ハッピーメールで知り合った女の子とドライブデート|沖縄出会い旅二日目

那覇から美ら海水族館までドライブデート。遅刻!レンタカー屋へ急げ!

青いどこまでも続く空。

だけど爽やかな気分とは程遠い。時間が無いのだ。

ホテルに戻り部屋にダッシュすると、俺は水シャワーで身を清める。

冷たい感触に驚くが、慣れてくると心地よい。それでもまだ体は少し熱いまま。

 

服を着替えると、YUTAROはホテルを飛び出した。

今日の相手とはドライブデートの予定だ。

俺はレンタカー車を借りに、那覇市街にある泊港までダッシュだ!

泊港のOTSでレンタカーを調達

OTSレンタカー

たどり着いたのは「とまりん」という大きな複合ビル。

この泊港からは、フェリーで沖縄の離島に行くことができる。

 

OTS(OTSは沖縄のレンタカー屋さん。ヒュンダイ率が高い。)でレンタカーを借りると、既に待ち合わせの時間を15分ほどオーバーしていた。

 

前もって少し遅れるとは言ってあるが、これ以上遅れるのは、しのびない。

あくせくしながら那覇市街を走る。待ち合わせ場所は「おもろまちのTSUTAYA」だ!

ハッピーメールで知り合った那覇女子を紹介

向かうついでに今日の相手の紹介をば!

名前美ら子

年齢20代後半

出会ったサイトハッピーメール(評価)

コメント

写メ交換をしていないという出会い系アポにおいての危険牌。全国を回る出会い旅では、女の子とアポを取るのに非常に苦労する。

だからあえてブスそうな子も、どんどんターゲットに入れる

メールだけのやりとりで、ドライブまでこぎつけた。一度話が盛り上がった意外は、世間話をちらほらする程度。どんな女の子が来るかは・・未知数だあ!

さて車は10分ほどでTSUTAYAに到着。

 

「遅れてごめん!今ついた!」

 

俺は彼女にメールを送る。すぐにメールが返ってきた。

「ウチナータイム」で遅刻返し

美ら子「すいません、私も15分くらい遅れます!」

・・・え?

 

そう、ここは沖縄だったのだ。時間はゆっくり流れている。

遅刻してしまったのはYUTAROだったが、さらなる「ウチナータイム」で返されてしまった。

 

コンビニで二人分のお茶を買って彼女を待つ。

結局、最初の待ち合わせの時間を、一時間ほど遅れて美ら子はやってきた。

 

「おお!来た来た!こんにちは!」

美「すいませーん♪車に乗ってもいいですか?」

「もちろん!どうぞ!」

カトパン似の可愛い子が来た

加藤綾子

(かわいい!)

YUTAROのテンションが一気に上がる。

 

誰かに似ているかといえば、女子アナウンサーの加藤綾子(通称カトパン)である。リス系顔で少しだけ、口元がユルそうな美人だ。

写メを交換していなかったので不安だったが、大当たり。

 

「はい、お茶☆」

美「え?良いの~?ありがとうございまあす~☆」

 

彼女は少し八方美人そうなしゃべり方だが、女性らしくて好印象だ。

一体どんなパンツをはいているのだろうか?気になるところ。

那覇から美ら海水族館までドライブ

・・さて。最初に向かうは美ら海水族館である。

ガソリンは満タン。車は北へ向け走り出す。

58号線から、那覇市内を抜けると、南国ムードがより強くなってくる。

北谷(ちゃたん)まで来ると、もう日本ではないような感じだ。

この辺りには米軍基地がある。

車を運転している人も、歩いている人も、外国人をよく見かけた。

沖縄ナンバーの「Y」は米軍関係者だから注意

Yナンバー

美「前の車ナンバーにYってあるでしょ?」

「うん。珍しいね。」

美「あれが、米軍関係者のナンバーらしいよ?」

「へえ~違うんだね~YだけにヤンキーのYとか?(笑)」

美「いろいろと気をつけてね~絶対にぶつけたり事故らないように」

「え?なんで?」

美「ピストルで撃たれるよ~」

「マジで(゚д゚lll)」

美「あはは冗談!でも事故したら、治外法権が適用されるみたいだから厄介だよ。」

「治外法権・・あまりピンと来ない。」

でもトラブルにならないように、Yナンバーに注意しなければならない事は良くわかった。

沖縄でレンタカーを借りる人は、一応覚えておいて欲しい。

アメリカンビレッジのA&Wで昼食

アメリカンビレッジ

俺たちは美浜のアメリカンビレッジで休憩をとることになった。

アメリカンビレッジとは北谷にある、アウトレットモールが入っているなどがある施設で、沖縄の有名観光スポットの一つ

⇨アメリカンビレッジ(公式サイト)

