本日より相談の返信を開始致しました。まずはメール相談を返信させていただきます。LINE相談に関しては25日からとさせていただきます。

【妖精】名古屋の人気マットヘルスで「ローションぬるぬるプレイ」が気持ちいい!

忘年会の二次会は風俗に行く。それが俺たちのやり方。

時は令和元年。今年も残すところ後わずかだ。

ようやく、師走の忙しさから解放され、俺は地元の名古屋へ帰省していた。・・そして奇声を上げていた。

今日は古い友人連中で集まって、毎年恒例の「メンズオンリー忘年会」である。

宴もたけなわ。俺達はイイ感じに酔っぱらっていた。

 

盛り上がる輪の中で、友人の誰かが呟いた。

「そろそろ・・いくか?いつものヤツ。」

それに応じるように誰かが呟く。

「お・・アレか?」

そして、俺はヒ〇クライムの名曲「春夏秋冬」のメロディにのせて歌った。

 

「今年の冬はどこに行こうかあ♪」

 

まだ誰もあからさまなキーワードを出してないが・・これは「風俗」の話である。

仕事からも、そして嫁からも解放される「この日」は、みんな一発抜きたいのである。

 

そして会議は始まった。

俺達はスマホを手に、風俗情報サイトを見ながら「あーだこーだ」言っている。

「マットか?」「ベッドか?」「花びら回転か?」、調子に乗って「金津園」なんて暴れた案を提出してくるヤツもいる。

 

・・だけど、なかなか決まらない。

自分一人の時で風俗に行く時ですら、

「どの店にしようか?」

「いやいや!もっとカワイイ子がいるはずだ!」

と何時間も悩み抜くというのに・・。それが、わんぱくモードに入ったオッサン連中なら尚更だ。

だけど・・それが楽しいのだ。

嫁が怖い・・愛妻家あきひろの戦線離脱

そんな浮ついた輪の中で、一人浮かない苦笑いを浮かべている男がいた。

友人のD(本名あきひろ)だった。

 

「オマエ・・まさか・・また?」

友人D「嫁が・・。嫁がコワイ・・。LINEスッゴイキテルヨー(泣)」

Dは愛妻家を貫き通すナイスガイだ。それは5年前とちっとも変わっていない。

その時の話:「べっぴんコレクション」に潜入。名駅近くのヘルスで花びら三回転を堪能

 

友人A「いや・・俺もやめとく。なんか体調悪くて・・風邪っぽいんだわ。インフルかもしれん。」

「え?オマエも?この中で一番風俗好きなのに!?」

しかしインフルに居てもらっては困る。はよ帰って寝ろ。

 

恐妻家のDとヘルス大好きっ子のAは、申し訳なさそうに帰っていった。

(よいお年を・・。)

 

チーム戦力は激減し、みんなのテンションが下がりはじめる。

このままでは、毎年恒例の行事「二次会はみんなで風俗へ行こうよ♪」・・が危ない。

仲間の死を超えてイケ!「人数少ないほうがカワイイ子に当たる」

失望で淀んだ空気の中、友人Cが言った。

C「まあ・・仕方ねえよ。それに人数減ったほうがカワイイ子選べるだろ?俺達の競争も減るし。じゃんけんの回数も減る。それに年末の連休だから全員に(嬢が)つくかもわからんし。それにあきひろが帰ったって事は、もうあんまり時間ないぞ?あいつシンデレラより早く帰るけど店閉まっちゃうぞ?」

Cは言い終わると、ドヤ顔でくいっとメガネを上げた。

(コイツ・・クレバーにも程がある。仲間の死すら自分のメリットにすると言うのか?・・しかもメッチャ早口だし。てか、コイツ風俗に行きたいだけだろ。)

俺は脳内から早口で返した。

 

しかし、Cの言葉はチームの心を突き動かしたのである。

そこからはもう仕事だった。俺達は各自でスマホを操作しながら「報・連・相」を繰り返した。

(オマエら全員、風俗に行きたいだけだろ。)

俺は脳内でツッコんだ。

候補は妖精。電話してみた。

「はーい!ボクは妖精が良いと思いまーす!」

B「妖精?どんな店よ?」

「妖精はマットヘルスで有名な店であーる。」

E「ふーん。場所はどこらへん?」

「納屋橋かな?・・いや国際センターあたりだったわ。」

C「ほう・・マットか悪くない・・YUTAROよさっそく妖精に電話してくれ。」

「へい!リーダー!」

 

プルルルル!プルルル!

