Womanizer対ハゲ

ウーマナイザーってマジで気持ちいい?最新アダルトグッズの効果を体験!

Womanizer対ハゲ

ウーマナイザーの感想を言わせて

「ほら一緒にお風呂入ろ!あたしが体洗ってあげる♡」

彼女は真っ赤になった顔でそう言った。

 

(ウーマナイザーを使う前に身を清めよ・・という事か。)

間違いではない。アダルトグッズを使う時は清潔にするのが大事だからだ。

だけど、いまいち腑に落ちない。

 

さっきまで、彼女はウーマナイザーの素晴らしさを小一時間も語っていた。それは熱心に。しかも居酒屋で。

「ウーマ教」の信者かと思うほど、その眼差しからは狂った光を感じた。

その感覚は、某マルチの女に謎フライパンを勧められた時に似ていた。

もしかすると俺は、ウーマ教にささげるための生贄なのでは?

 

(ウーマナイザーなんて使う必要なんてないもん!オイラにもプライドがあるんだもん!)

 

いま俺は悶々しながら、そう思っている。

しょせんは大人のオモチャ。金で買える快感などたかが知れてている。

 

(だから、オイラのテクニックで目を覚ましてあげよう。)

 

この時、俺はまだウーマナイザーの存在を侮っていた。あんな目にあうとは知らずに・・。

 

追記:彼女から「新しいの買ったから、古いのあげる。」とウーマナイザーをもらえました。せっかくなので、ウーマナイザーの解説と写真と細かいレビューを記事に追加しています。おかげで途中まで日記っぽくないです。
鹿児島市に住むYUTAROのセフレ。セックスの好奇心が非常に強い女性で、ウーマナイザーをこよなく愛している。
ウーマナイザーの画像①ウーマナイザー
ドイツ最先端技術によって産まれたアダルトグッズ。谷山子がデートに持ってきた。
電マ電マ(友情出演)
大人のおもちゃ界の神的存在。いつもは縦横無尽の働きを見せるが、今回はモブキャラ。

≫ 谷山子のお話一覧を見る ≪

前回から読む

「変態女がやってくるぞ!戦闘態勢を整えよ!」今回はどんな方法で、どんな角度から、どんな変態っぷりを見せつけてくれるのだ?俺は期待と恐怖を胸に抱き、震える夜を過ごす。そして『XDAY』はやってきた。変態なセフレとの再会。[…]

ウーマナイザーとは?

ウーマナイザーとは?

ところで「ウーマナイザーってなに?」ってことだ。

ここを知らないと今回の話が全くわからないので、まずは簡単に説明しておこう。

ウーマナイザーとは、ドイツ生まれの「女性向けアダルトグッズ」の事。

ウーマナイザーの箱写真

名称Womanizer(ウーマナイザー)
ジャンルアダルトグッズ(大人のおもちゃ)
生まれドイツ
主な価格帯1万5千円~2万円前後
特徴吸盤でクリトリスを包み込み、吸いながら振動する。

ウーマナイザーは「クリトリスに大きな快感を与える」というコンセプトで作られている。その意外性から「アダルトグッズ愛用者」の間で大きな話題になった。

今やアダルトグッズ業界において、確固たる地位とブランドを築いており、世界中の女性たちを虜にしている。

Womanizer(ウーマナイザー)の意味は「女たらし」

ちなみにWomanizer(ウーマナイザー)を日本訳にすると「女道楽をする男」、つまり「女たらし」。

ブリトニースピアーズ曲にも「Womanizer」ってのがある。

この動画を見れば、「女たらし」とはどういうものかがよく表現されていると思う。(てかブリちゃん若い!)

ウーマナイザーの特徴を徹底解剖!

クリトリスに快感を与えることを重視

ウーマナイザーの最大の特徴は、「クリトリスへの快感」に重点を置いていること。

つまり、「あたいは中よりもクリ派よ!」という女性をターゲットにしたアダルトグッズと言える。

さすが、モノつくりの国ドイツ。目の付け所がひとあじ違う。

 

「電マもローターも、クリ攻めで使うオモチャじゃね?」

そう思う人もいるだろう。だけどウーマナイザーは仕組みから全く違うのだ。

 

言葉ではいまいち伝えきれないので、下記の写真を参考にして欲しい。

ウーマナイザーの特徴①吸盤がクリトリスを吸う

ウーマナイザーの特徴はなんといっても吸盤の存在。

この吸盤(トリートメントヘッド)でクリトリスを吸引しながら振動させるという仕組み。

ウーマナイザーの特徴②クリトリスを包みこんで振動させる。

この吸盤による「吸引と振動」がクリトリスに強力な快感を与えてくれるのだ

※クリを載せるわけにはいかないので、グミをクリに見立ててみました。使った時の感想は後のほうで書いております。

デザインがめちゃくちゃオシャレ!

