本日より相談の返信を開始致しました。まずはメール相談を返信させていただきます。LINE相談に関しては25日からとさせていただきます。
大阪子

【究極の選択】結婚?中絶?妊娠させた彼女と人生を決める話し合い

大阪子

「そうか妊娠したのか!でかした!」

俺たちにそんな幸せな光景などなかった。

(大阪子はどう思っているのか?)

元カノから妊娠を聞かされた時は混乱するばかりで、彼女の意見もロクに聞いていなかった。

産みたいのか、中絶するつもりなのか。結婚したいのか、したくないのか。

導き出される結論は決して多くない。そもそも、俺だけで答えを出すなんてできないのだ。

・・・そして審判の日はやってきたのだ。

YUTARO(俺)このブログを書いている人。札幌在住の若ハゲ。カワイイ彼女がいるのに、元カノが妊娠してしまう。

大阪子YUTAROの元カノ。約一年間の同棲生活の末に破局。現在はすすきのニュークラで働いている。2カ月ぶりに会ったらYUTAROの子を妊娠していた。

赤ちゃんできた!妊娠させてしまった元カノと話し合い。

俺は元カノの住むマンションへ向かっている。いまから二人で話し合いをするためだ。

この2日間まったく眠れなかった。きっと大阪子も同ように悩んでいると思う。

少しでも眠気を抑えるため、途中のコンビニでホットコーヒーを買う。

火傷しそうなほど熱いコーヒーなのに、ぶるぶると震えが止まらない。

 

大阪子は俺よりも、ずいぶん立派なマンションに住んでいる。エントランスに入り、恐る恐るインターホンを押した。

 

大「・・いらっしゃい。どうぞ入って。」

スピーカーを通した声は、大阪子のものとは違って聞こえる。

エレベーターの中で階数のカウントアップが始まり、ポーンという音とともに扉が開いた。

内廊下はじゅうたん張りになっていて昼間でも薄暗い。そして、まだ新築の匂いを残している。

 

廊下を進むと、ドアが少しだけ開いているのに気が付いた。隙間から女がこっちを見ている。

俺は一瞬ギョッとしたが、よく見たらスッピンの大阪子だった。

 

「これ、あったかいお茶、一応ノンカフェインだから。」

俺はそう言って、大阪子にコンビニ袋ごと手渡す。

大「ありがと。どうぞ上がって。」

かすれた声で大阪子が言う。顔がむくんでいてまぶたも腫れぼったい。

 

「声がかれてるけど風邪?」

大「うーん・・なんかだるいねん・・。」

「大丈夫?なんなら別の日にしようか?」

大「・・大丈夫。たぶん妊娠の副作用みたいなもんかな。」

「そっか。なるべく早く帰るわ。」

 

大阪子の部屋はそれほど広くないが、綺麗に片付けられていた。俺の部屋にはない甘く良いにおいがする。

少しの間、二人はソワソワした様子で沈黙していたが、やがて、どちらからともなく話し始めた。

「今日はいい天気」だの、「流行りの芸人が面白くない」だの、当たり障りのない会話で、緊張した空気をほぐそうとする。

 

「あ・・つわりとか大丈夫?」

俺は少し切り込んだ話をした。様子見のジャブだ。

 

大「えっと・・ちょっと眠いのとダルいくらいかな。」

「じゃあ、つわりは軽いほうなんかな?」

大「そうかもね。これまで食欲がなかったり、気持ち悪くなったりした事ないし。」

「でも最近よく吐くって・・。」

大「アレはお酒の飲みすぎかも。あはは。」

「てか、夜の仕事は大丈夫なの?」

大「今週は実家に帰るって嘘ついて、お休みもらってる。妊娠したことは、まだお店の誰にも言ってない。」

「そっか・・なんかごめん。」

大「いや・・YUちゃんが謝ることじゃないし。」

彼女の言葉の端々から、俺への気遣いを感じる。妊娠の影響で穏やかな性格になったのかもしれない。

 

「でもさ、まさか旅行先での一発が当たるとはね。我慢汁でも妊娠するのはホントだったんやな。ハハッ!」

声がうわずって、ミッ〇ーマ〇スのような甲高い声になる。ハハッ!

大「・・え?あの時のエッチで出来たんじゃないよ・・。」

もう妊娠中期。気づかないなんて鈍感すぎる。

「ちょ、ちょっと待ってくれ・・。どういうこと?いま妊娠何週目なの?」

大「産婦人科の先生は19週目って言ってた。」

「じゅ、19週!?」

なんと元カノは妊娠19週目だった。19週目と言うと、妊娠して約5ヶ月目の終わりだ。

だいたい「10ヶ月と10日(約30週後半)」が妊娠期間とされているので、19週は「妊娠中期」になる。

順調に行けば、あと5ヶ月も経たずに、俺はパパになってしまうのだ。俺たちに残された時間は思った以上に少ない。

 

(コイツはどれだけ俺を混乱させれば気が済むんだ。)

メダパニがかかりまくって、効きが悪くなっている。

 

「それで妊娠に気がついたのが、一昨日って・・鈍感すぎるやろ!」

大「わたしもおかしいとは思ってたけど。病院に行くの怖くて・・。」

「妊娠したら生理も来なくなるから、わかるはずでしょ?」

大「生理っぽいのはたまに来てた。今思えば出血してたのかも。」

 

(ん?ちょ、待てよ?5ヶ月前・・?)

