最高の太ももの条件

俺が太ももフェチになった日。最高の太ももの魅力に触れる

最高の太ももの条件

俺は今、柔ちゃんに膝枕をしてもらっている。

柔ちゃんの太ももはムニュリとやわらかく、俺の頭部を優しくホールドしてくれる。

その包容力は暖かい母性本能を感じさせる。

太すぎず、細すぎず、固すぎず、柔らかすぎず、ハリがある。

最高の太ももの条件

彼女の太ももは、

  • ほどよい柔らかさがある。
  • 弾力とハリもある。
  • 不安になるほど細すぎない。
  • ゴツゴツと骨ばっていない。
  • 視覚でも楽しめる均整のとれたシルエット。
  • 鍛えすぎていない。筋肉と脂肪の絶妙なバランス。
  • いい匂いがする。(ボディバター?)

とわざわざ箇条書きで書きたくなるほどの一級品だ。

彼女の長く細い脚からは想像できない「最高の太もも」がそこにはあった。

だが、それはまだ「膝枕」というポジションの太ももでしかない。

俺は生足が見たくなる。

何事も「生」には適わない。

生で見るライブ‥生のセックス。太ももだって生足が一番だ。

だがしかし、彼女は色気のない黒いズボンをはいていた。

生足の太ももは、ポリエステル95%のストレッチ素材の中に隠れんぼしている。

 

(これが膝上丈のスカートや、ショートパンツだったら?裸の太ももだったら?)

そのエロ力は測り知れない。

 

いや逆に、彼女がズボンをはいているからこそ、こんなクズ男に膝枕をしてくれるのかもしれない。

だけど、俺はズボンの下に隠された真実を見たかった。

太ももタッチはバカにできないコミュニケーション手段

太ももは胸や尻より触りやすい。

太ももはギリギリ触っていいライン

太ももは胸やお尻よりも、身近な存在である。

胸やお尻と比べて、軽く触れたり手を置いたくらいでは罪になりにくいのだ。

YUTAROの経験から言わせてもらうと、デート中におっぱいを触ったら、怒って帰っちゃったことはあるが、太ももに触って怒られたことは一度もない。

つまり、太ももに触れる行為は、セクハラリスクが低いと言える。

※TPOと相手によります。むやみやたらに触るのは危険です。

異性の太ももに触れるという心理テクニック

太ももに触ることは、肩や腕へよりも親密なボディタッチと言える。

よって異性の太ももに触れる行為は、

  • 異性との距離感を図る
  • 相手に好意を伝える
  • 性的なアプローチ方法

のためのテクニックとしても使える。

 

この太ももタッチは「男性⇨女性」だけではなく、「女性⇨男性」にも通用する。

なお、同性の太ももに触れる場合は「ボク(あたし)はそっち系ですよ」というアピールにもなるのだ。

 

例えば、キャバクラのキャバ嬢が俺の太ももに手を置いて、笑顔を振りまくとどうなるか?

いとも簡単に指名やドリンクを勝ち取ることができてしまう。

 

YUTARO自身もデートの最中で盛り上がってきたら、太ももにタッチしたり手を置いてみる。

相手が離れたり嫌がったりしなかったら、「脈ありのサイン」ととることもできる。

 

この話と関係ないこと書いてたわ。ごめんなさい。

魅力的な太ももは男を虜にする

太ももの虜

太ももと性欲の関係性

俺は魔法のランプのように、彼女の太ももこすった。

 

柔「ヤダっ!くすぐったい~(笑)」

彼女はほっぺたを赤く染めながら、濡れた瞳をして言う。

 

(よし…嫌がってはなさそうだ。)

俺はさらに入念に太ももをこすった。

 

ランプの精の代わりに出て来たのは、黒くて大きな性欲の塊だ。

小さくて、いつも被ってる俺の息子も、パンツの中で反応を示している。

 

「キス…していい?」

ダメモトで言ってみる。

 

柔「んも~…。」

彼女は俺に膝枕をしながら、前かがみに体を折り曲げた。

どこかの骨がパキパキと音を立てる。その音は彼女の太ももを通して俺に伝わる。

 

(そんなに無理したら…ヘルニアになっちゃう!)

 

唇が触れるたび、濃厚なキスになっていく。

さっき食った焼き鳥も、おつまみの柿の種も、唾液中のフレーバーに混ざりこんでいる。

 

(これって・・エッチOKってことだよね?)

今日から俺は太ももフェチです。

俺は柔ちゃんの太ももを早く拝みたかった。

俺は膝枕から起き上がり、ディープキスを繰り返しながら、ズボンのボタンを外して脱がしにかかる。

 

柔「え?いきなり?そっちから?」

彼女の表情は戸惑いながらも抵抗しない。

赤いパンティの画像

ズルズルとズボン脱がすと、真っ赤で面積の小さいおパンティが顔を出した。

 

(これは…勝負パンツだ。どうみても。)

 

その三角形のふもとに、待ちに待った太ももが現れる。

まるで薄い膜に包まれているかのように、しっとりと輝いて見える。

その太ももに俺は指先を滑らせた。

スベスベという感触よりも、ペタリと手に吸い付く。

 

柔「やだ!恥ずかしい。」

彼女は真っ赤になりながら、ババシャツをグイッと下に引き延ばす。

赤いパンティはババシャツでほぼ隠れしまったが、代わりに彼女のキレイに伸びた太ももがピックアップされる。

 

(なんだこれは?なんだァ…この太ももは?)