ウーマナイザー本体の写真とデザイン

今回登場するのはウーマナイザー2PRO「W500」というモデル。(調べてみたら25,000円以上するぶっとび価格)

写真で見るとわかるとおり、ウーマナイザーはデザインがとにかくオシャレでカワイイ。正直、アダルトグッズには見えませんわ。

バスルームに置いてあったら「美顔器かしら?」と思うほど。だから、部屋に置いておいても、アダルトグッズとバレにくい。

ウーマナイザーと美顔器比較画像

※なぜか家にあった美顔器とウーマナイザーを並べてみた。どちらが美顔器かあなたにわかるだろうか?

もし、ウーマナイザーの存在が彼氏や旦那にバレても、全くいやらしさが無いので「てへぺろ(・ω<)」で済むはず。

ウーマナイザーはスイッチを入れると光る

※スイッチを入れると光る、暗い部屋でも使いやすい。

デザイン性の高さは、ウーマナイザーが女性に人気である理由の一つと言える

「優しさも、力強さも」パワー調節は11段階。

ウーマナイザーの画像②

吸盤に指をあててみたが、吸い付きや振動は思ったよりもマイルド。敏感な部分に当てるので、メーカーが配慮しているのかもしれない。

・・と思ったらパワー調節が11段階もあるではないか!(ウーマナイザー2の場合)

パワーが上げていくにつれ、吸盤内が強烈に振動していくのがわかる。最大パワーはマジでヤバいぞ!

もちろんワイヤレス。フル充電で長時間使える。

ウーマナイザーはもちろんワイヤレス。ス〇イブ製の電マのように、電気コードはついていない。

ウーマナイザーはUSB充電。最大240分使える。

ウーマナイザーはフル充電で最大240分も利用可能。そんなに長時間使ったらクリがぶっ壊れんぞ?

充電はUSB形式。充電器と本体の接続部分が変わった形をしているので、無くさないように注意しよう。

価格がめっちゃ高い。

ウーマナイザーの価格はかなり高い。どのくらいで売られているのか調べてみた。

  • ウーマナイザーリバティ:1万円~1万5千円前後
  • ウーマナイザープレミアム:2万円前後
  • ウーマナイザーDUO(中に入れられる):2万5千円前後
  • ウーマナイザー2PRO:2万5千円~3万円前後(生産終了)

(楽天・Amazon調べ)

ご覧の通り、ウーマナイザーはクッソ高い。しかも、人気があるため、なかなか価格が下がらない。

アダルトグッズの多くが5,000円以下で買えるため、チョット手を出しづらい価格帯といえる。

コスパ面で比較すると、2千円前後で買える「電マ」や「バイブ」に軍配があがる。

谷山子先輩の口コミによると、1万円程度の廉価版ウーマナイザーより、やはりフラッグシップモデルのほうが、細かい設定もできるため自分にマッチしやすいようだ。

 

体験日記なのに・・YUTAROのレビュー熱に火がついてしまった。

せっかく高いアダルトグッズを貰ったので、徹底的に詳しく書いていきやす。

ウーマナイザーの使い方を詳しく解説

ウーマナイザーはどのように使うのか?持っていない人にもイメージできるように詳しく解説していこう。

ウーマナイザーの使い方は非常に簡単。電源を入れてクリトリスに吸盤を押し当てるだけ

使い方の手順は以下の通り、

ウーマナイザー電源入れ方(二秒間長押しでオン)

