熊本下通商店街

美人が多い熊本でアポをする。会った女は期待を裏切らない?【熊子①】

熊本下通商店街

俺はいま、熊本市へ向かっている。

交通費を節約するために高速道路は使わない。下道だけを延々と走ってる。

鹿児島市街から328号線をすすんで山を越え、出水(いずみ)市まで出ると、そこからは国道3号線を北上。ひたすら北上。

(や、やっと八代まで来た…熊本まであと少し。)

美人の多い熊本で期待のアポ

熊本城

さて、今回の熊本遠征では、二人の女性と会う予定になっている。

YUTARO的には「熊本県は九州で一番美人が多い」と思ってる。

熊本には何度か遠征で来たけど、街を歩けばとにかく美人とすれ違う。きっと美女製造工場でもあるのだろう。

 

(ワクワクしすぎて…肛門がざわつくぜ。)

 

5時間弱のドライブを経て、ようやく熊本市内へ入る。

熊本城を観光したあと、昼食にいきなり団子を食って、下通にあるコンフォートホテルにチェックインする。

遠征時はできるだけ「繁華街に近いホテル」を取るようにしている。

なぜなら「食う、呑む、遊ぶ」に困らないから。なにより女性をホテルに連れ込みやすい。

 

・・・・2時間後。

 

ホテルで仮眠をすれば、あっという間にアポの時間がやってきた。

(お待ちどおさま!熊本の美女よ!)

俺は清潔なパンツに履き替え、軽い足取りでホテルを飛び出した。

ワクワクメールで出会った「気の合う熊本女子」

ということで今日の相手の紹介しよう。

名前熊子
年齢20代半ば
職業販売員
メール期間約一カ月
出会ったサイトワクワクメール
ワクワクメールの評価はコチラ

運営株式会社ワクワクコミュニケーションズ料金ポイント制対応Web・IOSアプリ総合評価点[star-list number=4.5]4.4出会いやすさ・[…]

ワクワクメールアイコン

熊子はとても明るい女性で、冗談をバンバン言えるタイプ。

メール期間も1ヵ月と長いので、下ネタを話せるほど打ち解けている。

既に電話での会話も済ませており、日頃のメンテナンスもバッチリだ。

ワクワクのプロフィールには、「一応」写メが添付されていたけれど、不鮮明で良くわからなかった。

むやみやたらに「写メください」と言うのも嫌われそうなので、容姿については会ってみてからのお楽しみである。

待ち合わせ場所は下通のドンキ

熊本下通商店街

※この当時は写真を撮る発想がなかったので、2020年遠征時の写真を使っています。

 

待ち合わせ場所は下通のドンキホーテ。新市街から栄通りを真っすぐ進んでいく。

 

(期待しすぎて予定よりも早く着いちゃった…。)

せっかくなので、ドンキのアダルトコーナーで大人のおもちゃを眺めながら、スケベな妄想を膨らませる。

 

(あった…俺が探してたのはコレコレよ。)

大好きなメイドのコスプレを手に取り、変質者を演じていると、ポケットの中で携帯電話が鳴った。

 

「お電話ありがとうございます。お客様サービスセンターでございます。」

熊子「そういうのいいから。ドンキの入り口にいるんだけど…YUちゃんどこ?」

「いまメイドのコス…寒いから店の中におる。」

熊子「じゃあ、降りてきて。」

 

俺はメイドのコスプレを丁寧に棚に戻すと、迷路のような通路をかいくぐって入口へと向かった。

(焼き芋の匂いがする。もうすぐご対面だ。)

細くて色白でひょうきんな女

赤い帽子の女

ドンキの入口には背の低い女の子が立っていた。モコモコの赤い帽子をかぶっている。

 

「…熊子?」

ドンキの歌にかき消されそうな小さな声で俺はつぶやいた。

すると背の低い女はこちらを向いて、

「あ~!ホントに来たばい!ウケる~!」と笑った。

いきなりウケやがって。失礼なヤツだ。

 

(顔はどうだ?…ブスではない…でも、かわいくもない。)

 

熊子はやや地味な顔つきで、小〇純がナチュラルメイクに目覚めたような顔をしていた。

身長は低いが、ほっそりと華奢な体型をしている。

とても色白で、その肌の白さが顔の地味さを帳消しにしてくれる。

(肌の白さは七難隠す…とはこのことか。)

