変態女よ永遠に。大人のおもちゃを持ってきた僕のセフレ

「変態女がやってくるぞ!戦闘態勢を整えよ!」

今回はどんな方法で、どんな角度から、どんな変態っぷりを見せつけてくれるのだ?

俺は期待と恐怖を胸に抱き、震える夜を過ごす。そして『XDAY』はやってきた。

変態なセフレとの再会。

2015年12月2X日午後7時。

俺は博多駅の前を歩き、待ち合わせ場所へむかっていた。

博多駅のイルミネーション

クリスマスを間近にひかえた博多駅は、ゴージャスなイルミネーションに彩られている。

多くの人が立ち止まり、美しい光の世界に見入っている。

 

だけど、素敵な景色を楽しんでいる場合ではない。

鹿児島からヤバいセフレ(30歳)がやってきたのだ。

(・・きっと、今日も何かが起こる。)

鹿児島市に住むYUTAROのセフレ。ワクワクメールで出会った。性欲と好奇心がめっちゃ強い変態女さん。

≫ 谷山子のお話一覧を見る ≪

出来町公園

辿り着いたのは博多区役所の近くにある「出来町公園」。俺は谷山子から「ここに来て」と呼び出された。

出来町公園は、いかにも都会の公園と言った感じで、園内もキレイに整備されている。

 

(まさか・・ここで野外ファック?)

その可能性は否めない。公園内は薄暗く人通りもまばらだ。しかも、アイツは初めて会った時に路上で小便をした変態なのだ。

 

「寒いから、公園横のファミリーマート入ってるわ。」

俺は谷山子にLINEを送りコンビニへ避難する。公然わいせつで捕まるわけにはいかない。

谷「わかった!すぐ行く!」

(あぁ・・もうすぐアイツがやってくる。)

 

俺はもう35歳のオッサンだ。性欲にも陰りが見えてくる。

反対に谷山子は女盛り。女は30代になるとさらに性欲が増す・・というか表面化していく。

俺はこの性欲の魔女と渡り合うため、数日間、酒とタバコを控えた。

精力剤として、「マカ」と「シルトリン」と「強力わかもと」をいつもより多めに摂取した。

大好きなオナニーも昨日からしていない。

 

(体調は万全。今日の目標は3回戦だ!)

 

谷「ウィーッス!」

この聞き慣れたハスキーボイス・・来たぞ!変態が!

「お、おま!・・なんやその格好!」

変態は「ジャージ&サンダル&すっぴん姿」で現れた。

谷「え?ジャージだけど?」

「・・しかもスリッパじゃん。」

谷「スリッパじゃねぇわ。れっきとしたサンダルよ。」

谷山子はアディダスの黒いジャージと、オッサンの履きそうなサンダルで現れた。

 

「まさか、その格好で来たと?鹿児島から福岡まで?しかも、ドすっぴんじゃねーか。」

谷「寝坊して新幹線に乗り遅れそうだったんだもん。」

「寝坊?・・そのジャージ、もしかしてパジャマ?」

谷「もう!色々うるさい!女子は準備にいろいろかかるの!」

「おいおい・・準備のベクトルが大きく違ってないか?」

とにかく彼女は現れた。近所のコンビニに行くような格好で。

ある意味で羞恥プレイ。

世の中はクリスマスムード。みんなオシャレを頑張っている。

そんな中、俺はジャージにスリッパの女を連れている。

(やだ・・この子と一緒に歩くの恥ずかしい。)

これはある意味「羞恥プレイ」だ。本物の変態は、現実のシチュエーションをうまく活用する。

 

谷「お腹減ったぁ。ホテル行く前になんか食わせろ。」

「ホテル?・・直球すぎるだろ!」

谷「あたしゃ旨い魚が食いたい。」

「仕方ねえ・・まずは飯にいきますか(泣)」

俺はネットで探しておいた、オシャレなレストランを忘却の彼方へと追いやる。

5分ほどふらふらと歩き、目に付いた居酒屋「魚宴」に入ることにした。

 

谷「せっかく福岡まで来たんだから、もっとオシャレな店連れてけよ~。」

「・・そのカッコでよく言うわ。こういう店が実は美味いんだって。」

すいません。魚宴さん。

谷「まあ・・雰囲気は嫌いじゃないけど。」

谷山子

※ジャージできた谷山子。田舎のヤンキーにしか見えない。

店内は多くのサラリーマンで賑わっている。この店には着飾った女性などいない。まさに今夜の彼女にうってつけだ。

エッチの前に精力をつけるわ。

「そいじゃ、忘年会スタートしますか?」

谷「うい!」

谷山子はつまみを大量に注文していく。相変わらず大食いで欲張りな女だ。

(・・金払うのは俺なんだぞ?)