①電源ボタンを2秒間長押しすると、振動と吸引を開始する。

ウーマナイザー使い方「吸盤を優しくクリに押し当てる」

②クリトリスに吸盤部分をあてる。

ウーマナイザーのパワ調節「+-ボタンで調整(11段階)」

③パワー調整は11段階。お好みの強さに合わせよう。

④2秒間長押しで電源オフ。

念のため、説明書に書いてある使用方法も抜粋しておこう。

・小陰唇をゆっくりと広げクリトリスを見せるようにしてください。

・トリートメントヘッド(吸盤)をクリトリスに優しく押しあてるようにし、簡単に抜けないようにトリートメントヘッド内に入れてください。

・今までにないレベルのオーガズムを発見してください。

ウーマナイザー説明書

説明書の日本語版の小さな箇所に「今までにないレベルのオーガズム」というパワーワード。きっと糸〇重里並みの凄腕コピーライターが付いているに違いない。

メンテナンスしやすい。丸洗いや煮沸消毒もできる。

アダルトグッズはデリケートな部分に使うため、衛生面やメンテナンス性はとっても重要な要素。

ウーマナイザーは防水なので丸洗いできる。

ウーマナイザーは防水。汚れたら丸洗い可能。

ウーマナイザーのメンテナンス「吸盤を煮沸消毒できる」

トリートメントヘッド(吸盤)部分だけを取り外して、洗浄や煮沸消毒もできる

ウーマナイザーは比較的メンテナンスも簡単なので、清潔に保つのに手間はかからないだろう。

アソコに入れる事はできない。

ちなみに、ウーマナイザーはクリ専門。アソコの中に出し入れすることはできない。(ウーマナイザーDUOはバイブが付いている)

頑張れば入るかもしれないが、思ったよりも大きいし、用途が違うので危ないぞ!

男性は使えない。

ウーマナイザー女性専用のアダルトグッズ。男性が使っても乳首に当てるくらいしかできない。(まあまあ気持ち良いけど)

あくまで男性陣は、彼女が感じる姿を見て楽しもう。

 

とまあ、ウーマナイザーに関する使い方の解説は以上でございます。

それでは、僕と彼女とウーマナイザーの物語に戻ります。

気持ちいい?彼女にウーマナイザー使ってみた。

Womanizer対ハゲ

さて、さっそくウーマナイザーを使ってみよう。

最新気鋭のアダルトグッズは、性の世界を変えることができるだろうか?

 

「人間のテクニックこそが至高!機械なんぞに負けるか!」

 

まだ、俺はそう信じていた。ウーマナイザーの実力を知るまでは・・。

まずはお風呂でコミュニケーションを取ろう♪

ohuroshudou

大人のおもちゃを使うには、お互いのコミュニケーションが重要だ

なぜなら、男がいきなり大人のおもちゃを使うと、単純に「気持ち悪い」から

まずは、しっかりとコミュニケーションを取りながらイチャイチャしよう。

 

特にオススメなのが一緒にお風呂に入ることだ。その理由は、

  • お互い清潔になる。(アダルトグッズ使用時は清潔が大事)
  • 血行が促進され、感度も良くなる。
  • イチャイチャせざるを得ない。

から。

 

谷「体洗ってあげるから、そこに立ってて。」

司令塔から指示が飛ぶ。えへへ。もう勃ってますけどね・・。

 

谷「シャワーちょうだい。ボディソープも取って。」

彼女から続々と指示が飛んでくる。

 

(・・もしかして自分で洗ったほうが早くない?)

出番だぞウーマナイザー!

清めの儀式を終え、俺たちは風呂場からベッドルームに戻る。

恋人同士であれば、ここからイチャコラタイムが始まるはずだ。

だけど、俺たちは純粋で混じりっ気のないセックスフレンドだ。余計なものは必要ない。

 

彼女はいきなり、カバンからウーマナイザーを取り出すと、

谷「うん!充電もバッチリ♡」と言った。

そして、うっとりとした表情でウーマナイザーを眺めながら、得意気にほほ笑んでいた。これはもう職人の顔だ。

 

(この子、お嫁さんに行けるのかな・・。)

 

俺は心配になりながら、彼女をお姫様の要領で抱えると、ベッドの上にブン投げた。

 

谷「はでぶ!」

 

谷山子とウーマナイザーはベッドの上でボインと弾む。

 

「フハハ!こっから主導権は俺だぜぇ!」

 

この世に生を受けて35年。童貞を卒業して13年。

たしかに、オイラの卒業式は同級生たちより遅かった。

だからこそ、ガムシャラになって経験を積んできたのだ。

 

俺は彼女におおいかぶさると、首筋を舐め上げ、お乳首様をベロ先で転がした。

舌がしびれ、アゴが外れそうになっても、全力を振り絞って懸命に働いた。

俺は現場の人間だ。こういう地味なペッティング作業こそが、「完成度の高い仕事」へと結びつくと知っている。

(ようやくだ。・・ようやくアソコへたどり着いた・・。)

 

谷「んじゃ、そろそろウーマナイザー使っちゃおっか♪」

「そ、そりゃないですよぉ・・社長。」

ペッティング業務から、突然のリストラ。

一生懸命尽くしてきたのに・・これまでの努力はなんだったのか。

最終兵器は起動する。

ウーマナイザーは起動

最終兵器ウーマナイザーはついに悪魔の手に渡ってしまった。

 

ヴィーーン・・。

 

ウーマナイザーは控え目な機械音を響かせ、怪しい光を放ちながら、クリに向けて進撃を開始した。

あぁ・・終末はもうすぐだ。日曜日は何をしよう。

 

谷「クリはあたしが面倒みるから、アソコの中とかよろしくね♡」

「へ、へい・・親方。」

 

セックスだけの付き合いに、恥じらいもクソも無い。

ウーマナイザーは、エステで処理されたハゲ山をなんなく通過していく。

そして、ムキ出しになったクリトリを吸盤が静かに包み込んでいった・・。

 

(・・これじゃ、ろろっぷ舐めれへん。)

 

ドロップのクリトリス味を、舌先で転がすという大好きな行為。

それが、ウーマナイザーによって封じられる。

俺はこの憎らしい機械に嫉妬した。せつこもビックリだ。

 

(オイラにだって気持ち良くできらあ!)