 

熊子「ごめんね遅れちゃって。デパートで帽子選びに迷ってて。」

彼女はフワフワの赤い帽子を指さしておどける。

 

「ファンシーな帽子だね。えっと…可愛いよ?」

熊子「ファンシーって言葉使う人初めて見た。」

 

「今日さ、いきなり団子しか食ってないから腹ペコなんだ。」

熊子「マジで?変わった食生活してんね。」

「とりあえず、どっか入ろうぜ。いい店知ってる?」

熊子「まかせて!何系がいい?」

「美味しいお酒が飲めるとこ。あと馬刺しとか熊本名物が食えるとこ。」

 

熊子「ポクポクパク…チーン!」

「おい、急にどうした?」

熊子「一休さんのマネ。」

「…朴さんもおったぞ?」

熊子「つべこべ言わずについといで。」

 

熊子は思ってたとおり、とても明るくひょうきんな子だ。今日は楽しい会になりそうだ。

初対面でも楽しめる。熊本酔いどれデートコース

【一次会】下通の「おるげんと」へ

馬刺し

熊本の繁華街は「銀座通り」「クラブ通り」「シャワー通り」など、いかにもな通り名がついている。

熊子に案内されて、たどり着いたのは「おるげんと」というお店。店内は古民家のようだ。

ロフト席に案内され、階段を上るとゴチンと頭をぶつけた。

 

「いてて…ねぇ、頭から血出てない?てか、落ち着く良いお店だね。」

熊子「言ってることが支離滅裂すぎ(笑)」

さて、とりあえずのビールで乾杯。

しばらくすると注文した馬刺が運ばれてくる。

 

「ウマい!赤身もたてがみもうまっ!この馬レバーコリコリしててう~ま~!」

熊子「…リアクションがいちいちうるさい。馬なのか、旨いのかハッキリしなよ」

 

「このからし蓮根…揚げたてのアチアチでヤバい!これは焼酎ですかな?」

熊子「さっきから独り言がすごいよね。」

「熊本って何焼酎が有名?」

熊子「う~ん熊本は米焼酎かな。わたしはあんまり飲まないけど。」

ということで、熊本名物の球磨(くま)焼酎をロックで頂く。

 

「たはー!ち・あ・わ・せ♡」

高血圧、肝機能障害、痛風の明るい未来に向けてまっしぐら。

 

「そういえば、今日は仕事休みなんだっけ?」

熊子「休みって言ったやろ~。でも午前4時まで働いてたから、さっきまで寝てたけど…。」

 

ちなみに熊子はショップ店員である。

とはいってもアパレル系ではなく、深夜まで営業している特殊なお店で働いている。

お水とか風俗ではないが、書いてしまうと特定されそうなのでごめんなさい。

【ニ次会】ソープ街にある治安の悪そうなカラオケBOXへ

熊本飲み屋街

「ふぅ…美味かった。二次会はどこ行く?」

熊子「そうだなぁ~。あ、YU君ってカラオケ好き?」

「めっちゃ好き♡」

 

熊子行きつけのカラオケBOXがあるらしく、俺たちはそこに向かうことにした。

下通のアーケード街を横断すると、ネオン煌めく看板が見えてくる。

 

(ここは…俺の大好きな…あの街だ。)

どうやら、このあたりは風俗街のようだ。

そんな怪しい場所に、そのカラオケBOXはあった。

 

熊「到着!ここだよ!」

「…え?いつもここで歌ってんの?」

 

カラオケBOXの内装はかなり古びていて、治安も悪そうだ。

(トイレに行くの怖いお…。)

個室に入ると座敷スタイルで部屋も広い。ゴロゴロできるし快適だ。

(ここならエッチもできるお…。)

カラオケ

熊「よ~し歌うよ~!」

彼女はマイクを手にとり、爆音で曲がスタートする。

真っ先にカラオケに誘うだけあって、その歌声は鐘が鳴るほど上手い。

 

「それでは聞いていただきましょう。中〇保志で最後の雨~♪」

負けじと俺も歌う。

熊「いきなりバラードはねえわ。」

 

熱唱は順番に繰り返され、次第にヒートアップしていく。

これでは熊子を口説く暇も、おっぱいを触る暇もない。

あっという間に3時間が過ぎていった。

 

