ」を見せてしまう。

とりあえず、彼女がなぜこんな行動を取っているのかを知らなければならない。

 

「なんで飛行機乗らなかったの?もしかして体調悪かったとか?」

混乱していたので一つずつに絞って聞くことにした。

 

大「あの・・その・・グス・・グス・・ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!」

大阪子まさかの号泣である。泣くの?そっちが?泣きたいのはコッチでござるよ!

「あのさ・・泣いてちゃわからんじゃん。結構大事になっているんだから。飛行機乗らなかった理由はなによ?」

もはや「女の涙」ごときで動じる俺ではない。

 

大「ごめんなさーい!ウワーン!」

 

な、なんやコイツ・・。話にならんがな・・。

・・俗に言う「マタニティブルー」ってヤツか?俺は怒りながらもドン引きしていた。

しかも「俺がやりたいこと」を彼女は思いっきりしてしまっている。

 

「・・・落ち着け・・。落ち着くんだ・・・」

とりあえず大阪子が泣き止むまでの10分程度、瞑想モードに入る。

 

瞑想によって、コチラの怒りもだいぶ落ち着き、冷静な考えが戻ってきた。もしかしたらこれが「彼女の狙い」だったのかもしれない。

そして彼女からその理由が明かされるのだった。

ええ!彼女から出てくる「消えた」理由

「さて・・少しは落ち着いた?」

大「グス・・グズ・・うん。ありがとう。」

「それでなんであの日、こっちに来なかったの?」

彼女のしたその行為についてできる限りの「暴言」は思いついたが言うのはやめておいた。

大「うん・・あの日、ホテルをチェックアウトしてから、時間があったから・・」

あの日と言うと大阪子が飛行機に乗る日のことだろう。

「うんうん、それで?」

大「大通りにある占い師さんに占ってもらったんよ・・。結構当たるって有名な人。」

占いだと?あれあれ?なんか嫌な予感がしますよ?

大「急に妊娠してトントン拍子で結婚まで話が進んだやん?だから不安だったの。」

不安なのはお互い様でしたよ。

大「それでその占い師さんに占ってもらったの。いろいろ。このまま結婚して上手くいくのかとか・・」

案の定な方向へ話が進んでいく。

大「そしたら・・YUちゃんと結婚するのは・・」

「ストーップ!皆まで言うな!」

「お前は・・お前はそんなことで・・ぐぬぬ!」

「怒り」、「呆れ」・・様々な感情が体を駆け巡る。

俺は、冷蔵庫に駆け寄り、ビールを取り出した。グビグビ!

「プハー!お前!そんな大事なことを見ず知らずの『占い師』に決めてもらうんかい!」

憎い・・大通りの占い師が憎い・・。俺の頑張りは占い師の「鶴の一声」で無に帰したというのか?

占うならもっと早い段階にして欲しかった。タヌキ女と別れる前にでも・・。

大「それだけじゃない・・」

「???え?」

まだあるの?もうお腹いっぱいなんですけど?

大「本当は私・・名古屋に行きたくないんよ・・。私さ、札幌が好きだし、友達とも離れたくないし・・トータルでこの街が好きなの!(*´∀`*)」

「・・・ポカーン(コイツは何を言っているんだ。)」

好きなの!じゃねえよ!お前「友達」なんていねえじゃねえか!と脳内でツッコミながらも、熱が急激に覚めていく。

大阪子は思った以上に「馬鹿」だった。

どうやら彼女は「クズの極み」に達していたようだ。

俺に、少しは残っていた「愛情の欠片」もこの一瞬で砕け散った。

そして、この女のために怒るのもバカらしくなってきた。

「そかそか・・まあいいや・・一生札幌に住んだらいいと思うよ。はっきり言って、俺と結婚はしないってことだよね。」

大「・・・・」

「だけど子供はどうすんの?もうすぐ産まれるわけでしょ?占い師が言っただの、札幌が好きだの、友達が大事だの・・そんな自分勝手なことじゃ絶対育てられないっしょ!?」

ヤバイ・・酔っ払って書いてたら怒りが甦ってきた。

大「そうだよね・・でも・・」

俺は、こんな女に子供の「養育費」を払うのはゴメンだ。

「お前の言う友達もきっと男なんやろ?お前は女友達なんてできないタイプだし、お前は嘘つきだもんな。」

大「嘘なんてついてない!」

えええ?('ロ'('ロ'('ロ'('ロ' )!!!

「だって大阪の実家にも帰ってなかったやん。結局、全部嘘!実家に帰ってるって言ってた期間、誰となにしてたんやろね?・・人に全部任せて。」

俺、ようやく「暴走モード」に突入。口が止まらない。

大「それは・・」

「だから今、お前が俺に言った、『理由』だの『言い訳』だのも内容がアホ過ぎて信用できない。俺はお前とは縁を切る!」

 

大「キイィイ!お腹の子供はどうすんのさアア!」

 

逆ギレで応戦する大阪子。電話の向こうで耳が痛くなるほどのキーキー声が聞こえる。

「子供に関してはしっかり責任とる。産まれたら俺が育てる。お前には任せられないから。でも・・お前は信用ならないから・・」

 

産まれたらスグにDNA検査をしようと思う!」ドン!

 

大「え?D・・NA・・何それ?」

「本当に俺の子かどうか確認するための検査。これは絶対に受けてもらう。」

大「・・ふざけてん?意味がわからん!慰謝料請求すんで!」

もはや完全にキ○ガイの所業である。

だれか彼女の「取り扱い説明書」をくれ。・・なんで俺はこんな女と住んでたんだろ?時間を巻き戻せるならそうしたい。

「おうおう、そこは『結婚破棄』でお前にしっかり払ってもらうから。」

・・・それから大阪子とは電話でいろいろと揉めたが、とにかく「DNA検査」と「結婚しない」ということは確定した。

無事、俺は「独身」のままなのである。

結局、彼女は札幌にいるまま出産することになった。

そして二ヶ月が経った。

・・・いよいよ「XDAY」がやってくるのだ。

続き⇨いよいよDNA親子鑑定の時が近づいてくる。

前の日記⇦⇨次の日記

-ワクワクメール体験談
-

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! , 2019 All Rights Reserved.