歯科衛生士と薬院で会って来た!顔すら知らないけど大丈夫?|福岡出会い編

顔すら知らないけど大丈夫?写メ交換無しで会ってみる。

さて今日は週末。26歳の歯科衛生士とアポの日だ。ワクワクで知り合って、実はまだ二日しか経っていない。

今日の俺は、ちょっとやさぐれている。一人でおっぱいパブに行くのはもうやめにしないか?

昨日はそれなりに楽しかったけれど、心に毒であります。(帰ってからの後悔が酷かった。)

とはいえ、セルフケアのオ◯ニーをしたので、体調は万全。いまだに少し賢者モードであります。

とある大人気RPGゲームでは、遊び人の転職先が賢者。さすがにバブル真っ只中のゲームソフトである。

バブル崩壊後、果たして遊び人達は賢者になれたのだろうか?

俺は哲学的なことを考えながら、気がつけば午後7時前。歯科衛生士の仕事がそろそろ終わるころだ。さあ顔すら知らない相手に会いに行こう。

ワクワクメールで知り合った相手は26歳の歯科衛生士。

相手の情報を詳しく知らないままで、会うのもいいもんだ。いつも出会い旅ではそうやってやって来た。

コツコツ長い間メールを積み重ねていても、切れる時は一瞬だ。男女の仲なんてそんなもんだ。

ということで今日の相手のご紹介をば。

---衛生女---

年齢:26歳

出会ったサイト:ワクワクメール

コメント:

昨日メールで運良く知り合った女性。会話もあまりしていないので書くことがない。

職業は歯科衛生士をしている。相手の顔写メなしという冒険の旅だ。

 

さて福岡の街を歩いて思うのが、福岡って歯医者多いよね~!ってこと。

歯科医院の看板の多いこと!ちなみに柔ちゃんも歯医者勤務でした。

※調べてみると、全国で人口あたりの歯科医の割合が2番目に多いらしいよ。

 

今更遅いかもしれないが、相手は「歯のプロ」歯と歯茎をしっかり磨いておこう。

今日は、ホテルにこもっていたので、暇な時間で伸びすぎた鼻毛を抜く時間もあった。

腹毛の処理も万全。でも眉毛はほったらかし。ムダ毛のお手入れは大事だ。

体には香水をふり。くたびれてきた、ブルゾンにはリセッシュをたっぷりとかけて、ホテルを出る。

待ち合わせは薬院駅

YUTAROは再び夜の福岡に放出された。

博多の道が良くわからないので、少し迷いながら、柳橋連合市場まで出る。左にクルっと向いて、後はまっすぐ進むのみ。

ホテルから15分ほどかけて、ようやく薬院駅へと到着。

 

衛生女は別府に住んでいる。※「べっぷ」じゃないよ、福岡は「べふ」とよびます。

待ち合わせは、薬院駅だ。薬院駅には西鉄(福岡では強大な力を持っている。)と地下鉄がある。

道路をまたいだ高架駅なので、西鉄の乗り場は2階にあり、「天神大牟田線」福岡の中心地天神を起点に筑紫野や久留米など、福岡の中心地から南側への移動を担っている。

地下鉄は「七隈線」が走っている。衛生女は地下鉄別府駅の近くに住んでいるので地下鉄の七隈線だ。

 

「よし!待ち合わせの少し前だ。」

我ながら、なかなかの時間感覚。帰宅時間の薬院駅には人がたくさんいる。

面識のない女性との待ち合わせでは、人が多い場所だと、少し苦戦するので苦手だ。

 

「着きましたよ~」と衛生女にメールを送る。

写メ交換もしていないので、どの子が、衛生女かわかりませぬ。

俺は眼球だけをキョロキョロと動かしている。

3分くらいして、衛生女からメールの返信が入る。

 

 

衛「私も今着きました!」

よし!これで、すっぽかしは無さそうだ。

 

衛「今から、階段で上がっていくので、地下鉄の出入り口あたりに来てください!」

言われたとおりに移動する。さて、どんな子が上がってくるのやら。

彼女が来ない。キモいから帰るはヤメて。

(あれ?なかなか衛生女が上がって来ない。)

到着メールが来て、そろそろ5分ほどになるが・・大丈夫か?トイレかな?