(…そろそろお開きか。めっちゃ楽しかった。)

心地よい疲労感。今日はたっぷり眠れそうだ。

恋愛だけが出会いじゃない。セックスだけが出会いじゃないのだ。

 

熊「よっしゃ!盛り上がってきたぁ!次どこいく?」

「…じょ、上等じゃねえか。」

すでに午前0時を過ぎていたが、まだまだ俺たちの夜は終わらない。

【三次会】レコードを流してくれるレトロなBAR

ターンテーブル

カラオケのあとは、彼女が通っているバーで飲むことになった。

 

熊子「今から行くバーだけどね。レコードがたくさん置いてあって、選曲もセンスが良いんだ。」

「へぇ~楽しみやな。」

熊「しかも、あたしが好きな人が働いてんの。」

「…へ?好きな人?あなた好きな人いたの?」

熊「年頃の女やもん。好きな人の一人や二人いないとおかしかろ。」

 

俺たちは銀座通りに出て、駕町通りへ曲がる。

そこから小道に入り、雑居ビルを3Fまで上ると、そのBARはあった。

熊子の行きつけのBARなので店名は出せないが、

駕町通りファミマの近くにあるので、この辺りに詳しい人はピンとくると思う。

 

熊子はBARの扉を勢いよく開ける。

 

熊「マスターくん。来ちゃった♪」

マスター「お、いらっしゃい。」

マスターは少し寡黙そうな人だ。他の客はおらず、YUTAROと熊子とマスターの3人だけだった。

レトロなランプが店内を優しく照らしていて、カウンターの上にはターンテーブルが置かれている。

 

くまモンは柑橘系のカクテル、俺は男らしくラフロイグの10年をロックで注文する。

 

熊子「ねえ…マスターくん、〇〇の曲かけて。」

マスター「お、いいよ。」

マスターは棚の中からレコードを取り出すと、プレイヤーの上に乗せた。

しっとりとしたソウルミュージックが流れる。

 

熊子「ね、雰囲気いいでしょ?ここ、すっごく居心地いいの。」

「うん、カッコいいお店だわね。」

 

熊子は女の顔をしながら、お気に入りのマスターにあれこれ話かけている。

 

(…もしやオレって蚊帳の外?)

寂しくなって、ラフロイグを多めに口に含む。

口の中に強いピートの香りが広がった。まるで正露丸だ。

 

暗い店内と心地良い音楽。…そして蚊帳の外男。

(…カラオケまでで帰れば良かった。)

その口づけは罪悪感の味がする

キス

マスターが店の奥へと消えていった。トイレだろうか?

 

熊子「YUちゃん?眠い?つまんない?」

「…そんなことないよ…。(あるよ)」

 

熊子の顔がゆっくりと近づいてくる。

そして、彼女の唇は俺の唇に重なった。

 

(え?…コレってキスじゃない?しかもキモチイイじゃない。)

唾液が粘り強く絡まり合う、正露丸の香りは、彼女の口にも広がった。

 

熊子「ふふ。チューしちゃったね。」

彼女は俺の目の前で小さくつぶやく。

 

「あなた…マスターのことが好きなんじゃ…?」

熊子「…いいの。い~の!」

そう言うと、熊子が再びキスをしてくる。

 

(やっぱり、なんか事情があんのか?)

マスターに対する小さな罪悪感。このキスにはそんな味がする。

 

(み、耳がぬるいんですけど?)

さっきから耳の中にちゅぱちゅぱと、いやらしい音が響いている。

彼女の手は俺の内太ももをさすっている。ゆっくりと。

 

熊子「YUちゃんの耳垢…柔らかいし苦いね。」

(こんなとこに耳垢のソムリエおった!)

 

熊子が俺の耳垢を食べ始めて、いったい何分経っただろう。マスターはまだ帰ってこない。

人の気配は感じるので、俺たちに気を使ってくれているのかもしれない。

 

「あと、一杯飲んだら出よっか?」

熊子「うん…この後さ…ウチ来る?」

 

その言葉を聞いて、俺はウイスキーを一気に流しこんだ。

甘いキスの味は、再び正露丸の味へと変わった。

続き➡使用済みのコンドームを発見!彼女はビッチで俺たち穴兄弟?