彼氏持ち女を別れさせた方法。相談されたら不満をあおれ!

ワイ、彼氏持ちの女から突然食事に誘われる。

苺「YUさん一緒にご飯に行きません?」

彼女からメールで連絡があったのは、初めて彼女と会ってから2週間後のことだった。

初アポの話➡彼氏持ちの女とデートしてきた結果

皮肉なことに苺女から連絡が入った瞬間、俺はAmazonで彼女(衛生女)にバレンタインのお返しを選んでいた。

(俺から誘うんじゃなくて、相手から誘われたってことは、最初のデートも悪くなかったのかも?)

誘いを断るべきかどうか迷ったが、それはそれ、これはこれ。

 

「ご飯いいね!・・でも彼氏となんかあったん?」

苺女には彼氏がいる。彼女の倍近くもある40代の彼氏だ。しかも、あまり上手く言っていないらしい。

苺「それは会ってから話します。だから相談に乗ってください。とにかくお酒が飲みたい気分なんです!」

 

(ほほぉ・・これは。いよいよかしら?)

苺女はあまり酒が強くない。そんな彼女が飲みたいというのだから、何やら大きなストレスを抱えているに違いない。

(女の相談や愚痴は聞き慣れている。むしろ俺のフィールドだ。)

イケメンではない俺がカワイイ子を落とすには、コツコツと信頼を勝ち取らなければならない。

フットワークが命。呼ばれたらスグ駆けつけます。

早送り

「そうか・・。よし、お兄さんが話を聞いちゃる。んでいつ会う?」

苺「今日・・じゃダメですか?」

時間は既に午後8時を回っている。まさかのいきなり出勤でござる。

 

「急だねえw・・別に良いけど。」

苺「やった!・・ワガママ言ってすいません。」

「でもこっちのほうまで、出てきてね。」

彼女の家は遠い。むこうのテリトリーで飲むのはさすがに億劫だ。

 

苺「職場が博多駅の近くなので、どこでも良いです。」

「あ、そうだったね。もう仕事は終わった?」

苺「はい。終わりました。」

「じゃあ博多駅まで行くわ。時間は・・30分後でいい?筑紫口で待ち合わせしよう。」

苺「ありがとうございます。」

メールを終えると、俺は風呂場に直行しシャワーを浴びる。なぜなら、昨日は風呂に入っていないから。

シャワーを浴びながら歯を磨く。なぜなら、今日は歯を磨いていないから。

わずか5分で身を清め、10分後には「ヨソ行きモード」になっている。ハゲは便利だ。

 

女と会う時は、部屋の掃除をしておくのがマナー

(ちょ、待てよ?わざわざ俺に会いたいって言ってるわけだし・・今日こそヤレるんでねえの?)

 

「急いで部屋の掃除や!(見える部分のみ)」

床にクイックルワイパーをかけ、ベッドシーツに掃除機とファブリーズをかける。

まるで早送りで動いているかのように、体がキビキビとよく動く。

 

「よし!これで泊めれる!連れこめる!」

俺はマンションを飛び出すと、タクシーに飛び乗った。心拍数がアベレージを大幅に上回っている。

5分ほどで筑紫口に到着。時間もジャスト。完璧だ。

俺はタクシーを降りて、駅の入り口をキョロキョロと周りを見渡す。

博多駅の筑紫口は人が多いけれど、慣れれば待ち合わせスポットとしても有用だ。

俺の視界に一人の女が入った。その女はうっすらと光り輝いて見える。

(これは・・運命?)

いや、下心でよく見えているだけだ。でも今日は何かが起こりそうな気がするのだ。

彼氏の相談を他の男にする女は脈アリ?

彼氏の相談を他の男にする女は脈アリなのか?

