バレンタインデー嫌い!チョコの数で男の価値を決めるな!

チョコレートの数で男の価値が決まるという風潮

バレンタインデー。「親愛の情を伝える日」というクソみたいな日。その象徴として、「チョコレート」がある。

俺自身チョコレートは好きだ。だが「バレンタインデー+チョコレート」となると話しが違う。

これをいくつ貰えるかどうかで、「男の価値」の大小がはかられるような・・そんな世の中はアカンと思うの。

バレンタインは平和の日であるはずが、女どもは鼻息を荒くし、男どもは疑心暗鬼に満ちている。

「義理チョコ」なんていう、フェイントを織り交ぜた理解不能なものもある。さらに「友チョコ」「逆チョコ」なんて「???」ものである。もうこれ「バレンタインデー道」から外れすぎやろ。

明日は「バレンタインデー」だ。

「明日はバレンタインデーですね~♪あなたはチョコレートをいくつ送りますか~」

「今年のバレンタインはチョコレート以外に、こんな贈り物を送る人も増えているようで~。」

 

ニュースではレポーターが街中に繰り出して聞いている。

ねえ、このデータいる?誰得?・・知らんがな。

 

不自然に流行りを作りだそうというマスコミの。電◯、博◯堂の。そして資本主義の陰謀臭がぷんぷんしやがる。

 

(つまらねえ!つまらねえよ!)

リモコンを手に取り、電源のボタンを押して、テレビを黙らせてやった。お前はいつも忠実だ。

さっきオカンから電話で「YU君、チョコレート送ったで。」と連絡が来た。・・泣いたわ。

俺は、「冬型うつ」気味だった。

チョコを忘れられてケンカした過去

俺は、人生で最初にお付き合いした女性が、バレンタインデーにチョコを忘れたという理由でケンカした事がある。

あの頃の俺は、喉から手が出るほど、チョコが欲しかったのだろう。・・若かった。うん。

そして恋人からのわかりやすい「愛の証」に飢えていたのだと思う。

 

もう大人なんだから忘れられていたとしても、チョコレートには期待しない事にしよう。

一見平和に見える、バレンタインデーには、争いごとの火種がくすぶっている。

こんな日は、忘れてしまったほうが、精神に優しいのだ。

貰えるチョコは少ないほうが良い理由

ク◯が!ば、バレンタインデーに貰うチョコは少ないほうが良いんだもん!

だって、

  • チョコ貰ったら、ホワイトデーにお返しをしなければならない。
  • お返しは理不尽な「倍返し」が基本。
  • お返しをしないと「人間的に問題ある人」というレッテルを貼られる。
  • モテ男ほど、貰えば貰うほどお返しが大変。
  • 本命チョコだった場合、お返しをするとカップル成立的な感じになる。
  • チョコを貰っただけで、恋人や奥さんに浮気を疑われることも。

とまあ・・「貰えないメリット」あげれば一日じゃ足りない。

バレンタインデーチョコは少ないほうがいい。貰わないほうがいいのだ。・・・貰えないほうが(泣)

そして彼女がやって来た

ピーンポーン!

(およ!?)

インターホンが鳴った。画面には、彼女が映っていた。

 

(あっ・・そうか今日は苺女が来る日だった。)

「おつかれー!あがって。」

そう言ってエントランスのドアを開ける。

 

そのまま玄関の鍵を開けると、俺は再びホットカーペットの上に寝転がった。

(あー。ホットカーペットあったけえ。)

 

「なんでチョコ用意して無いんだよ!」

自分の声が脳にこだまする。

風の音に続いて、強烈にドアが閉まる音がする。

 

苺「わー!風強かった!!ただいまー。」

オッサン臭い、部屋の匂いが変わる。苺女の匂いだ。

 

苺「ねえねえ!YUちゃん!これ見て!!」

苺女の弾む声が聞こえる。

 

「え~?なんだよ~?(チョコかな・・。)」

 

俺は、その言葉を聞いて、口角が強烈に上がって行くのを感じた。俺ってば、めんどくさい。

手渡されたものがチョコじゃない。

苺「ねえねえ!YUちゃん!これ見て!!」

彼女の明るい声に顔がほころんで行く。顔を上げてみると、苺女がバッグをガサゴソやっているのが見えた。

 

(チョコ?バレンタインチョコなのか?・・もう少し勿体ぶってからでも良かったのに~若いのう♪しかも今日はまだ13日だぜ?)

