セックスできると思ったらおあずけ!我慢する男の気持ち。

男という生き物は一度でもセックスできると、次も簡単にエッチできると思ってしまう。

そして、女性からおあずけを食らって、セックスできなかった時はものすごく残念な気持ちになる。

 

俺は何度もこの感情を味わってきた。しゃぶり尽くされたスルメのように。

「犬の気持ち、猫の気持ち、アホの気持ち」である。

 

けれど、エッチができなかったからと言って無理をしていけない。

「なんでセックスさせてくれないの!」とワガママを言ってもいけない。

 

「キミとはセックスだけじゃないんだよ。」

「キミといる時間のほうが大事なんだ。」

 

その態度を全面に出し、性欲を抑え、次を信じるしかないのだ。

これは、そんな悲しいサガに支配された男の話である。

 

筑紫女の写真

筑紫女出会い系の旅の途中の福岡でハッピーメールを通して出会った、本仮屋ユイカ似のOLさん。福岡県の筑紫野市に住んでいる。

福岡人ながら標準語をたくみに操る。前回のアポで糸島へデートへ行き、勢いでエッチをした。

 

エッチした後に本命女に会いに行くクズ男。

午後7時。俺はガールズバーの女とラブホテルの入り口で解散する。

 

(・・はたから見れば、援交終わりのオッサンみたいに見えるかも。)

 

これから、もう一人の女と会うことになっている。その女こそが今日の本命。一番会いたかった女だ。

 

俺はラブホテル前のコンビニでタバコを一本くわえた。冬の風が火照った体を冷やしていく。んあぁ心地がいい。

運よく、今日の待ち合わせは天神駅だ。ここからなら、歩いて5分とかからない。

昼間に飲んだ酒もずいぶん醒めた。

 

(・・まだ呑める。)

 

それより心配なのが、筑紫女とエッチな状況になったときに、もう一回戦できるかどうかだ。

我ながら思う。俺の思考は腐っていると。

あざとさにヤレられる男。

西鉄天神駅

俺は天神駅の改札前で筑紫女を待っていた。多くの人が改札に吸い込まれ、吐き出されていく。

 

筑「YUさーん!お待たせしました~♪」

 

筑紫女が元気ハツラツで、ファイト一発な声を出しながら駆けてくる。

彼女はタイトスカートに、シンプルな黒のパンプス。清潔そうな白いシャツの上に、ひざ上丈のベージュのコートを着ている。

シンプルだけど清潔感も色気もバッチリ。まさに俺好みのかっこうだ。

 

(・・今日はどんなパンティはいてるんだろう?)

筑紫女は清楚な雰囲気とは裏腹に、ベッドの上ではスケベだった。

 

筑「ねぇ、YUさん何食べますぅ~?」

彼女は猫なで声で腕を絡めてくる。そのあざとさがとても良い。

 

筑「あれ~なんかお酒臭い。」

彼女が俺の首元をくんくん・・と嗅いでいる。

くすぐったい気持ちになって、ほくほくと顔がほころぶ。

 

「あはは・・昼間にビール飲んだからね。」

筑「こらー!いけない大人だ。」

筑紫女に会って1分も経たないうちに、俺は確信した。

(もう一回戦どころか、これは朝まで頑張れちゃうぞ♡)

大名のスペイン料理屋「SANCHO PANZA」へ

サングリア

「俺、福岡の店とかあんまり知らないからさ、筑紫女のオススメのお店連れてってよ。」

筑「そうですねえ・・スペイン料理とかどうです?大名にね素敵なお店があるの!」

「おっ!シャレオツですな!(おいおい、スペイン料理とか食ったことねえぞ。)」

筑紫女に手を引かれ、お店まで案内してもらう。

入ったのは大名一丁目にある「SANCHO PANZA(サンチョ・パンサ)」というスペイン&中南米料理の店。

広いテラス席もあり洒落た雰囲気だ。

 

筑「このお店、料理もお酒も美味しくて、最近ハマってるんですよぉ~。」

「へぇ、よく来るの?」

筑「実は、まだ二回目なんです~。」

 

たった二回でハマっていると言えるのか?

いや、俺は筑紫女に会って二回目だ。だけどハマってしまっている。

スキになるのは会った回数だけではない。それは複雑で、時に単純な理由だったりする。

 

「筑紫女はオシャレなお店たくさん知ってそうだね。」

筑「ミーハーですから♪」

「ドリンクは何飲む?」

筑紫女がサングリアという謎の飲み物を注文した。

 

筑「私、サングリア大好きなんです~♡ 今度イビザに行くからお土産に買ってきますね~♪」

(サングリア?イビザ?・・パチンコ屋の話かな?)

 

ちなみにサングリアはワインにフルーツを漬け込んだカクテルらしい。きっと芋焼酎みたいなものだろう。

俺は安定のビールでスタートを切った。最近、痛風が心配だ。

 

「へぇ~筑紫女はよく海外に行くんだ。俺、まだ外国に行ったことない・・。」

筑「えー!若いうちに絶対行ったほうが良いですよ。」

「英語が全くダメでして・・。大学で英語の単位貰うのに、先生に土下座したもん。」

筑「わたし、留学してたから日常の英語くらいなら喋れますよ♪いつか二人で行きましょ。」

(海外旅行とか、留学とか・・。この子ホントはお嬢様?エロいのに?)