ケースバイケースではあるが、YUTAROの経験から言えば脈アリなケースが多い。

そういった恋愛相談は女友達に話すのが普通である。女性同士のほうが気軽だし、「結論が出なくても構わない」というスタンスだったりする。

逆に、男性は比較的早く結論を出そうとするので、「いっそ別れちゃえよ」的な過激な意見も出やすい。

もし、相談相手がその女性に好意があるのなら、別れさせる方向に足を引っ張ることもある。

それでも他の男に彼氏の相談をするということは、

  1. その男を信頼している。
  2. その男が好きで乗り換えたいと思っている。
  3. 相談できる女友達がいない。
  4. 誰でもいいから相談してスッキリしたい。
  5. ただ単に彼氏の気持ちが知りたい。男性の意見が聞きたい。
  6. 彼氏と終わりかけている。
  7. 彼氏以外に男を見つけようしている。(魔性の女)

このどれかだろう。他にもあるかもしれないが、思いつくだけ箇条書きにしておいた。

とりあえず、彼氏持ちの女に相談される男性は、それなりの「好意」や「信頼」を置かれていると思う。

まだ彼女とは会って二回目だが、相談相手に選ばれたということは喜ぶべきことだ。

それに今回は食事もセットだ。口説き落とせる可能性は高い。期待していこう。

彼とケンカした時こそチャンス!相談は親身になって聞くべし。

俺は、すぐに苺女を見つけることができた。

今日もカジュアルな装いだが、女の子ぽくてセンスが良い。

服装にあまり興味がない衛生女とは大きな差を感じる。

「おまた!」

俺はそう言って彼女に近づく。

苺女の顔を間近で見ると、目の当たりが少し腫れぼったいのがわかった。

(もしかして・・泣いたのかな?)

今日はちょっと濃い話が聞けそうだ。

 

苺「ごめんなさい・・なんか無理言って来てもらって。」

「全然、ちょうどお腹も減ってたし、また会えて良かったよ。」

他愛もない話しでジャブを入れつつ、ホテルブロッサムの地下にある「赤坂うまや」という居酒屋へ。なかなか小綺麗なお店である。

 

「ジャンジャン食べて飲んで、おごるから!」

苺「そんな・・わたしから誘ったんで払いますよ。」

「いーのいーの。ストレス溜まってんでしょ?てか明日は休み?」

苺「休みじゃないですけど、遅番で12時出勤なんで飲めます!いや、今日は飲みます!」

「おし!その意気や!」

(これは・・アルコール度数の高いお酒もアリやな・・。しめしめ。)

本来のゲスが顔を出す。

 

「それで、何があったの?」

苺「それがですね・・。私、彼氏と別れちゃったっぽい。」

苺女はため息混じりで言った。

「別れちゃった?ほほぉ・・。そうなんだ。」

俺は神妙な顔で答えたが、内心では「でかした!」と笑顔がこぼれそうだった。

「でもさ、なんでそうなったの?ケンカした?」

苺「この前彼氏の家でご飯作ったんですけど、それが原因でケンカになっちゃって。」

「あらら・・。詳しく教えて。」

ケンカした時の状況をあえて言わせることで、彼氏に対する怒りも再び湧いてくるはずだ。

苺「ハンバーグ作ったんですけど・・焦がして失敗しちゃったんです。」

「あはは・・ハンバーグは焦げるよね。」

苺「それでこんなん食えるか!って彼氏に言われて・・グチグチ怒られて・・。」

彼女が目に涙を浮かべながら語る。よし、いいぞもっとやれ。

彼氏の不満をあおりつつ、優しさをアピール。

涙

「え?ハンバーグ焦がしただけで?わざわざ作ってもらって?それは彼氏が悪い。(ゲス顔)」

俺はナチュラルに彼氏の不満をあおってみることにした。

苺「ですよね?私、全然悪くないですよね?」

「俺だったらご飯作ってもらうだけで、感謝感激雨あられ(昭和)ですわ。」

苺「いつも失敗するわけじゃないし、怒られる筋合いないもん。奥さんでも無いのに・・奥さんでも嫌だけど。」

「そっか・・今まで我慢してきたんだね。」

ここで優しい言葉カケーノ。彼女泣き出シーノ。

 

「ほれ、これで涙を拭キーノ。」

俺はそっとおしぼりを差し出す。

苺「ぐずぐず・・ありがと。ごめんなさい。」

「彼氏さん更年期なのかもね。ほら、年取るとイライラしやすくなるって言うじゃん。あっ!熱燗2合ください。」

この熱燗が苺女に火をつけることになる。

 

苺「付き合った頃は凄く優しくて・・大人で・・。でも最近はストレスのはけ口にされてるかも?って感じる。」

「うわぁ・・対等な関係だと思わってないのかな?下に見られてるとか?」

苺「うん。それはすごい感じる。すごい上から目線でもの言うし。」

「そっか・・。本性がそういう人なら付き合っていくのは厳しいかもね。」

俺は、少しずつ彼氏の不満や嫌な部分を意識させるキーワードを入れていく。

自分が酔っぱって頭が回らなくなるまでに、上手くこなさなければ。

 