 

苺「これこれ!見てみて!」

あれ?なにこれ?彼女からクリアーファイルに入った、書類のようなものを渡される。

もしかして民事裁判の訴状か?

 

「なに・・これ?」

苺「もう!ちゃんと見てみて!」

「??・・合格・・通知?」

苺「受かったの!専門学校!」

フェイントにもほどがある。お前ファンタジスタかよ。

 

急激に上がったテンションは、一気に谷底へと叩きつけられた。

 

「ほ・・よ、良かったやん。へえ~受かったんだ・・。おめでとう。」

 

喜ぶべきかも知れないが、「合格通知=遠距離恋愛確定通知」なのだ。

別れの次に辛い!遠距離恋愛通知

これで、彼女は東京へと行ってしまうことになる。

喜ぶべきなんだろうが、ちょっと複雑な気分だ。

 

苺「バリ嬉しい~!LINEで知らせようと思ったけど、真っ先に見せたくて。」

「いやあ~めでたいね。真っ先に知らせてくれてありがとよ。・・えっと何月から東京に行くんだっけ?」

できるだけ明るい声を絞り出す。少し声が震えた。

 

苺「たぶん3月の終わり頃かなあ・・部屋も決めなきゃだし。それまでに何度か東京に行くことになると思う。」

「・・今の仕事は、いつまでするの?」

苺「専門学校受かったら、辞めるってことは伝えてあるし、今日上の人に話したから、今週中に退職届を出すと思う。」

「そっか。じゃあこれから準備に忙しくなるね。」

苺「うん。東京に行くまでにたくさん会おうね。」

「・・・お、おう。」

 

カラ元気を出しながら、彼女の作った野菜炒めを食べた。

(・・なんか味がしねえ。)

テレビの音も、あまり耳に入って来なかった。

 

苺「あっ!そうだ!ちょっと早いけどコレ。」

苺女から少し派手なピンク色の袋を渡される。これは・・間違いなくアレだ。チョコだ。

 

苺「バレンタインのチョコ。手作りも考えたんだけど、やっぱり美味しいところのがいいと思って。」

「ありがとう。」

期待したバレンタインチョコを貰っても、テンションは上がらない。

 

苺「あとハンカチ。YUちゃんいっつも私のハンカチ使うでしょ?」

トイレに行くと、彼女は俺にハンカチを貸してくれる。ママか!

 

「ありがとう。苺女を思いながら、大事に使うよ。」

苺「へへっw寂しいでしょw」

・・冗談が痛い。

 

今は彼女の未来を喜ぼう。今は美味しいチョコを食べよう。

俺は、チョコレートをかじりながら、ビールの缶を傾ける。

なんだか甘くてほろ苦い。

バレンタインを忘れたもう一人の彼女。強引に「サプライズ」にする

バレンタインデーから10日がすぎた。

苺女(もう一人の彼女)は東京へ行くことが、ほぼ100%確定してしまうという、ちょっと複雑な日でもあった。

結局、この年に貰ったバレンタインチョコの数は2個。(苺女とオカンからのみ)

 

(あれ?あれれ?でもおかしいよね・・?)

 

そう。俺は絶賛二股中。もう一人の彼女がいる(はず)なのである。もう一人とは、衛生女のことだ。

 

考えてみれば、彼女からは、チョコレートを貰っていない。

少し自分の記憶を探ってみることにした。

 

「2月14日は空けといてね♡」だとか、

「YU君に渡したいものがあるの♡」

なんてメッセージを頂いた記憶もない。(そもそも♡の絵文字を頂いたことも、ほとんどない。)

無論、ケンカをした記憶もない。

「うん、これ絶対忘れてるね!もしくは自然消滅してる?」

 

悲しいので連絡してみる。

俺はモヤモヤとした気持ちになった。

 

「彼女としてチョコレートは渡すべきじゃないかな~。」小さく独り言を呟いた。

バレンタインデーは嫌いだが、そこは彼氏と彼女という関係。やっぱりこだわってしまう。

 

少し不安になりながら、LINEでメッセージを送ることにした。

 

「おつかれー風邪でもひいた?」

しばらくして返信が来る。

衛「いやひいてないけど。」

相変わらずのそっけないLINEである。業務連絡に近いものを感じる。

 

「いや最近連絡少ないと思って。」

衛「最近忙しいんだよね~。Aさん(もう一人の歯科衛生士)はインフルエンザにかかって休むし、シフトはぐちゃぐちゃだし。先生は決算が近いとかでピリピリしてるし・・。」