 

負けじと、俺は中指と人差し指を、自分の口に含んだ。

その唾液を絡ませた指で、彼女のマーンを懸命にほじくった。

 

(ウーマナイザーよりも、俺を選んでくれるさ。・・きっと。)

 

ペッティング業務からリストラされ、大好きなクリ責めをウーマナイザーに奪われ・・。

それでもまだ、このお人好しは信じていたのだ。

そんなかすかな希望も、粉々に打ち砕かれるとは知らずに・・。

その快感、電マを超える。

電マ

彼女は手慣れた様子で、入念に動作の強弱を確かめている。

おそらく、自分なりの「イキ設定」があるのだろう。

 

電マ「こんな小物が、アダルトグッズ界で世界的なシェアを誇るだと?フンッ!笑わせるわ!」

俺は電マの気持ちになって、心の中でつぶやいた。

 

谷「あぁ・・あっふーん♡」

彼女は静かな吐息を漏らしている。

 

(音もしないし、派手な動きもない。・・コイツたいしたことないんじゃない?)

それでも、彼女はウーマナイザーに夢中で、俺の事など透明人間のような扱いだ。

俺は指マンも、電マのふりをするのも面倒になり、一人カラオケを始めようとしていた。

 

だがその刹那・・二人をとりまく環境はガラリと一変する!

 

谷「んが・・があぁ・・ばぁぴぃ。」

 

突然、彼女は奇声をあげると、ガクガクとその腰を大きく震わせはじめた!

 

(おいおい、何が起こってる?こ、こりゃあ震度7だぞ!)

 

退屈だった時間に、突然おとずれる「映えシーン」。俺はその奇妙な光景に目をそらすことができない。

「すぐにイク!」ウーマナイザーの恐るべき性能。

ウーマナイザーの性能

谷「ヤバ!いっちゃ・・イク!イクぅ!!」

谷「・・ビクンビクン!(死んだ魚の目)」

「なっにぃいい!?」

 

まさか・・まさか今、彼女は昇天したのか?

わずか5分で?こうもアッサリと?

 

加藤鷹の本を読み漁り、AV男優の動きをコピーし、指を鍛えるため火中のクリを拾う。

俺がこれまでしてきた、血のにじむような努力は何だったのか?

 

新型アダルトグッズの恐ろしい性能に、俺はなすすべもなく勃ち尽くしていた。

 

彼女の手から放れたウーマナイザーが、静かに俺を見つめている。

いや・・「見下されている」と言ったほうが正確かもしれない。

 

人間が・・機械に敗北した瞬間である。

同盟!併用してエッチする

ウーマナイザーには敵わねえ!コイツは後のターミネーターだ!

 

「よろしい!ならば同盟だ!」

 

強い相手にはとことん媚びる。虎の威を借りる狐。毛のないスネ夫。それが俺だ。

ウーマナイザー先輩!ここは共同戦線といきましょうぜ!へっへっへっ。

 

なんせ相手は「底なしの性欲」の異名を取る女。谷山子である。

イッテもすぐに復活を遂げるに違いない。

 

(今のうちにHPをゴッソリ削っちゃお♪)

 

ずっと傍観していたボクの息子ちゃん。そろそろ出番ですよぉ。

俺は枕元からゴムを取り出すと、手際よく息子に装着した。そして彼女の花ビラへ押し当てる。

 

谷「ちょ待って!まだイったばかり・・んゴぁ♡」

 

彼女の「待った」も無視して、ボクのアレは蜜壺の中へと突き進んでいく・・。

中はとろけるように温かく、ぬるりと気持ちいい。

その快感をじっくりと味わいながら、俺はゆっくりと腰を動かした。

ウーマナイザー先輩が先にイカせていなければ、俺は1分で昇天していたかもしれない。

 

谷「あっ!あっ!はあぁ・・♡」

 

ピンク色のあえぎ声が、ラブホの一室に響き渡る。

彼女はいつもより感じているようだった。しかし、イかせるには今一つ決め手に欠けている。

 

(ウーマ先輩!オラに力を分けてくれ!)