谷山子食べる

谷「うん!うまい!やっぱりお刺身は福岡のほうが美味しいね!」

お刺身

「残念だったな!お前が食ってるのは、長崎のサバだ。」

谷「この際、精力が付けばなんでもいいわ。エッチは体力使うでしょ?」

「・・言う事がどんどんオッサン化していくな。」

 

運ばれてくる料理たちは、つぎつぎに谷山子の口の中へ消えていく。

「ホント良く食うわ。三十路になったら食欲も衰えるもんだけど・・」

谷「年齢なんてただの数字でしょ?あたし体内年齢は20代前半なんだよ。毎日ランニングしてるし。」

「年齢はただの数字か・・。たまには良いこと言うやん。」

確かに彼女の体力を目の当たりにすると、その言葉も間違いではない気もする。

谷「ねぇ、締めに定食頼んでもいい?」

谷山子とご飯

この女と俺は、内臓の作りからして違うようだ。

パンティよりもヤバい物を持参。

谷「そうそう!最近ね、ネットでいい物買ったんだ!」

「・・え?なに?」

谷「持ってきたから見る?・・これを準備するために遅刻しかけて、ジャージで来るハメになった。」

「ほほぅ、大きな代償を払っても、わざわざ持ってきたと?よし見せてくれ!」

クリスマスも近い。もしかしてプレゼントかもしれない。

 

(ちょ・・まてよ?このやりとり過去にどこかで・・)

俺は強烈な既視感を感じていた。以前、彼女が持ってきたのはTバックのパンティだった。

 

谷「Tバックと違って、さすがに人前には出せないから・・バッグの中で見てね。」

(・・人前には出せない?・・Tバックは人前に出してOKなのか?)

この時点で「プレゼント」ではなく「ヤバいもの」の可能性が高くなった。

正直、嫌な予感しかしないが、やはり好奇心のほうが勝ってしまう。

 

「・・どれどれ?」

女性のバッグの中は四次元ポケットの如く、いろんな物が入っている。

谷「紫のポーチがあるでしょ?その中に入ってる。」

(・・お、これかな?)

俺は恐る恐るポーチのジッパーを開けた。

大人のおもちゃ(ウーマナイザー)を持ってくる女

バッグの中に大人のおもちゃ

ポーチの中には複雑な形をした「家電?」が入っていた。可愛らしさと清潔感を兼ね備えた秀逸なデザインである。

「な、なんか吸盤みたいなの付いてるけど・・まさか?」

谷「あはは、大人のおもちゃだよ。自分へのご褒美に買ったの。」

「・・女子が自分へのご褒美って言う時は、ケーキとか服とかだぞ?」

谷「女子専用のオナグッズで、ウーマナイザーって言うの。海外製なんだ、すげぇだろ!」

嫌な予感は的中である。

俺は何百人もの女性と出会ってきたが、デートに大人のおもちゃを持ってくる女は、これで二人目だ。

因縁の女「大阪子」と、変態すぎるセフレ「谷山子」である。

その変態は「大人のおもちゃ」をこよなく愛する

「これ・・どうやって使うん?」

谷「吸盤があるでしょ?それをクリトリスにくっつけると吸い付いてくるから・・」

「なるほど・・。」

谷「その吸い付きと振動と快感を・・味わうの。」

「ふーん。いとしさと切なさと心強さみたいだな。簡単に言えば、クリトリス吸引機ってこと?」

谷「そんな言い方しないで!愛してるんだから!」

俺はバッグの中でおもちゃの電源を入れてみる。

 

(思いのほか静かだな・・これなら居酒屋でも、図書館でもイケそうだ。)

 

「大したことなさそうだけど、ホントに気持ちいいの?・・アダルトグッズ界の神様(電マ)よりも?」

はい。電マ信者のボクが通りますよ。

谷「もうね!最っ高なの!まぁ、電マには電マの良さがあるけど・・刺激が強すぎて、たまに痛いっつーか。」

谷「それにね!ウーマナイザーは女性のことをよく考えて作ってあるの。刺激の中に優しさを感じるの♡」

嫁入り前の30女が真剣な眼差しで、大人のおもちゃを語っている。

そして今回、一番盛り上がった話題が「大人のおもちゃ議論」とは・・。俺は涙が出そうだった。

 

谷「本気出したら1分でイケちゃう!これノーベル賞ものだよ!しかもUSB充電。」

「おまえ、実はウーマナイザーの営業やろ?・・それで、いくらすんのこれ?」

谷「お会計、2万円になります。」

「はぁ!?これ2万円もすんのかよ!このむき卵みたいなヤツが?」

谷「むき卵はオマエの頭だよ。」

電マ、バイブ、ローター、ディルド、そしてイチジク浣腸。大人のおもちゃ一式買ってもお釣りが来るぞ?