「それは大変だ。大丈夫?」

衛「休日出勤もさせられてストレスMAXだよ。個人の歯科だと融通効かないから、こういう時がキツイよね。」

 

さっそく仕事の愚痴のオンパレードだ。

衛生女とはセックスも会うし、容姿もそこそこ美人だけど、仕事でのストレスが溜まってくると、愚痴が会話の半分を占めるのが、たまに傷である。

 

彼女も忙しくて参っているのだ。ここは下手に刺激しないほうがいいだろう。

 

「無理しないようにね。衛生女も風邪ひいちゃったらいかんし。」

衛「うん。ありがと。連絡できなくてごめんね。来週には落ち着くと思うから会お。」

「おう、今日はゆっくり休んで。」

 

ば、バレンタインのチョコが少ないことは喜ぶべき事なのである。たとえ彼女がそれを忘れていたとしても。(泣)

突然の「会いたい」に違和感。バレンタイン忘れてたやろ!?

その日の深夜。

 

衛「明日なんだけど、時間できたから会いたいな。会える?」

突然、衛生女からLINEが届いた。

 

「え?会えるけど。」

衛「じゃあ仕事終わったら、YU君のウチに行くね。」

「おう。わかった。」(どしたんや急に。)

違和感を感じながら、俺は眠りについた。

彼女は「サプライズ下手系」女子

次の日の夜がやって来た。

仕事が忙しそうな彼女のストレスを和らげるため、居酒屋でも連れてってやろうかと思っている。

 

ポーンピーン!

午後9時頃に、インターホンがなり、衛生女が現れた。

 

「お疲れさん。今日寒かったやろ~。」

衛「外バリさむ!おじゃましまーす。」

 

冷たい空気をまといながら、衛生女が部屋に上がる。

そして慣れた様子で、ファー付きのコートをハンガーにかけた。

 

「飯は?食べた?」

衛「まだ、さっき博多駅でお惣菜いろいろ買ってきたから、一緒に食べようよ。」

 

彼女は袋から惣菜を取り出し、テーブルに広げる。わざわざ皿に移さないあたり、見栄えよりも、効率性を重んじているのがわかる。

しかも惣菜の多くは30%オフとかになっている見切り品だった。

一人暮らしの長さが生み出したエコ術だ。

 

衛「ビールも買ってきたよ。唐揚げ温める?お刺身もあるよ。」

「おお。サンキュ。」

 

(???・・今日は、下手に気が利くじゃないの。どうしたんや?)

 

ビールで乾杯し、唐揚げを頬張る。久しぶりのアルコールだ。旨い。

今日の彼女は妙に機嫌が良い。

 

衛「へっへっへっ!」

衛生女が不敵な笑い声をあげる。

「ど、どうした?なにがおかしい?」

衛「まあまあ。へっへっへっ!」

 

この謎の笑い方さえなければ、彼女はもう少し美人(に見えるはず)だ。

 

「なになに?怖いんだが。」

衛「これ・・なーにかな♪」

 

彼女が手に持っている何かを左右に振っている。

それは、赤い包装紙と金色のリボンでキレイに包装された「箱」らしきものだった。

 

衛「はい。あげる。サプライズばい!」

そう言って彼女は、その箱を俺の前へ差し出した。

 

「・・・ありがと。」

その急な流れに付いていけない。

 

衛「バレンタインおめでとう!」

俺はようやく、どういうことか理解した。

それよりも彼女のサプライズ下手っぷりに吹き出してしまった。バレンタインデーは10日前に終わってるし。

 

そもそもバレンタインって「おめでと」なのか?こいつ誕生日と勘違いしてないか?

 

衛「ふっふっふっ。チョコ貰えないと思ってたでしょ?実はそれ、計算されたサプライズだから!」

そう言って得意気にほくそ笑む衛生女。

 

(妙に「サプライズ」と全力で強調してくるあたり、絶対こいつ忘れてたわ。)

 

でも、ここは素直に喜んでおこう。彼女のド下手なサプライズが、可愛くで愛おしい。

部屋の中には、温かい笑い声が響く。

 

その後、いろいろ盛り上がっちゃったのは言うまでもない。

 

もうすぐ2月が終わる。平和な雰囲気で。そして激震の3月が始まるのだった。

 

続く➡セフレ「生理が来ないの」妊娠検査の結果は?結婚?