 

俺はすぐそばで横たわっているウーマナイザーを拾い上げた。電源は2秒長押しだ。

静かな機械音。しかし、ウーマ先輩の実力を目の当たりにした俺には、そのかすかな声すらも、龍の咆哮(ほうこう)に聞こえた。

 

(えっと・・吸盤をクリちゃんにくっつけるのね・・ピタッ!)

俺は見よう見まねで、吸盤部分をクリトリスに押し当ててみる。

 

谷「エンダアァ~イヤァアア!!」

 

彼女はホイットニーなあえぎ声をあげながら、ものすごい勢いで腰を上下させはじめた。

ウーマナイザー!オマエなんなんだ!すっげえな!

挿入中はめっちゃ使いづらい!

だがしかし、ウーマナイザーにも弱点はある。

本体が大きいので「挿入中はとことん邪魔」で使いづらいのだ。しかも、激しい動きをすると、吸盤部分がクリちゃんからズレやすい

少しでも吸盤がクリからズレると、吸引と振動が伝わらなくなり、肝心の性能を全く発揮できなくなってしまう。

 

(おいお~いウーマ先輩よぉ・・あんたゴミかよ。)

 

挿入時の扱いやすさは「点」で攻めるウーマナイザーよりも、「面」で攻める電マやローターのほうが上だ。

それでも試行錯誤を重ねた結果、俺はついに挿入中にウーマナイザーを使うコツをつかんだ。

バックの体位なら、入れながらでも攻めることができる。(やっぱり使いづらいけど)

 

谷「だめだめぇ♡」

谷「イックイクイクぅ♡」

 

ウーマナイザーと俺のチームワークが成立してからは、一方的な試合展開だった。

ラブホという広大なフィールド。ベッドという俺たちのピッチ。1919コールはどんどん量産されていく。

彼女だけが大きな声でのたうち回るようにイキ狂っていた。

 

電マ「ゆるさん!ゆるさんぞおぉ!」

 

枕元では、ホテル備え付けの「電マ」が嫉妬の表情を浮かべている。もはや彼は過去の英雄。明日から補欠だ。

 

「ボクもそろそろ・・イってよかですか?」

彼女から返事はない。イキ過ぎて、ただのしかばねのようだ。

 

(あぁ・・もう限界で早漏。)

・・・・・ぴゅ。

ボクは誰にも悟られないようにこっそりと逝った。だって、あの子はすでに物言わぬ姿になっていたから。

全てが終わってからも、彼女のアソコは縁日ですくった金魚のように、パクパクといそがしく呼吸をしていた。

 

ウーマナイザーの登場からたった20分しか経っていない。

そのわずかな時間、彼女はこの新アダルトグッズによって、何度もイってしまった。まだその事実が受け入れられない。

俺だったら、一回でもイかせることができれば、万歳三唱お赤飯炊こうかしら・・というのに。

 

虚しくはない。ただ少しだけ悔しかった。

「たかがアダルトグッズ」そう呼んでいた相手に圧倒的な大差で負けたことが・・。

この記事を書いてて、途中から収集付かなくなっちゃったことが・・。

 

でも、ありがとう英雄ウーマナイザーよ。

彼女の性欲が俺の手に余った時は、またその力を貸してください。

≫ 谷山子と出会ったサイトを見る ≪

続く➡彼女が泊まりに来る・・でも来たのは・・。

 ↓ 関連記事 ↓

関連記事

俺は通販でコスプレを仕入れた。ピザを出前し、彼女の機嫌をとって、ようやくメイドのコスプレを着せることに成功する。盛り上がる彼女とのコスプレセックス。満を持して取り出したるは「エクスカリバー(電マ)」だった。しかし、エ[…]

電マでおもらし
関連記事

彼女と来たススキノのラブホテル。電マの素晴らしさ語らせて!「ねえねえ・・電マって使ったことある?」初「え?なに?電マ?知らない・・。」俺は何を言っているのだろうか?初「え?」「電気マッサージ器のことだ[…]

電マ
関連記事

あなたにはセフレがいますか?もし、いるのなら、ちゃんとセフレを大事にしていますか?ラブホでエッチして、すぐ解散しちゃうような関係になっていませんか?・・ええ、わかりますとも。それがセフレと言うものですもんね。[…]

関連記事

出会い系の旅は鹿児島へ続く。まぶたが開く。俺はそのまま動かずに、しばらく天井を見つめていた。あれほどだるかった体も、嘘のように軽くなっている。 「ヤッター!カゼ治った!」 一時はリタイ[…]