衛「なにあのおっさん!キモー!キモい!ありえないからこのままスルーで!」

とか思って、帰っちゃったんじゃなかろうか?それだけは止めて傷つくから。

 

いろんな不安が錯綜するなか、目の前に一人の女性が現れた。入口付近で立ち止まって、周りをゆっくりと見渡している。

カーキのブルゾンに、タイトなジーンズ。そしてブーツ。

 

かわいいというより、綺麗かっこいい感じ。そして正面にいるYUTAROを見据えた。

(この人か?)

カーキブルゾンの女が携帯を取り出すと、すぐにYUTAROにメールが届いた。

美人だけどテンションが低い

衛生女「もしかして前にいますか?」

主語が無いぶっきらぼうなメッセージ。誰の「前」なのかわからないが、確信した。

YUTAROはメールで返さず、

 

「はいどうも!YUTAROです!」と微笑む。

衛「どうも・・あの・・衛生女・・です。」

 

ボソリとつぶやく衛生女。なんだかテンションが低い。

 

(寝起き?それともお気に召さなかったかしら?)

 

見た目は結構美人、シュッとしていて、その雰囲気は、少しキツい印象だ。

鼻が高く、少しほりが深い。そして、よく見ると、顔にホクロが多い。

髪型はミディアムボブでござんす。それが、衛生女だった。

無愛想な女。今日のデートはすぐにお開き?

「えっと・・。と、とりあえず、ご飯にいきますか?」

衛「・・はい・・。」

うーん。ちょっと無愛想ですね~。残念なことに、今日はそれほど長いアポにならなさそうだ。

さて、どこかお店に移動しようか。YUTAROと衛生女は歩き出す。

多くの人と行き交う。薬院駅前の信号が赤になった。

俺と衛生女は会話もせずに道路の向こう側を見据えていた。

福岡は狭い。知ってる女が目の前にいる恐怖。

(・・?・・ん??)

横断歩道の向こう岸に見えるは、赤いコートの女。背格好といい、顔付きといい。

どこかで見たことのある顔だ。俺は目を疑った。

 

(え?嘘・・あれ?・・筑紫女じゃねえ?)

YUTAROは冷や汗が吹き出すのを感じていた。

どうやら、YUTAROは筑紫女のテリトリーに侵入してしまったようである。こういう運のなさは昔からお墨付きだ。

 

(ヤバイ!ヤバイ!!青になるな・・・。今、青になったら死への行進だ。)

思考は一瞬停止した。おととい会ったばっかりで、もう違う女性連れてたら、そりゃ、もうアウトなわけですよ。

しかも彼女とは明日デートで会う事になっている。

見つかったら、印象最悪なわけですよ。どうしよう!福岡は街が狭い。

とにかく、このまま、まっすぐはアカン!!

 

「あっ!あっちから行ったほうが・・いいかな~。」

衛「そうなの・・?でも・・もうすぐ青になるけど・・。」

 

いやいや!既にオイラの顔色が真っ青ですわ!

衛生女のもっさりとしたご指摘をいただきながら、俺は左を向いて強引に歩き出した。

チラチラと赤いコートを横目に見ながら、・・しばらくの記憶がない。

衛生女はとても変なヤツだと思ったことだろう。

(・・なんとか危機は去った。たぶん。)

 

ホルモン煮の旨い店「煮込み」へ

結局遠回りをしながら、今日のお店に到着。

「煮込み」という、もつ煮の食べられる、味のあるお店。

オシャレなお店が好きな女の子や、初めてのデートで行くとなると、こういう「オッサン御用達」なお店は、好き嫌いが別れるかもしれない。

 

この間、もつ鍋を食べてから、ホルモン系の大ファンだ。

同じレベルのものは北海道でも食べられだろうか?