 

「一緒なら心強いわ。海外バージン捨てる手伝いしてちょ。」

筑「なんか言い方がやらしい~!」

女の子が下ネタにノってきたらヤレる予感。

彼女とワインで乾杯

ワインのボトルがもうすぐ空になる。楽しすぎる時間は普段の二倍速で過ぎていく。

 

筑「私ね。留学してる時アメリカ人と付き合ってたの。」

「マジで?・・やっぱりチ〇コ大きかった?」

カリフォルニア人のカリは仮なのか?真正なのか?

 

筑「うーん。・・YUさんのほうが大きいかな?あはは。」

「嘘付け!そういう配慮は逆に傷つくぞ!」

俺は知っている。30年近く生きていれば気が付く。自分が粗チンであることに。

アクロバティックSEXをするお嬢

ジェットスキー

「じゃあさ、今までどんな場所でエッチした?変わった場所でとかある?」

筑「そうですねぇ・・海の上とか?」

「う、海の上?わかった!船の上ってこと?」

筑「ブッブー!惜しいけど違います。ジェットスキーで疾走しながら、エッチしました。」

「ちょ・・どんだけアクロバティックなセックスしとんねん。命がけじゃねーか。」

 

筑「えへへ・・だってアメリカですもん。」

おいおい、アメリカ治安悪すぎだろ・・。

「いや・・さすがに話盛ってる?」

筑「あはは!本当ですって!運転はするのはわたしで、カリフォルニアは後ろで頑張ってました。」

筑紫女はとつぜん席を立ち上がり、腰を突き出して、その時の状況を詳しく説明し始めた。

 

(この子・・酔うと下ネタの切れ味がスゴイな。)

 

とにかく俺達はいろいろな話で盛り上がった。てか後半はほとんど下ネタだった。

こんな話ができるのもアルコール様のおかげである。

そして、下ネタが盛り上げる時は、「お持ち帰り」も期待できる。

お互いが脳内でセックスを連想しているからだ。しかし自然な会話を心がけつつ、この状況を作り出すのは案外難しい。

終電タイム。ホテルに誘って食い下がれ。

終電

「いやぁ!飲みすぎた~。」

筑「楽しかったですぅ~♪」

気がつけば、もう午後11時をまわっている。

 

(もっと一緒にいたい。・・ホテル誘っちゃう?)

このまま筑紫女と一緒にいられたら・・考えるだけで、心の我慢汁が止まらない。

 

「ねぇ、このあとどうする?」

筑「このあとですか?うーん・・今日はもう帰ります。」

「え?帰っちゃうの?こんなに楽しいのに?」

筑「でも終電の時間近いし。」

 

終電・・。男を絶望のふちへと叩き落とす、悪魔のフレーズだ。

 

(何か対抗する方法はないか?)

俺は必死で考えた。

 

「た、タクシー代出すから。」

筑「そんなの悪いですょ~。しかも筑紫野までタクシーだと、めっちゃ高いんです。」

「ま、まじか・・なんならホテルで一緒に泊まってく?」

俺は食い下がる。彼女とヤリたい。この機会を逃したくない。

 

筑「もっと一緒にいたかったけど・・明日、出張があるの。だから朝早いんです。」

これ以上しつこく誘えば、嫌われてしまうかもしれない。

むしろ、終電ギリギリまで一緒にいてくれたことに感謝しよう。

明日があるさ。ありがとう。

おあずけされても、希望は次回に繋ぐべし。

「じゃあ・・また会える?」

筑「土曜日はどうですか?今週か、来週。」

「来週なら大丈夫だよ♪」

本当は全然大丈夫じゃない。だけど、好きな女と会えるなら我慢我慢。希望は次回に繋ぐのだ。

 

筑「じゃあ、ドライブしましょ♪ 私、お弁当作ってきますから!」

「ま、マジで?弁当まで作ってくれるの?」

ああ・・女の子の手料理なんて、どれくらい食べてないだろう。

食べる前からハートがほっかほっか亭だ。いっそ・・このまま福岡に住んだろか?

 

筑「土曜日だったら次の日休みだし、YUさんとゆっくりできますよ♪」

「ゆ、ゆっくり?」

筑「そう、ゆっくり♡」

また、楽しみがひとつ増えた。あんなこと、こんなこと出来たらいいな。

キスぐらいはさせてください。

俺と筑紫女は警固公園(けごこうえん。福岡の天神のある公園)を横切っている。天神駅まで見送るためだ。

 

筑「警固公園って、福岡でも有名なナンパスポットなんですよ♪」

「へぇ・・確かに若い男女が座って話しこんでるね。」

筑「えへへ、実はわたしもこの前ナンパされたの。だけどYUさんはナンパしちゃダメだからね!」

「は、はひ。(キュピーン♡)」

 

警固神社(警固公園の横にある小さな神社。)の中に入ると、人の気配が少なくなる。

ボクちんは筑紫女のかわいさに我慢の限界だった。

俺は急に立ち止まると、筑紫女にキスをしてみた。唇と熱い吐息がぶつかる。

 

筑「こんなところで・・恥ずかしいよ。あとお口臭い。」

「(ガーン!)ご、ごめん。いこっか。」

まさかの口臭NG。・・フリスクプリーズ。

 

筑「じゃあ、来週の土曜日で♪」

「うん、気をつけて帰ってね。」

 

彼女は駅の中へと消えて行く。

(一人で帰るのは寂しいでやんすなあ・・。)

今日もまた車中泊だ。筑紫女とは違って、ボクには帰る家が無い。

 

続き➡出会い系で知り合った福岡の巨乳美女とデートしたら胸と下心が揺れちゃった。