 

妖精の人「はい!妖精でございます。」

「あの・・今からなんですけど、四人っていけますか?」

妖精の人「今からですと、お二人様はスグにご案内できますが、年末なので早めに来ていただかないと、全員は厳しいかもしれませんね。最終のご案内も迫ってますし。・・どうされます?」

 

電話の声は畳みかけるようで、妖精の中の人は、少しイラついているようだった。

(もしかして・・怒ってます?)

俺が酔っぱらって上手くしゃべれなかったので、妖精の人も冷やかしだと思ったのかもしれない。

 

「・・ちょっと、みんなと相談してみます。すいません。」

俺は戸惑いながら電話を切った。小心者で打たれ弱いのだ。

 

C「どうだった?」

「なんか、二人はスグにいけるみたいだわ。あとは知らん。・・どうする?」

 

C「行くぞ・・妖精。タイムリミットが迫っている。」

CからGOサインが出る。今日は妙に頼もしい。

 

B「いよおおおし!イクぞ!妖精!」

Bが威勢の良い声を上げた。

 

E「・・妖精か・・マットヘルスだろ?」

Eはあまり乗り気じゃない顔をしている。

 

俺「わーい!マットだ!マットだ!妖精だ!」

俺は相変わらずアホだった。

 

居酒屋というオープンな空間で、オッサン連中から「妖精」というフレーズが響き渡る。周りから見ればかなりヤバいヤツらに違いない。

 

俺たちはジョッキに残った酒を勢いよく飲み干すと、勢いよく立ち上がる。

そして、意気揚々とつばめタクシーへ乗り込んだ。

行こうぜ!妖精へ。ローションの海へ。

タクシーの車内では、ある者は腕を組み、ある者は貧乏ゆすりをしながら、それぞれのやり方で緊張と高揚を誤魔化している。

だけど、考えている事はみんな一緒だ。

一刻も早くマットという船の上でローションの海に溺れたいのだ。

 

B「海賊王に俺はなる!」

突然Bがシャウトする。

「おい!どうした急に?・・大丈夫か?」

B「風俗に俺は行く!」

C「なんだ?なんだ?」

B「いや・・響きがなんか似てるって思ってさ。・・はは。」

(12月だもんなあ・・いろいろ疲れが溜まってるんだなあ・・。)

 

江川線を曲がりタクシーは停車する。俺たちの視界の先には爛々と下品な光を放つ建物があった。

 

「ああ・・妖精さん・・会いたかった♡」

俺はそう呟くと、ついでに店の写真を撮るのだった。

妖精とは?ちょっと説明させてくれ。

妖精の店舗写真

ちなみに妖精とは、名古屋で長い歴史を誇る人気のマットヘルスである。

場所は名古屋の国際センターの近くにあり、住宅街?のなんとも言えない場所にポツンと存在している。

「なんでこんなとこに風俗が?」

きっと誰もがそんな言葉を吐くに違いない。・・近所の住人はどう思っているのだろう?

 

錦・栄を牛耳る「巴里(パリ」、国際センターの妖精。この二つが名古屋マットヘルス界の二大巨頭と言われたり、言われなかったりしている。

妖精のウェブページ(ヘブンネット)

妖精の料金システム

妖精は「高級マットヘルス」の位置付けにある。微妙な場所にあるにも関わらず料金はまあまあ高い。

入場料 2,000円
指名料 1,000円
45分コース 15,000円
60分コース 20,000円
75分コース 25,000円
90分コース 30,000円

ちなみに今回俺たちは45分のコースだったが、一人あたり18,000円かかった。90分ともなると中級ソープレベルの料金と言って良い。

パネル争奪戦!誰がどの女の子を指名する?

あらかた記念撮影を終えると、いよいよ店の扉を開ける。

明るい店内は清潔で、高級ソープと言われても遜色ないほどだ。

 

俺たちに気づいたのか、妖精のボーイが近寄ってくる。

妖精ボーイ「いらっしゃいませ。あ・・先程4名様でお電話頂いた方ですか?」

「覚えていてくれたんですね~♡」

感動の再会である。

 

妖精ボーイ「ありがとうございます。ご案内しますので靴を脱いでコチラへどうぞ。」

脱ぐのは靴だけだ。服はまだ早い。

 

待合室に入ると殺気を放った戦士達(先客)が4人座っている。

(チッ!混んでやがる。俺たちと合わせて8人だと?・・全員ヌケるのか?)