 

カウンターに座り、二人はビールを注文。店はたくさんのお客でワイワイ状態だ。

 

「はいよ!かんぱーい。」

ほっと一息。もう、さっきのことは忘れよう。

焦りは心の余裕を奪う。平常心平常心。

ビールしか飲めない珍しい女

(あれ?変だな・・。なんだかすごく喉が乾いてる。)

ビールが止まらない。ジョッキのビールをゴクゴクと半分以上、喉の奥に流し込む。

その冷たさで胃がきゅううっと締まるような感覚を覚えた。

上気した体が一気に冷える。

 

衛「フフッ!いいペースだね・・」

衛生女が小さい声でつぶやいた。相変わらず、見た目にあわず声が小さい。そして独特の笑い方だ。

「僕、ビールが好きなんすよ♪」

衛「わたしもビール好き・・てかほとんどビールしか飲まない。」

「え?女の子なのに珍しいね。ワインは飲めないの?」

衛「だめ、悪酔いするし、ワインはすぐに二日酔いになる・・。」

「じゃ日本酒は?」

衛「・・同じくダメ。」

「え?マジで?じゃあ焼酎は?」

衛「・・問題外・・あれ臭いし。」

「カクテルとかは?」

衛「シャンディーガフならOK・・。」

「え?それってビールとジンジャーエールやん。結局ビールやん。」

衛「っふっ(笑)」

ボソリと衛生女。てか、今のは笑いなのか?

「結構飲んだりするの?」

衛「うん・・ビールなら結構飲めるよ・・。週末は友達と飲むことが多いかな・・。」

アルコールは結構いける口だが、「ビール系しかいけない」という一途な女だ。やっとまともな会話をした気がする。

 

旨い牛ホルモンの煮込みをつまみに、美味い酒。くうう!たまらねえ。

 

「黒霧、島美人・・・ロックでおねがいしまーっす!」

俺は既に焼酎に移行している。以前やいいちこや鍛高譚(たんたかたん)くらいしか飲むことのなかった焼酎も、慣れれば、迷わず芋焼酎だ。

この独特のクセのある風味が溜まらない。

 

九州に来てから本当によく飲んでいる。

福岡は外食&酒文化が強い。平日でも多くの人が居酒屋やバーに集い。

いつも人で賑わっている。・・こちらの人の肝臓が心配です。

 

YUTAROはというと、福岡に来てから、酒の飲み過ぎで記憶力、判断能力ともに弱り気味。

それでも、アポはなんとか盛り上がるのだから、酒の力も侮れない。

 

衛生女も既に3杯目のビールで、ご満悦だ。

さっきよりも、会話も増え、彼女も蚊の泣くような声も次第に大きくなってきている。

 

「よっしゃ、そろそろ二次会いきますか?」

衛生女「え?二次会?」

「予定あった?」

衛生女「いや・・大丈夫だけど・・。」

「それじゃあ行けるね!・・カラオケはどう?」

衛生女「いいね!フフッ! 」

相変わらず、衛生女との会話の内容は単発気味だが、とりあえず、二次会は無事に開催される模様です。

二人は、一件目の居酒屋を後にする。無愛想な女も酒が入れば楽しい。

今回のデートで行ったお店

煮こみ 白金店 

食べログ:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40005685/

デートオススメ度:★★★☆☆

博多で美味しいホルモンを食べられる居酒屋さん。ホルモン日本一を自負している。

ホルモンは「煮込み」、「刺し身」、「焼き」といろんな種類をいろんな調理法で食べられる。

「お洒落なお店でワイン」というような意識高い系の女の子と行くとなると少し厳しいかも。

店内は、オッサンが好きそうな雰囲気で、デートで行くというよりも、ちょっと一杯って感じで通いたい店だ。

二次会はカラオケ。無愛想でもお酒が入れば盛り上がる。

駐車場

「ねえねえ。ここら辺にカラオケ屋さんある?」

衛「薬院駅の橋渡ったところのすぐ近くにあるよ~」ということで二人で薬院駅に向かって歩くことになった。

挙動不審者。駅周辺は危険区域。

(そういえば、筑紫女は大丈夫だろうか?もう帰ってるよね?)