5ヶ月前と言えば、俺が全国を旅していた頃と被っている・・気がする。

俺が家を空けていた約1カ月間、「寂しさから他の男とエッチしちゃった・・」なんてことも充分ありうる。

 

「本当に俺の子?」なんて聞いてはいけない。

「あの・・一つ聞いていい?お腹の子って本当に俺の子?」

腹の中にしまっていた言葉が、うっかり口から飛び出した。

 

ゴゴゴゴゴ・・!!

(・・え?なにこの殺気?)

大阪子の目はみるみる釣り上がり、鬼のような形相になっていく。

 

大「オマエの子に決まっとるやろがい!ゴラァ!」

「ヒエッ!」

大「言って良い事と悪いことがあるぞ!外道ハゲがぁ!」

「は、ハゲ?」

妊娠中はホルモンバランスの乱れで、感情の起伏が激しくなると聞いたことがある。だけど、ここまで大げさに変わるとは。

(ヤバい・・うっかり殺る気スイッチ押しちゃった!)

 

大「ワシはなぁ!お前としかエッチしとらんわ!」

「・・ワシ?」

大「謝れ!今すぐ謝れ!」

「ひぃぃごめんなさい!・・なんか、妊娠したのが時期的に合わないな・・って思って。」

大「あんたと違ってなぁ!私は浮気なんかせえへんわ!」

(・・過去に2回浮気してるじゃん。)

「でもエッチしてないのに、子供ができるっておかしいよね?・・まさかコウノトリのしわざ?」

大「ハァ!?アホぬかすな!セックスしたやろ!10月の終わりに!」

「・・10月?」

10月と言えば、俺たちがまだ付き合っていた頃だ。彼氏と彼女だった頃だ。

(・・確かに心当たりがある。気がついたら、コイツが俺の上で腰を振っていたことがあった。)

でも、酔っ払っていて、あの時の事はあまり覚えていない。

 

(中出し・・したっけ?)

俺は記憶の破片を集めようとするが、失われてしまって見つからない。

 

「ごめん、俺の勘違いかも。」

大「あぁ~!?かんちがい~?」

大阪子の激しい怒りと、鬼のような形相に気圧され、俺にはもう突っ込んだ話ができなかった。

とにかくキレっぷりが怖すぎて、包丁の配置が気になる。

 

「疑ってごめん!ほら、この通りあやまるから!」

「あんまり怒ると、赤ちゃんにも、オマエの体にも良くないやろ?」

俺は掌を合わせて、必死で許しをこうた。

 

大「まあ・・わかればええねん。」

鬼だった大阪子は、まるで憑き物が落ちたように、眉毛のないスッピンへと還っていく。

(あれだけ怒るってことは、本当に俺の子なんだろうな。)

疑惑の念は残っていたが、ムリヤリ消してしまう事にした。こ〇されてはかなわない。

 

堕ろしてはあり?中絶の選択は思ったより厳しい。

大「んで・・どうするん?」

「・・え?」

大「お腹の赤ちゃんどうするん?この子の父親として聞かせて。」

怒りでタガが外れたのか、彼女は剛速球のストレートを放り込んできた。しかも厳しいコースをついてくる。

(・・もしかしてコイツは産むつもりなのか?)

「どうするって・・えーっと・・。堕ろ・・。」

このタイミングで、俺から「堕ろして」なんて言ったら何をされるかわからない。俺は生きて帰りたい。

 

大「ほら、これ見て!」

そう言って、彼女はテーブルの上に何かを置いた。チェキカメラから出てきたような小さな写真だった。

 

「これは?」

大「赤ちゃんのエコー写真!」

俺はその写真をまじまじと見た。まだ「人」とは言えない形の「なにか」が写っている。

 

「・・あわわ。」

大「もう赤ちゃん大きくなってるから、もし中絶するなら大きな手術しないとダメなの。」

大阪子はどんな中絶手術をするか、詳しく教えてくれた。(グロなので内容は省略)

「・・あわあわ・・。」

大「母体にもすごい負担かかるし危険なんやって。もしかしたら、子供が産めない体になるかもしれない。」

「・・泡泡泡・・。」

 

大「それに、この時期に赤ちゃん堕ろしたら、死亡届も出さなきゃならないの。」

「うそ・・マジで?」

大「うん、マジよ。二人で赤ちゃんをこ○したって、証拠が残るの・・。」

大「私、赤ちゃんこ○したくない・・私は産みたい。」

そう言うと、大阪子は大きな声をあげて泣き出した。

これまで気丈に振舞っていたに違いない。相談する相手もいないまま、いろんな問題をたった一人で抱えて。悩んで。

 

(しっかりしろ!これ以上、情けない姿を見せちゃいけない。)

泣きじゃくる彼女を見て、俺はふと我にかえるのだった。

 

