ワクワクメール体験談

困惑2 結婚するの?話し合いの日到来、彼女の発言に気絶だわ。

投稿日:2015年5月15日 更新日:

眠れないまま話し合いの日がやってきた。

寝不足

「子供できたのか!でかした!」なんて爽やかな状況ではない。

結婚か、それとも・・。考えても答えがでないまま、話し合いの日はやってきた。

この日が来るまでの間あまり眠れなかった。それでも時間はすぎていくのだ。

「これからどうするの?」

よく考えたら相手の意見もロクに聞いていないのに答えなんて出るわけがないもんね。

YUTAROは今、大阪子の家に向かっている途中だ。

眠気を抑えるためと、少しでも冷静に話し合いができるように、コンビニでホットコーヒーを買って飲んだ。暖かいコーヒーを飲んでいるのに、ぶるぶると震えが止まらない。今日は天気のいい暖かい陽気なのにこの寒さはなんだ。

彼女はYUTAROよりもずいぶん立派な装いのマンションに住んでいる。

マンションの入口で大阪子の部屋の番号を押す。

大「あ・・いらっしゃい。どうぞ入って。」

エレベーターの中は、どこかまだ新築の匂いを残している。

エレベーターを降りると、ドアを少し開けて、スキマから女がこちらを覗いていた。一瞬ギョッとしたが、よく見たらノーメイクの大阪子だった。怖いわ!

「あっこれ・・あったかいお茶・・一応ノンカフェインだよ。」そう言ってコンビニの袋を手渡した。

大「ありがと・・どうぞ上がって」

少しかすれた声で大阪子が言う。顔がちょっとむくんでいて、目の当たりもいつもより腫れぼったい。

「風邪?声がかすれてるけど・・」

大「ううん・・ちょっとなんかだるくて・・」

「大丈夫?なんなら別の日にしようか?」

大「風邪とかじゃないから大丈夫、たぶん妊娠の副作用みたいなもんかな?」

「そっかあ。じゃあなるべく早く帰るわ。」

それほど広くないものの、大阪子の部屋は綺麗に片付けられていて、女性特有の甘くていい匂いがした。思ったよりもちゃんとした生活を送っているようで安心した。

二人とも少しだけソワソワした時間を過ごしたが、どちらともなく話だした。

今日はいい天気だの、流行りの芸人が面白くないだの・・。当たり障りのない会話だ。

「あ・・つわりとか大丈夫なの?」

ラチがあかないので少し切り込んだ話をする。

大「えっと、眠いのとダルいくらいかな~食欲がなかったり気持ち悪くなったりとかはないかな。」

「じゃあつわりは軽いほうなのかな?てか夜の仕事は大丈夫なの?」

大「今週は実家に帰るって嘘言って、無理言って休みもらってる。妊娠したのは内緒にしてるけど・・」

「そっかあ、なんかごめんね。」

大「全然・・YUちゃんが謝ることじゃないし。」

珍しく謙虚に言う大阪子。妊娠の影響で少し穏やかになった気がする。

「でも、まさか旅行での一回が当たるとはね~!やっぱり我慢汁で出来るってのはホントだったんやね~何週目になるの?」

デリカシー無さ男の登場である。

大「え?あの時じゃないと思うよ・・だいたい19週くらいって言ってたかな?」

「じゅ、じゅ、19週~!!」

なんか計算が合わねえ!ちょっと気絶してもいいですか?

大阪子風呂上り

※PC整理してたら大阪子の写真が出てきたんで貼っときます。

続き⇨妊娠時期の計算が合わない!彼女に言ったらキレられた。

前の日記⇦⇨次の日記

-ワクワクメール体験談
-

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! , 2019 All Rights Reserved.