外に出たとたん、さっきのニアミスを思い出す。

筑紫女との行動パターンが同じなら、駅でばったりとか・・あったりして。

想像して、恐怖におののきながら、忍び足。

 

衛「あのさ・・YUくんって、ちょっと挙動不審だよね?」

「え?マジで?それ昔、オカンにも言われたわ。」

衛「ホントに?笑」

「なんか、首を動かす速度が早いらしい。特に緊張してると。」

衛「(爆笑)」

「これから意識してゆっくり動かすように練習しとくわ。」

筑紫女を発見せずに、なんとか薬院駅に到着。ため息が出る。

空いてないので、薬院のコロッケ倶楽部へ。

城東橋を渡ると、ガソリンスタンドの横にキラキラとカラオケの看板が見える。

カラオケサウンドパーク薬院へ入店。

店の受付前にはたくさんの人が待っている。

(やべえ混んでるな。週末だしな・・。)

 

店員さんに空いているか聞いてみたところ、満室とのコト。

こりゃあ・・今日はカラオケだけじゃなく、ラブホも混んでそうですな~。

「ほかにカラオケ屋ある?」

衛「えっと・・もう一件なら知ってる。」

ということで再び移動。

「てかさ・・衛生女って何歌うの?」

衛「何にしよかな~倖田來未とか?YU君は?」

この頃はまだ倖田來未が元気でしたわ。

 

「俺はザイルとかいっちゃう感じ?」

衛「ザイルってEXILEの事?・・なにその言い方キモイw」

 

新川に沿って、再び5分ほど歩き、「コロッケ倶楽部 ハッピーバード薬院店」というカラオケ屋さんを発見。

てか、コロッケ倶楽部って聞いたことないカラオケ屋だが、福岡だけ?

さっきのカラオケ屋に比べると、少しチープな印象を受ける。

ちなみにこのコロッケ倶楽部では、この後とある事件が。・・詳しく言うのはやめておこう。

個室はエロいことに気付く。

運良く、部屋が空いていた。駅からちょっと歩くし穴場かも。

カゴに入ったデンモクを持って個室へと移動。

 

・・個室?カラオケって個室だったわ。

あちゃー!カラオケって個室だったわ!(エロ発想)

 

衛生女は上着をハンガーにかけている。俺はタイトなジーンズにねじ込まれた衛生女のケツを、横目でじっとりと見つめた。

 

(ぐへへ・・いいケツしてやがるぜ。野獣の檻へようこそおお!)

さてさて僕のエロスイッチ入りますよ。お部屋を少し暗くして・・っと。

 

ノリノリな彼女に手が出せない。(小心者)

ズンズンチャッチャ♪

「よし!次はなに歌う?」衛「ヘヘッ!もう入れちゃったよーん♪」

枝豆を食いながら、歌は止むことがない。二人ともノリノリ。やっぱりカラオケって楽しいね。目の前で衛生女のタイトなケツが、俺の横でプリプリと舞う。

(この美味しそうなお尻にタッチしたい!)

そんな希望と野望を抱きながらも、触れずにいる。彼女の見た目は少し気難しそうな女に見える。さっきまであまり喋らなかったのに、今は踊り狂っている。

もしかすると感情の起伏が激しいのかもしれない。怒らせたら怖そうだ。

 

(せっかく仲良くやれているのに、ここでご機嫌を損ねたら台無しだ。)