俺の脳内では強烈なインスピレーションがかけ巡った。

 

太ももに合う衣装

 

競泳水着、レオタード、ニーハイソックス、チャイナドレス。

B’zの稲葉さんっぽい短パン。

 

まるで、ワインに合うチーズを探すかのように、俺はその美しい太ももに合う衣装を思い描いた。

 

(今日から俺は太ももフェチだ。太もものソムリエになりたい。)

 

俺は自分を抑えることができず、夢中で柔ちゃんを抑え込んだ。

肉割れのない太ももは一朝一夕では作れない。

彼女はほぼ裸になっていた。真っ赤なTバックだけを残して。

おっぱい好きの俺が、胸への愛撫もほどほどに、彼女の太ももばかりを楽しんでいる。

いつもクールな柔ちゃんはなされるがままで、想像していたよりもずっとドMだった。

 

多くの女性には「肉割れ」というものがある。

急に痩せたり太ったりすると、皮膚の収縮がついていかずに線のような跡が残ってしまう。これを肉割れという。

だけど、彼女の太ももやお尻には、肉割れの跡が一切無かったのだ。

 

「俺‥こんな綺麗な太もも初めてだ。」

うっかり呟いてしまう。

すると、柔ちゃんはめっちゃ嬉しそうな顔をした。

 

柔「えへへ。わたしね。いつもお風呂上りにマッサージジェルでね、一生懸命マッサージしてるの。あとね、毎日スクワット50回よ。」

「…ありがとう。」

柔「え?なにが?」

「その努力にありがとう。」

柔「まぁ、YUちゃんのためじゃないけど、褒めてもらって嬉しい。ケアしてて良かった。」

 

肉割れのない極上の太ももは簡単には作れない。ホントにどうもありがとう。

美しいMの形

「そろそろ入れていい?」

俺が問うと、コクリと柔ちゃんが頷いた。

柔「…明かりは消して欲しいな。」

彼女は今更になって恥じらいを強めた。既にもうアレコレ見てしまっているのに。

 

俺は立ち上がり、照明のスイッチをオフにする。

照明を消すと、テレビの明かりの存在感が増す。

深夜のバラエティ番組では、ひな壇芸人たちが爆笑していたが、今は全く興味を惹かれない。

 

俺はコンドームをダメ息子にかぶせると、彼女の太ももの奥先へ進んでいく。

M字に開脚された彼女の長い脚は、とても芸術的でハレンチだった。

 

赤いパンティはその形状をほぼ保ったまま、少しだけ横にずれている。

そこから、彼女の薄い陰毛が申しわけ程度にはみ出していた。

そして、卑猥な貝がヌラッとした光をはなち、俺を待ち受けていた。

 

パンツを脱がさず挿入しようとする俺に、彼女は何も言わなかった。

「そういう性癖の人」と認識されたのだろう。許されるレベルの変態で良かった。

 

柔ちゃんのマ〇コの配置は少し「下つき」で、チ〇コを入れるのに手間取ってしまう。

彼女のふくらはぎを肩に乗せて、腰を浮かせてやると、ようやく中へと入っていった。

危険な新体位「太もも幸せ固め」

柔「あっあっあ!あんあんあん♡(語彙力0)」

 

俺は懸命に腰を振る。

俺の顔は左右の太ももに挟まれるような形になり、むしろ俺から挟まれるにいっているようでもあった。

 

柔「ねぇ…ギュってして…ギュってして欲しい♡」

 

俺は左右の太ももを両手でギュっと握り、自分の顔を挟み込んでみた。

太ももバーガーの出来上がりである。

 

柔「そっちじゃねえよ。わかるだろ。」

 

ようやく「ギュっとしての意図」を理解し、俺は彼女に覆いかぶさってハグをする。

無理な体勢に、二人の骨がパキポキと鳴った。

柔ちゃんの体が柔らかくなかったら、いまごろ脊椎損傷の大惨事になっていたに違いない。

 

彼女の尻の肉に当たって、パンパンという破裂音が鳴り響く。

柔ちゃんのアソコは息子をギュウギュウと締め付ける。彼女の両太ももが俺の頸動脈を締め付ける。

 

(なんて息苦しい体位なんだ…でも、気持ちよくて幸せな気分だ。)

俺はその体位を「太もも幸せ締め」と名付けた。

 

「あ!だめ!出るわ!」

ビュビュビュ~!!

ゴムの中に精子がはじけ飛ぶ。

 

俺はあっというまに果ててしまった。

いつも挿入中の描写が少ないのは、きっと俺が早漏だからだろう。

 

(柔ちゃん…あんた…金メダルや。二回戦目はもっと頑張るから。ちょっと待ってて。)

柔ちゃんのエピローグ的なその後

この日から一年半の時が過ぎた2011年3月。俺は久しぶりの出会い旅を企画していた。

柔ちゃんにも会いたかったので連絡を取ってみた。すると、彼女はすでに結婚していた。

5月に女の子が産まれるらしい。つまり「できちゃった婚」である。

 

順序をまちがえたこと、旦那が借金持ちのダメ男だったことで、結婚式を挙げられなかったのを悔やんでいたけど、

「早く子供が欲しい」と言っていた彼女の願いは叶ったのだ。

あの素晴らしい太ももは、一度限りの太ももで、今は誰かの太ももだ。

もう触れることができないのは残念だけど、心からお祝い申し上げます。どうか末永くお幸せに。

続き➡ガールズバーの女店員とプライベートでデートする。ホテルに誘ったらどうなるの?