苺「最近は彼氏とケンカする事が多かったし、もう限界だと思ってそのまま帰ったの。」

「ほう・・」

苺「それから、もうやっていけないって・・あの人にメール送ったの。」

「んでその後は?彼氏から連絡来た?」

苺「来まくりだけど、ガン無視してます。」

お酒こそ感情を引き出す最強の武器。

ここでようやく熱燗が到着する。お酒は口説くための最強の武器である。

「まあまあ・・とりあえず一献。」

苺「私、日本酒はちょっと・・。味が苦手で。」

「じゃあ・・一杯だけ。」

彼女の徳利に熱いのを注ぐ。乾杯。

 

苺「ファー!めっちゃお酒だぁ!アレ?・・でも、美味しいかも。」

「それはね、ストレスで体がアルコールを欲してるんやで。」

杯を一献、二献、そして三献と傾けていくうちに、苺女の顔は真っ赤になっていく。心なしか目も座ってきている。

そして、異変は起こるのだった。

酔っぱらって感情を爆発させろ。

苺「ほぉお~なんか熱くなってきたばぁい。顔がぽっぽする~。」

苺女は熱燗を数杯を短時間で飲み干した。

酒豪が多い福岡といえど、彼女はまだ22歳だ。

俺に敬語を話していたさっきまでの彼女はいない。なんだか精神年齢もずいぶん下がって来ている。

 

(飲まさないほうが良かったかも・・?)

戸惑いと罪悪感にかられながらも、徳利を傾けて酒を注ぐ。

空になった酒をもう2合ほど追加しておく。

※ここからあえて博多弁も交えてお送りします。

 

苺「なんかぁ!ムカつくばい!」

「・・え?すいません。」

苺女が凶暴化している。

さっきまで「あはは、日本酒って美味しいですね!」なんて言ってたのに・・。

 

苺「違う!YUさんの事じゃないと!彼氏のことばい!オッサンのクセに偉そうに!」

思い出し笑いじゃない・・これは思い出し怒りだ。

こうなると下手に刺激しないほうがいい。

 

「・・彼氏の事はもう忘れなよ。別れたんでしょ?」

苺「ん?んん?あーし別れたんでしたっけ?」

「さっきそう言ったような・・w」

(なにこの子・・酒飲むとオモシロイじゃない。)

でも、次回からは日本酒は与えないことにしよう。

 

苺「あれぇ?ちゃんと別れとるとかいなぁ?ウチら。」

「・・当事者にわかんないなら、俺にはもっとわからんけど・・。」

苺「なんか腹立つ!ハラタツノリ!」

「・・え?」

まさかここで昭和なダジャレが飛び出すとは。

 

苺「ちょっと電話してくるばい!アイツに言いたいこと全部言ってくる!」

「・・ん?今から?誰に?彼氏?」

苺「うん!ぶちまけてくる!YUさんごめん!ここで待ってて!」

「・・はい。」

 

苺女は自らの携帯をつかむと店の外へと出て行った。

今から決着を付けてくるとは・・そこら辺の男よりも、よっぽど男らしい。

酔っぱらうと、感情の制御が効かなくなる人がいる。

ある意味パルプンテ的要素だが、これによって女の子との距離を一気に縮めることもある。

 

ポツーン・・。

 

テーブル席には俺だけになった。はたから見れば、ケンカしたように見えるかもしれない。居心地が悪い。

店員「お、お待たせしました。熱燗二合です。」

店員さんが恐る恐る、熱燗を持ってきてくれる。

俺はそれをお猪口に注ぎ、光り輝く水面をまじまじと眺めた。

 

(・・日本酒って怖えなぁ・・。)

 

彼女を待つこと15分。そろそろ新手の食い逃げを疑い始めた頃だった。

 

苺「うぅ!寒かぁ!」

彼氏との電話を終えた苺女が帰ってきた。

15分前よりも頬の赤身が薄くなっている。きっと少しは酔いも覚めているはずだ。

 