女のオナニーライフは短い。

「おまえ・・いよいよヤバい女だな(笑)」

谷「うるさい!私にとってオナニーは、セックスの代わりなの!」

「当たり前の事を、なにドヤ顔で言っちゃってんの?」

谷「女のオナニーライフは短いんだから・・。少しくらい極めたって良いじゃない!」

極めたら「少し」じゃなくなる。

「わかった!わかったから!こんな大勢いるところで大声だすなよ・・。」

セフレとしてダメ出しをくらう

谷「あぁ彼氏が欲しいよぉ・・。せめてセフレが欲しい。」

「ちょっと待って、セフレならここにいるよ?私は・・ここにいるよ?」

谷「青山テルマかよ。だってオマエは遠いやん。呼んだらスグ来てくれるセフレが良いの!」

俺はダメ出しを食らってしまう。200キロ以上離れているというだけで。

(これは・・間違いなく「たまって」ますな。)

きっと彼女のような「性欲のバケモノ」は、大人のおもちゃのオナニーだけでは満足できないのだ。

 

「わーった!今日はこのウーマナイザーを使って、いっぱいエッチなことしよ!・・だから静かにしてくれよ。な!」

谷「おし、じゃあ、さっそくホテルに行こ☆」

「・・う、うん。」

この後、俺は底なしの性欲に、ズブズブとのみ込まれるのだろう。

さてラブホへ移動。

春吉から見る夜景

俺達が店を出る頃には、忘年会で賑わっていた居酒屋も静かになっていた。

(決戦に備えて準備せねば・・。)

谷山子と違って、俺は丈夫にできていない。だから腹は八分目。酒もいつもよりは控えた。

あとは勃起薬(カマグラ)を飲むだけ。そのタイミングが重要である。

 

谷「・・どうする?プレジデントホテルってとこに泊まってるけど、私の部屋でエッチする?」

ビジホには出張できている人も多い。この女の大きなあえぎ声は、さぞ迷惑になる事だろう。

そしてビジネスホテルへの「連れ込み」は禁止行為だ。ルールを守れないクズは、ただのクズである。

 

「そうだな~。酒とおつまみ買ってラブホでもいきまっか?・・そのほうが存分に実力発揮できるやろ?」

谷「おっ!名案だねー!」

俺の家に連れ込むことも考えたが、この女だけは勘弁してほしい。

俺たちは行きつけのラブホスポット「春吉」に向かうことにした。

ビールとつまみを買って、タクシーで春吉に向かい「ティファニー」というラブホに入る。

部屋は広くないけれど、これで周りを気にせず存分に戦える。

まさかの放置プレイ?

部屋に入ったら早速セックスをおっぱじめるのかと思ったが、彼女はソファーでタバコを吸い始めた。

年季の入ったデリヘル嬢にしか見えない。

谷「ねぇ、先にお風呂入っていい?今日動きまわったから。」

「お、おう。一緒に入る?」

谷「ゆっくり入りたいから別々で。」

そう言うと、谷山子がバスルームに消えていく。缶ビールを持って。

(・・あれ?なんかちょっと寂しいぞ。)

 

——— 1時間後 ———

 

俺は「アダルトチャンネル」と「ディスカバリーチャンネル」を入れ替わり立ち代わり視聴していた。

画面の中では、熟女があられもない姿になり股を開いている・・かと思えば雄大な自然が目の前に広がった。

念のため飲んでおいた、カマグラ(バイアグラの安いバージョン。)がギュンギュンに効いてしまっている。

俺の海綿体に大量の血液が集中し、パンパンに膨らんでいる。しかし、それをぶちこむ相手がいない。

知らぬ間に俺は、放置プレイの罠にハマっていたのだ。

 

(それにしても遅い。・・・アイツ風呂場で倒れてないか?)

(もし倒れてたら救急車?警察?あっちの実家にはどうやって連絡する?)

もし、彼女が倒れていた場合の対応策を、俺はギンギン状態で考える。あぁ、脳にまわる血液が足らない。

 

「おーい!谷山子ぉ?」

部屋から呼んでみるが返事がない。・・まずい。

「大丈夫?生きてる?」

洗面所まで行ってもう一度呼ぶ。

返事がなければドアを蹴り破ってでも飛び込む所存だ。

 

谷「うーい!入ってきてー!」

良かった。事件性はなさそうだ。

「・・開けるよ?」

ガチャリ・・。

谷「ごめーん。あたし普段は二時間くらい半身浴にするからさ。」

「あはは・・それが美貌の秘訣でございますのね。」

谷「それに、女子はお風呂でいろいろやることがあんのよ。毛の処理とか。」

鏡の前には、ビールの缶と、安全カミソリが並んで置かれている。

その光景を見れば、谷山子の「オッサン面」と「レディ面」が理解できる気がした。

 

谷「ほら一緒にお風呂入ろ!あたしが体洗ってあげる。」

「いま、脱いでイキます。」

彼女が持ってきたウーマナイザーの出番はもう無いだろう。

なぜなら、本物の「女たらし」がここにいるから。

≫ 谷山子と出会ったサイトを見る ≪

続く➡ウーマナイザーってマジで気持ちいい?最新アダルトグッズの効果を体験!

↓ 谷山子と出会ったのはココ ↓

ワクワクメール

解説:YUTAROが愛用する優良出会い系サイト。セフレ作りには欠かせない存在。割り切り女子は多いものの、谷山子のような「変態女子」にめぐり合うことも少なくない。

公式サイトをチェック