俺は、必死にエロ心を抑えながら、衛生女の歌声を聞き、タンバリンをシャンシャンと叩く。今は太鼓持ちだ。

延長戦を繰り返し朝が来る。

プルルルルル、プルルルルル。

店「そろそろ、お時間ですが・・・」

「え、延長で・・。」もう何度目の延長だろうか?気がつけば、もう午前の四時前。

つまり丑三つ時を乗り越えて、5時間以上、二人で歌い続けている。よく、歌うレパートリーがあったなと・・。

喉はタバコと歌でガラガラ。踊りまくった足はガクガクで、腰は痛い。我ながらハードだ。カラオケはスポーツだ。

衛生女「YU君の番だよ」

「お、・・おう(;´д`)」「今以上、それ以上、愛されるまで~♪」ワインレッドの心が身にしみる。

酔っ払って駐車場でエッチな事の一部始終。

カラオケは午前5時前で終了。外はまだうす暗い。

これでは狙っていたのとは違う種類の朝帰りだ。

 

「そこでコーヒー買って、一服してもいい?」

俺はしゃがれ声で言った。とある駐車場のわきにある自販機だ。

衛生女はあったかいレモン味のドリンクを買った。二人はそこで腰を下ろした。

 

「ふうう・・歌ったね。」

衛「久しぶりに朝まで歌ったよ。」

「俺も。いやあ盛り上がったね~。お前なかなかやるな!」

衛「お前って言うなwお前もな!」

 

衛生女は化粧がボロボロになった顔でクスリと笑った。

このまま二人で寝転んで、青空を見ながら熱い友情が芽生える。・・・なんて80年代の少年ジャンプのような展開が待っているわけもなく。

(ん?キスできるんじゃね?)

俺の中のライオンが突如目を覚ます。行ってみようやってみよう。

 

俺は衛生女の口元に吸い込まれていく。唇を交わすと、人工的なレモン味がした。

(あれ?キスが止まらない。)

俺からではなく、衛生女からの攻撃的な接吻。彼女の舌が俺の中で大暴れしている。

彼女のフーフーという吐息は荒くなり、それに応じて、YUTAROの鼻息も荒くなる。

 

(なにこのワイルドなスピード感!)

強烈なキスの攻防を繰り返して、気づけば、YUTAROは、衛生女のニットの中に手を潜りこませていた。

背中からブラを外し、彼女のニットの隙間から乳を揉む。お!意外にも巨乳だ。

 

・・絶対貧乳だと思ってたのに・・チクショウめ!・・好き。

「俺の手・・冷たくない?」

衛「・・ちょっと冷たいかも。」

それでも、彼女の敏感な乳首は反応している。

衛生女「ハアハア・・やばい・・やばい・・。」

衛生女は淫乱モードに突入しかけております。

駐車場でまさかのエッチな展開?

「ちょっと・・移動しようか?」

自販機の横では危うい。少し一目のつかない場所へと移動する。

そこへ腰掛け、まさぐるようなキスと抱擁を繰り返す。

俺は衛生女のタイトなジーンズのホックを外し、ファスナーを下げる。

開いたファスナーの隙間から、彼女の下着が覗いている。

 

衛「だめ!!」

「・・ダメなん?」

指をジーンズのファスナーの隙間へと滑り込ませていく。YKKなギザギザが、手の甲に擦れてちょっと痛い。

 

(えっと・・。これがクリちゃんかな?)

パンツの上から彼女の陰部を刺激する。

 

衛「・・もうダメ!汗かいて汚いし、止まらなくなっちゃう!あはァ♡」

それ以前に公然わいせつ罪でアウトだ。

「でも、ここまで来たら収まりがつきませぬ。」

さっきまでカラオケでマイクを握っていたその白い手に、今度はオイラのマイクを握らせてやりたい。

マイクと言ってもマイクロのほうですが・・。衛生女がクイクイと腰をグラインドさせている。まるで発情期のメス犬だ。

(こりゃあ完全にスイッチが入ってもうたの・・。)