 

俺達が席に座ると、ボーイがおしぼりとお茶を持ってきてくれる。

だがしかし、今はおしぼりよりも嬢の顔写真とスリーサイズが記載された「パネル」が必要なのだ。

俺達は雑談をしながら茶をすすっていると、待合室から二人の戦士が部屋の外へと消える。「ご案内」である。

 

そして案内を終えたボーイが待合室へと戻ってくる。

(ん?・・右手に何か持ってる?)

 

それは嬢の顔写真やプロフィールが載った「あのパネル」だった。

待合室にいる全員がパネルの存在に気が付くと、部屋全体から蒸気のようなプレッシャーがムワッと噴き出した。

俺達は、そのパネルの情報だけを頼りに、相手の女の子を決めることになる。

その情報に「パネマジ」という嘘と悪意が含まれていたとしても信じるしかないのだ。

 

(は、はよ見たい!)

・・ここからはきっと壮絶な戦いになるだろう。

 

「こちらのお客様はご予約されておりますので、申し訳ございませんが、お先にご案内させていただきます。」

ボーイは丁寧な口調で、前に来ていた二人の男性客に説明する。

 

(・・?俺達って予約してたっけ?)

まさかの優遇措置だ。先客には悪いがラッキーだ。

 

ボーイが俺達のテーブルへパネルを広げる。7枚もあるではないか!

C「うおおお!これがいろはちゃんね!これはりおちゃん!」

これまで冷静を保っていたはずの友人Cが、雄叫びを上げながらパネルを一人占めした。

 

(いい歳して・・なんて手癖の悪いヤツなんだ。)

もちろんそんな暴挙は許されない。俺達はなけなしのお小遣いを握りしめ、風俗に来ているのだ。

全員でパネルを取り返し、仲良く順番にパネルを回していく。

 

「うおお!なんか全員カワイイ!この店レベル高いぞ!」

「うおお!お兄さんこの子は何分待ちですかあ?」

 

妖精ボーイは俺達のロクでもない質問に答えながら、「この〇〇ちゃんは人気」「〇〇ちゃんはプレイに定評がある」とさりげなくオススメ情報をくれる。

 

「全員決まったな?いいか?いっせーので気に入った子の写真を指せよ?」

 

いっせーのー!せっ!

 

・・こんな事があるのだろうか?全員が一人として被ることなく、違うキャストを選んだのだ。

全身全霊を込めた「じゃんけん大会」は起こらなかった。

振り返ればベッドプレイを選ぶアホがいる!

妖精ボーイ「皆さんマットコースの45分でよろしいですか?」

E「いや・・俺はベッドプレイで。」

そこでまさかの「待った」がかかる。これまで寡黙を貫いてきた友人のEだった。

妖精ボーイ「あのー当店はマットプレイに力を入れておりますので、マットプレイをオススメしますが?」

 

E「いや、俺はベッドがいい!」

店員の説得にも、Eは全く聞く耳を持たない。これが本当の「こどおじ」なのかもしれない。

 

「Eくん?Eくん?・・なぜだい?それ焼肉食いに行って肉食わないようなもんだよ?」

E「俺はなぁ~攻めたいんだわ!マットだとよぉ~ヌルヌルして自由に動けんのだわ。だからベッドしかせんようにって決めとるんだわ!」

(・・なんだコイツ。名古屋弁丸出しで・・アホかな?)

 

という事情で、E(アホ)だけはベッドプレイを選びやがった。有名マットヘルス店のローションプレイを味わうこともせずに・・。

いったん退店・・オシャレなバーで風俗サイトを俺は見る!

(とにかく・・後はプレイを待つだけだ。)

 

ボーイさんに無理を言って、全員の開始時間を合わせてもらったため、結局プレイ開始は一時間後になってしまった。

ボーイ「必ず戻ってきてくださいね。遅れた場合は返金できませんので。」

俺達は料金を支払い番号札を受け取ると、一旦店を出ることにした。

 

(妖精さんよぉ~融通利きすぎるぜ!)