 

(ほんま外人多いなあ~。でも外人の幼○って可愛いなあ。)

【A&W】初めてのルートビアは甘すぎる恋の味

俺たちは昼食に「A&W」でハンバーガーとジュースを買って、サンセットビーチで食べることにした。

美「ねえねえ、これ飲んでみてくださいよ~」

「なにこれ?ルートビア?」

美「うん、美味しいよ~」

「美ら子は飲まないの?」

美「一緒にシェアしよ~♪」

シェアということは間接キス!乗った!

 

「ルートビアください!もちLサイズで!」

ハンバーガーと飲み物を手に入れたYUTAROと美ら子は、屋外の飲食スペースでハンバーガーをほおばることにした。(ビーチまで行くのが面倒)

 

「うん、普通のハンバーガーだね。うまい!」

「さて、ルートビアどんなんやろ?ゴクっ」

「うまいやん!・・ゴクっ・・うま?・・甘っ!・・もう飲めねえ。」

 

ルートビアは甘くて、ハーブとか入っているので、後味が複雑。

ちなみに「ビア」がついてるけどビールじゃありません

アルコールも入ってないので運転中でも安心。飲んで見てね。(ハイになれるかも?)

 

「ルートビア・・もう飲めぬ。」

彼女もルートビアは苦手なようで、Lサイズのルートビアはほとんどを残したまま、結局ゴミ箱へ・・・。

 

日本の「A&W」は沖縄にしかない。お店を見かけたら一度は行ってみて欲しい。

⇨A&W公式サイト

美ら子とのワクワクデートは続く。腹も満たされ、ルートビアで少しハイな俺は、再びハンドルを握る。

彼女も喜ぶ、沖縄リゾート一等地「恩納村」

美ら子はジーンズにシャツという、ラフファッション。

こういう女性は意外と固かったりするものだ。牙城を崩すのは難易度が高いかもしれない。

 

美「やだ、崩れちゃう・・立ってられない。」とか言わせてみたい。

 

不適切をなことを考えていたら、すでに恩納村(おんなそん)に入っていた。

恩納村一帯は、沖縄随一のリゾート地。有名どころのリゾートホテルがしのぎを削っている

ブセナテラスに連れて行くと女は落とせる(らしい)

ブセナテラス

「恩納村いいな~海とか入ってのんびりしてえ~」

美「ブセナテラスに泊まりたいよ~」

「・・ブセナ?」

美「ここらへんで有名なホテルなんだよ~沖縄サミットで使われたんだって。」

「ほう。いつか一緒にお泊りしよう!」

美「いつかっていう辺りに現実味がないね・・。ブセナに連れってってくれたらモテるよ?」

 

美「あっあれ!あの半島みたいなの全部ブセナテラスの敷地なんだよ~」

「こりゃまた・・豪華ですな(高そうで無理)」

彼女はブセナテラスの良さを延々と語ってくれた。

沖縄人曰く、ブセナテラスに連れて行くとモテるらしい。落としたい女性がいたらブセナへGO!

沖縄一の人気観光地、「美ら海水族館」に来た!