そう思ったその時だった・・。

ガーーー!チャリリン。一台のチャリが近くを通過した。

公然わいせつ罪で捕まるから野外はダメよ。

彼女はふと我にかえったのか、立ち上がり、光速で乱れたセーターを元に戻した。

衛「やっぱりここじゃあ無理・・。」

「ぐぬぬ。・・じゃあホテルに行く?」

衛「でも・・もうすぐ仕事だから。今日は無理。」

「(゚д゚)」

「そっか。わかった・・駅まで送っていくよ。」

衛「ううん。今日はタクシーで帰る。」

俺は唇を噛み締め、言いようのない口惜しさに唇を噛み締める。

それでも、タクシーが来るまでの間、できるだけ彼女とチュッチュを繰り返した。

 

衛「今日はありがとうね、また連絡するね。」

「うん(泣)帰ったらメールちょうだいな。」

衛「わかった。メールするね。ばいばい。」

衛生女は軽く手を振り、タクシーが目の前から走り去っていった。

 

(これは・・リベンジ・・可能なのだろうか?)

一度上がったテンションが急激に下がり。脱力する。

俺の心臓は大きな負担を感じていた。その場でヘタリこみ、右手にもったコーヒーを口に運ぶ。

さっきまで、この震えるひざの上に衛生女がいた。ありゃあ幻だったのか?

すっかり冷たくなったコーヒーが苦い。

ーーー終わりーーー

衛生女と会ったサイトを見る

3 Comments

アナルマン

特定のお酒(ビール)しか飲まない珍しい女
ビールが好きと言いつつドイツのがとか言わないので察し
ワインが二日酔いとか全然理論的じゃないけどそんな風になるんだろか?謎
ビール系しかダメなら12度以上とかのをのんでもらって潰れて欲しい(笑)」

返信する
YUTARO

アルコール度数や臭い、味の好き嫌いの問題でしょうね~。特定のお酒に弱いってのはあると思いますよ。全ての種類のお酒が水とアルコールのみなら、わかりやすいですけどねw

返信する
YUTARO

1. Posted by 続き 2013年11月28日 15:06
楽しみにしてます^^
2. Posted by この瞬間が・・・ 2013年11月28日 23:19
一番のドキドキですね!
更新楽しみです(^^)
3. Posted by 近見の七 2013年11月29日 08:42
今回はどんな子がくるのやら(^-^)
4. Posted by 001 2013年11月29日 09:36
どきどき!わくわjく!たのしみ!
5. Posted by 大東ライオン 2013年11月29日 09:40
歯科だけに敗者とならんことを…
6. Posted by Mari 2013年11月29日 10:59
わくわく♡
2. Posted by レオン 2013年11月29日 17:41
出来た女の筑紫女は華麗にスルーすると予想
3. Posted by チャン 2013年11月29日 18:57
なんて日だwwwドラマ化決定!!
4. Posted by 近見の七 2013年11月29日 18:59
うそやんΣ( ̄□ ̄)!
5. Posted by やばっ・・・(><;) 2013年11月29日 23:55
さすがにそれは・・・(^^;;;)
どんなに出来た女でも面と向かえば
嫉妬の嵐。。。
YUさん・・・かわしてくださいよ~
6. Posted by チート 2013年11月30日 04:45
駐車場でかくれんぼ?
7. Posted by todo 2013年11月30日 15:01
恐ろしい事態になりましたね。
8. Posted by 近見の七 2013年12月01日 00:09
なんとかかわせたのかな(???)
9. Posted by チャン 2013年12月01日 00:49
筑紫女は意外と気付いていたりして…
10. Posted by この後・・・ 2013年12月01日 02:52
どんな形で駐車場騒動に発展するのか?
筑紫女が絡んでいるのか・・・
乞うご期待ってことですか(笑)
11. Posted by todo 2013年12月01日 18:31
お疲れ様です。相手も気づいていないし、気づいてても確信はないはずだから大丈夫ですよ。
12. Posted by 大東ライオン 2013年12月02日 23:49
歯医者プレイはよ
ゆうたろう「大きく口あけて~ はいあーんして~」

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。