 

だが、なかなか店が見つからない。通りにある居酒屋も早めに閉店してしまっている。年末年始の連休のせいだろうか?

4人で堀川沿いの道をぶらぶら歩くと、雰囲気の良いバーを見つけたので入ることにした。

堀川沿いのバー

店内は若い男女で盛り上がっている。

そんなリア充どもを横目に、俺達だけが風俗サイトにアクセスし、妖精キャストの「写メ日記」を読み漁っていた。

「虚しい」だとか「恥ずかしい」なんて感じている余裕はない。

風俗に行った友人達

風俗に行った友人達

C「おい!YUTAROの選んだ女の子めっちゃ可愛いがや!」

「え?はるちゃん?うおお!やったぜ!」

 

胸を弾ませながら時間は過ぎていく。そして、いよいよ妖精への帰還を知らせるアラームは鳴るのだった。

いよいよ妖精ガール「は〇ちゃん」とご対面。

一行は急ぎ足で、妖精へと戻る。待合室に入ると、さっきの二人はいなかった。

ボーイさんがもう一度暖かいおしぼりを出してくれる。

俺は爪が伸びている事に気づき、急いでテーブルの爪切りでカットした。

 

妖精ボーイ「〇〇番のお客様~お待たせしました。」

(・・誰だ?誰の番だ?)

 

B「あっ・・お先ですわ。」

にやけ顔を浮かべながらBが立ち上がり、扉の向こうへと消えていく。

 

ボーイ「〇〇番のお客様~」

スグに次が呼ばれる。Cが小さな声で「ウシッ!」と言って去っていった。

残ったのは俺とE。余裕のない表情で牽制しあう。

 

ボーイ「〇〇番のお客様~」

「はーい!」

俺は手を上げる勢いで立ち上がった。

(いよいよだ・・待ちに待った「ローションヌルペチョプレイ」の始まりだ!嬢とのご対面だッ!)

待合室を出ると、階段の前にOL風の制服を着た女の子が立っていた。

微妙すぎるパネマジ詐欺

「はじめまして~は〇です。」

顔はかなりカワイイ。しかし、パネルに記載されていたスリーサイズより、ぽっちゃりして見える。・・目の錯覚だろうか?

 

は〇「今日はどちらから来られたんですか?」

「福岡から来たよ。」

は〇「めっちゃ遠くから来たんですね!お仕事?」

「いや、地元が名古屋でさ、友達で集まって忘年会なんだわ(笑)」

は〇「わー!楽しそう!」

「そうなんよ!楽しすぎて妖精きちゃった。」

は〇「ノリが若いですね~じゃあたくさん気持ち良くなってね♡あっ服脱いでください。」

俺は光速で服と下着と帽子を脱ぎ捨てた。

そして、は〇ちゃんが脱いでいく様子を熱く見守った。

 

(うむ・・肉付きがいいケツだ。微妙にパネマジだが・・。)

 

二人はシャワールームへ移動する。は〇ちゃんがシャワーで身体を丁寧に洗ってくれる。

 

「は〇ちゃんってさ、歳いくつなの?」

は〇「お兄さんは?」

「俺はもうアラフォーだよ。」

 

は〇「わたしもね。結構歳いってるよ。」

「え?20代だよね。まだ若いやん。」

 

は〇「いや・・もうちょっと上かな。」

(ああ・・正直なはるちゃん。・・童顔だし美人だからまあいいか。)

 

でも風俗経験が増えてくると、これくらいのパネマジ&プロフィール詐欺はどうって事ない。

俺も出会い系でプロフィール詐欺をしているのだ。(ちょっとダケね)

 

とにかく、妖精の「パネマジ」は絶妙なラインだ。

そして「ローションぬるぬるプレイ」が始まった。

は〇ちゃんがマットの準備をしている。大きなマットがプレイルームに横たわる。

俺は、少し離れた場所で、は〇ちゃんのブリンとしたケツを見守った。

 

は〇「おにいさん、うつ伏せで寝転がってね。」

 

さっそく、俺はマットと抱き合っている。

マットプレイ・・いや風俗での「うつ伏せ」と「仰向け」には大きな差があるのだ。

・・もちろん仰向けのほうがいい。ドブスが出てきた時は例外だが。

 