ロマンティックなプロポーズ。現実は思ってたのと違った。

二人は湖沿いのレストランにいた。白く清潔なテーブルクロス。二つのシャンパングラスには黄金色の液体が輝いている。

ボクの正面には、美しいドレスに着飾った女性が座っている。二人は談笑をしながら、フレンチに舌鼓を打った。

窓から見える夕日が、湖面をキラキラと照らしている。

「素敵な夕焼けね・・きっと、おひさまと湖がダンスしているのね。」

彼女はうっとりとした表情を浮かべて呟いた。

 

「フッ‥この湖もキミの美しさに比べたらドブさ。」

ボクは、彼女の濡れる瞳に見惚れていた。

いつの間にか日は落ちて、湖が見えなくなっていることに気がついた。いけない。彼女に夢中になっていたせいだ。

 

「もう、そろそろかな・・」

ボクは腕時計に目をやる。祖父からパパへ、パパからボクへと受け継がれてきた古い腕時計。今日もボクを見守ってくれる。

 

「ほら、窓の外を見てごらん。」

そう言って、ボクは彼女に目配せをする。

女「暗くてなにも見えないわ。」

「いいから・・見ていて。」

 

「ドン」という音を合図に、大輪の花々が湖上に咲き乱れる。

 

女「まぁ綺麗。でもどうして?今日はお誕生日でもクリスマスでもないのに。」

「今日が二人の記念日になるんだ。これからずっとね・・。」

女「えっ・・。」

「スグに消えてしまう花火じゃ物足りないんだ。これからボクの毎日に、君という花を咲かせてくれないか?ずっとそばで。」

女「それって・・まさか。」

「アイラビュー。ぷりーずマリミー。」

彼女は目を潤ませながら、口元を抑えている。

そして、小さな声で「YES」と言った。

 

・・・

・・・・・

 

「・・ぷ、ぷ、プリーズマリミー・・。」

大「はぁ?急に何を言っとんねん。」

ボクは・・いや俺は現実に引き戻される。

俺の目の前には、ドレスで着飾った美女ではなく、スッピンで眉毛のない女がいた。しかも妊娠19週目だ。

 

結婚か。それ以外か。結局、この二択しかない。だけどそれは究極の選択だ。

 

「わかった・・結婚しよう。」

大「・・本当?」

そう呟くと、彼女は再び泣き出した。

出会った頃は美人だと思ったが、なぜか今はとてもブサイクに見える。

 

この世界では、毎日たくさんのカップルが結婚していく。

だけど、全てのプロポーズが、甘くロマンティックな訳ではないのだ。

 

元カノと「できちゃった婚」することになっちゃった。

しばらくして泣き声が止んだ。だけど、彼女はまだしゃっくりのような嗚咽を繰り返している。

大「・・できちゃった婚でも良いの?」

真っ赤な目をして大阪子は言う。まぶたは殴られたように腫れていた。

 

「うん、腹をくくった!責任取らせていただきます。」

俺はハッとした。最悪のセリフ、最悪のプロポーズだ。

これでは「責任感」だけで、結婚するように聞こえてしまう。

 

「大阪子は俺でいいの?・・頼りないだろ?」

取り繕うように彼女に問う。

大「うん。YUちゃんならいいよ。気楽だし・・。」

「そっか、俺の前ならオナラもやりたい放題だもんね。」

大「それに・・私とYUちゃんの赤ちゃんが、お腹の中にいるってわかった時、産みたいって思ったの。」

大阪子からその言葉を聞いた時、俺は「堕ろす」という選択肢も考えていた自分を恥じた。

 

「あの・・俺、貯金があんまりないから、すぐに結婚式は挙げられないよ。」

大「うん・・知ってる。」

「し、指輪も安いのしか買えないけど・・いいかな?」

大「うん・・かまへんよ。」

「出産まであまり時間も無いし、これからどうやって生活するか、二人で考えないとだな。」

大「・・うん。」

「とにかくこれから忙しくなるな。」

大「うん・・一緒に子育て頑張ろうね!夫婦としても仲良くやろうね!」

「・・お、おう!」

あれ?なんだろう?肩のあたりがズシンと重くなった気がする。

 

大「今日はちゃんと話し合えてよかった。私・・本当に悩んで悩んで・・。」

そう言うと、大阪子はまた大粒の涙を流し始めた。俺は彼女の横に座り背中をさすった。その涙が止まるまで。

 

こうして俺と大阪子の話し合いは終わった。

短くも濃い時間だった。精神が擦り切れそうな時間だった。きっと3年は寿命が縮んだと思う。

 

「まさか元カノが嫁になるとは・・。しかも俺はパパになるのか・・。」

予想外。不本意。口惜しい。

俺の中でいろんな感情があふれてくる。これもすべて自業自得だ。

俺の目に涙が貯まっていく。誰にも見られないように、明かりのない暗いクライ道を選んで歩こう。

↓ この話の続きも読んでみませんか? ↓

続きを読む➡今日、大好きな彼女に別れを告げる。傷つけたくないから嘘をつく。