「・・大丈夫?どうなった?」

放置された側としては、ホッとした反面、会話の内容に興味深々である。

苺「私ね。冷え性なんです。」

「うん知ってる!いちご狩りの時にそれ聞いたからね!彼氏との電話のこと聞いただよ。」

会話がかみ合わない。これから、ちょっと苦労しそうだ。

 

「んで?彼氏に言いたいこと言えた?ホントは仲直りしちゃったりして笑」

俺は早口で畳み掛ける。

彼女は浮かない顔でフッと短いため息をついて、お猪口に残っていた日本酒を飲み干すと、また短いため息をついた。

そして、自ら落ち込みおかわりを注いだ。

「こ、これ以上飲むのはやめといたほうが・・。」

俺は彼女の表情と行動で「いい結果」にならなかったことを悟った。

マジで彼氏と別れちゃった。

苺「・・聞きます?」

「いや、そこは聞くでしょう。あんなに躍起になって飛び出して行ったんだから。ずっと待ってたし。」

苺「まずね。最初にめっちゃ怒られた。なんで連絡とれんと?って。」

苺「俺がどれだけ心配したかわかっとるとか?キサン!・・とかなんとか。」

(うわぁ・・彼氏さん北九州とか筑豊の人やん。)

 

苺「あぁもう!電話ごしに怒鳴るから耳が痛か!」

最初に会った頃の癒やし系はもういない。

「それで?なんて返したの?」

苺「こっちも怒られてカチーンきたったい。私になんか言うことないと?謝ることないとね?って言った。」

「そしたら?彼氏なんて言ったの?謝った?」

苺「んでヤツはなんのこと?ってシラ切ったんよ。酷くない?」

(徐々に口が悪くなってきてんな・・)

「あらら。謝らなかったんだ。」

苺「ちゃんと謝れたら許してあげようと思ったのに・・。いいオッサンなのに謝ることもできないなんて、アイツ脳になんかあるばい!」

「はは・・謝るの苦手な人って結構いるよね。とりあえずオッサンを代表して俺が謝るわ。ごめんなさい。」

苺「私もプッツン切れて、この前のこととか、ムカついとぉこととかも全部言ったんよ。」

俺のギャグはあっさりスルー。・・悲しい。

 

「それで?」

苺「彼氏に逆ギレされたっちゃん。お前みたいな、女の風上にも置けないヤツとは付き合えないって言われた。」

「風上」とか付けるだけでそれっぽく聞こえるのはなぜだろう・・。

「え?ってことは?」

苺「こっちから別れるつもりで・・最後に文句言おうと思って電話かけたのに・・先にフラれたと。」

そこで俺は吹き出してしまった。こんな時に笑ってはいけない。だけど無理だった。

 

苺「笑わんで!すっごく悔しいんだから!」

「ごめんごめん!・・まぁ結果は同じなんだし。」

苺「なにがよ?」

「彼氏と別れるって言う結果。」

苺「確かにそうっちゃけど、余計にストレス溜まったばい。・・ジーザス!」

「でも、嫌いになったほうがスッパリ忘れられるって・・言うやん?」

苺「うん。それはそうだけど・・。」

ジェットコースターのように、激しい感情を出したせいで、苺女の顔には疲労の色が見える。

「とにかく彼氏と別れてフリーになれたね。さぁ乾杯しよう♪」

お持ち帰り?家に呼んだら来るらしい。

「まあ今日はとことん飲もうぜ!なんならウチで飲み直す?」

まだ午後10時過ぎ。誘うにはちょっと早いかもしれないが一か八かだ。

苺「YUさんち・・ここから近いと?」

「美野島だから、近いっちゃ近いかな?」

苺「じゃあ、お邪魔しよっかな?でも、エッチなことしちゃダメだよ。」

「ファー!下心見抜いちゃって!」

しっかりとクギを刺されるが、女性にとってこのセリフは社交辞令みたいなもんだ。

どうにでもなる・・はず。

「よし!コンビニでお酒買って行こう。うちに美味いチーカマがあるんよ。」

とにかく今日は人の別れにリアルタイムで立ち会うという、とても珍しい経験をした日だった。

今日、彼女は彼氏の相談したいだけだったはずだ。

ウッカリ別れたのは、俺が不満をあおったせいかもしれない。(あと酒)

だから、責任をもって略奪愛させていただこう。まだ暖かいうちに。

続く➡泥酔女をお持ち帰り。セックスOKの判断と好感度を上げるには?