俺の背中や太ももに暖かいローションが振りまかれ、は〇ちゃんの手によって全身へいきわたる。

そしては〇ちゃんの胸が、唇が、太ももが、俺の背中を滑った。

(キミは氷上の妖精?・・いや、マットヘルスの妖精だ。)

 

「は〇ちゃんの肉厚な感触が、より高い密着性を生み、ローションとの相乗効果を生んでいますね。(Amaz〇nレビューより)」

もし彼女が痩せていれば、この感触は味わえなかっただろう。

 

「摩擦の無い世界で、微かに感じる、は〇ちゃんの乳首の感触。きっと全米が泣くんじゃないかな?・・★5点です!(楽〇レビューより)」

 

 

「・・あっ・・今日すぐイクかも?」一瞬そんな考えがよぎる。

 

時折、マットが「ブッ!ブッ!」と合いの手を入れてくる。それはきっと俺へのエールだ。

 

そして、俺のチ〇コを「いい塩梅」で刺激する。

言葉で表そうとしたが、今はマットプレイに集中させてくれ・・。とにかくいい塩梅だ。

 

は〇「次は仰向けになってくださーい。」

「はーい♡」

俺にとってのウィークポイント「お乳首様」を、彼女の舌先はボール遊びをする子犬のように追いかけ回した。

 

「ぬあああ!」

は〇「・・くすぐったい?」

「いや続けてください。・・ぬあああ!」

あんまり攻められない!

お次は69の体位になる。

ようやく・・ようやくチャンスが巡ってきた!攻めるチャンスだ。

 

(んん?攻めるチャンス・・?)

マットプレイでは男性側になかなか攻めるチャンスが巡って来ない。

 

E「俺はなぁ~攻めたいんだわ!マットだとよぉ~ヌルヌルして自由に動けんのだわ。」

あの時のEが吐いた言葉が、頭をよぎる。

こう言う事か?おまえが言いたかったことは。(アホとか言ってごめん。)

 

Eの言葉に感心しながら、俺はは〇ちゃんのマーンを必死で舐めた。

マットプレイでの攻められる時間は、45分間で3分くらいなのだ!

 

「ねえ、指入れていい?」

は〇「・・一本だけよ。」

一本だけか・・。このセリフどこかで・・聞き覚えがある。

 

「ビール飲んでいい?」

嫁「は?一本だけだよ!肝臓の数値悪いでしょ?」

そうか・・は〇ちゃんは俺の肝臓をいたわってくれているのか。

 

俺はなんとも言えない気持ちになって指を挿入した。

そして、は〇ちゃんの吐息が漏れる。

マットプレイの洗礼?なんかイケない。

短かった「攻めの時間」が終わる。

かまわない。俺はMよりのSだからだ。むしろ、は〇ちゃん乳首舐めを堪能していたい。

 

俺は再び、仰向けになり。彼女の舌先をじっくりと味わっていた。

 

(う・・い、い、イキそう・・でもイカない!)

ワシはさっきからこれを繰り返しておる。

 

ローションの摩擦係数の少なさのおかげか?それともオナニー慣れしすぎたせいだろうか?

2019年下半期から、俺は誰ともセックスをしていない。

 

俺は腰をカクカクと動かし、彼女との合同作業で、射精の決めてとなる状況を作りだす。

そしてようやく「その時」が来たのだ!

 

「あ、これ、イク?イクわ!!」

急いで、は〇ちゃんが俺のチ〇コをくわえる。

 

(!!・・・・あれ?)

 

「は〇ちゃん・・聞きたいんだけど・・俺、イッたっけ?」

本人がわからないのに、彼女がわかるはずがない。

は〇「え?(笑)うーん・・お口の中が苦かったから、イッたと思う。」

老いを感じた瞬間だった。

 

時間が押していたため、急いで着替える。

妖精を出ると、見慣れた顔が並んでいた。

彼らからは、さっきまでのギラギラとした殺気は消えており、全員が爽やかな笑顔を浮かべていた。

 

俺たちは、近くの藤一番らーめんへと向かう。

「さあ、ラーメン食いながら風俗反省会だ!」

ーーー劇終ーーー

YUTARO
この記事が面白いと思ったら、Twitterで「リツイート」か「いいね」してね♡