恩納村を越え、名護市に入ると少しだけ「街」になる。

すぐにまた、海だけの景色が広がる。

西海岸に面した海沿いの道を走っていく。海がとてつもなく綺麗で、吸い込まれそうだ。

 

長いドライブを経て、ようやく美ら海水族館に到着。

へんぴな場所にあるのに、駐車場に入ると、たくさんの車が停っている。

 

駐車場から水族館までの道中、たくさんの修学旅行生。カップル。ファミリーを見かける。

水族館の入口にも人だかりが出来ていた。

やっぱり美ら海水族館は沖縄を代表する人気観光地だ。

 

美「今日は修学旅行の団体が多い日に当たっちゃったみたいだね~。」

「めっちゃ混んでるね・・・迷子にならんようにオイラの腕を掴みなせえ、お嬢さん。」

 

二人はようやくカップルデートの体になった。

 

(お胸が当たるう・・。)

 

館内は人が多くて小さな水槽はあまり見えないが、そんなの構わないぜ。

修学旅行生とは違う意味で興奮しながらも、大きな水槽にたどり着く。

ジンベイザメ3匹!の大盤振る舞い

美ら海水族館

「すんげええ!でっかい魚いる!めっちゃでっかいサメがいる!」

俺は幼児達と同じようにはしゃぐ。巨大な水槽ですら、狭く感じてしまう、大きなサメ。

コイツはジンベイザメだ。

 

ジンベイザメは世界一大きなサメとして認定されている

美ら海水族館にはジンベイザメが3匹。そりゃもうド迫力なわけで・・。

 

ジンベイザメのいるメインの水槽一帯の人口密度は跳ね上がる。学生たちはワーキャー。

俺は彼女と密着できてワーキャー。

美ら海水族館は沖縄デートのマスト。

美ら海水族館は、パラダイスだった。

ジンベイザメのいるメイン水槽が凄すぎて、後半の尻つぼみ感はいなめないが、マナティ(ジュゴンだったかも?)とか、海亀もいて楽しい。

とにかく美ら海水族館は、沖縄デートのマストだ。「行くリスト」に入れておきたい。

 

小一時間、美ら子が腕を組んでいたので、YUTAROの腕は汗ばんで、美ら子の体温が残っていた。

お土産を選びながら、ググッと自分の中の雄を抑える。

でも抑えきれない。ジンベイザメのぬいぐるみを手に取り、俺は言う。

 

「これから那覇に帰って飲みませんか?」

さて、返事はいかに?今夜、私はあなたを食べるサメになりたい。

北谷の「トランジットカフェ」でロマンチックな夕日

美ら子「いいよ~☆YUさんお酒好きなの?」

「大好き!ほぼアル中です!」

美「アル中まで行くと逆に心配というか・・。」

「それは言いすぎかも、たしなむ程度です。」

美「もー!心配して損した!はよ行こう。」

 

沖縄の女の子は、本当に人懐っこい。再び本島を南下。沖縄の太陽も傾きはじめ、西に日が沈もうとしている。

 

美「この辺にオシャレカフェがあるんだ~ちょっとお茶飲んで行こうよ!」

北谷のトランジットカフェでサンセット

北谷(ちゃたん)の海沿いに車を停める。

海が綺麗だ。行き交う人は外人が多く、異国感漂う。

英語が苦手なYUTAROは少し緊張しながらも、カフェへ入っていく。

 

北谷の海沿い、2階にあるトランジットカフェに入り、テラス席に二人で座る。

客も外人ばっかりで、そのマッチョな威圧感にどうも落ち着かない。遺伝子的に負けを感じる。

 

それでも沖縄の開放的な雰囲気は、次第に心を落ち着かせてくれる。

美ら子はケーキとジュース。YUTAROはアイスコーヒーを注文。

それを飲みながら、遠く海を眺める。ゆっくりと太陽が海に沈んでいく。

「はいあーん。」で下心が奮起

美「はい、ケーキ。あーんして。」

「あーん♪」

 

うまい!女性経験値の低い頃だったら、

 

「間接キス!デュフフ♡」

と幸福でのたうちまわっているシチュエーションだ。

俺も成長したもんだ。

 

「こうしてると、カップルみたいやね~」

美「ですなw」

彼女もまんざらでもなさそうだ。その白い歯が眩しい。

きっと白いシャツの中の白い肌も綺麗なはずだ。妄想が膨らむわ。

 

興奮しながらもコーヒーをジュルジュルと吸い込む。そうしているうちに、太陽は海に吸い込まれて、夜になった。

ーーー続くーーー

沖縄の美ら子と出会ったサイトをチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。