ワクワクメール体験談

プレゼントを家に忘れたのでフラれない言い訳考えます!

投稿日:2018年4月11日 更新日:

ごめんね

フライング(12月23日)のクリスマス祝いから一夜明け、今日はクリスマス・イブ。

 

苺「おはよぉ・・ご飯作るけど食べれる?」

苺女と軽い朝食をともにして、玄関先で仕事へと送り出す。ッチュ!

当たり前になりつつ毎日も、彼女が東京へ行ってしまえば、終わりを告げるだろう。

 

昨日は考えすぎてあまり眠れなかった。彼女を見送った後、軽く仮眠を取る。

正午頃に目を覚ますと、二股クズ野郎の、新しい一日の始まりだ。

 

風呂に入って、部屋の掃除。

布団にファブリーズをたっぷりかけて、布団乾燥機にかける。

入念に苺女の痕跡を丹念に消していく。

 

「東京か・・。遠距離か・・。二年間か・・。」

 

ぼーっと頭の中で、その言葉を何度も思い浮かべながら、クイックルワイパーが床を前後に滑っていく。

なぜか作業は捗り、キッチンのレンジフードや、網戸の雑巾がけにまで手を出してしまう。

 

「あれえ?部屋の中がピカピカになっとるやんけ!誰や!こんなにキレイにしたヤツは!・・俺か!あはは!」

 

気が付けば、「年末大掃除」になっていた。真っ黒になった雑巾が、今日の頑張りを物語っている。

 

「ん?・・いま何時?」

スマホをチェックすると、いつの間にか18時を回っている。

 

「あわわ・・!」

もう一人の彼女とのデートまで一時間もない。

急いでシャワーを浴び、シャツにアイロンをかける。

 

滅多にアイロンなどかけないから、アイロンじわが縦横無尽に走る。

しわ取りに苦戦していると、もう待ち合わせの時間までギリギリだ。

 

俺は、急いでジャケットを羽織り、マンションの部屋を出た。

小走りで百年橋通りに飛び出してタクシーを停める。

「天神のロフトまで!」と運ちゃんに伝えた。

 

(うう・・道が混んでるな・・遅れるかも?)

(頭がもぞもぞする・・。なんか・・。忘れてるような・・。)

 

その忘れものに気が付いた瞬間、俺は脳内で悲鳴を上げた。

あわてんぼうのボク。クリスマスプレゼント家に忘れる。

(クリスマスプレゼント・・家に忘れたのおお!!)

タクシーの中で、何度もバッグの中を覗くが、やっぱりプレゼントは入ってない。

だって・・入れてないんだもの。

 

運ちゃん「お客さん、ロフトに着きましたよ?ここでいいです?」

「はいいぃ(泣)」

(どうする?どうする?)

 

時すでに遅し・・家まで約10~15分程度と考えると、プレゼントを取りに戻るには、往復で30分はかかる。

大幅に遅刻するしか、プレゼントを取りに帰る手段はない。

 

こんな時にオカンが福岡に住んでくれていたら・・。

オカン「YU君プレゼント忘れとるが~!まー!しっかりせんとかんよ~?(名古屋弁)」

・・的な感覚でお店に届けてくれる・・わけがないか。

もう間に合わない!プレゼントを忘れた時の言い訳

記念日のプレゼントを忘れるなど、言語道断。彼氏として失格だ。

せめて二人の関係のダメージを最小限にする言い訳を考えなければならない。

① 忙しかったから

一番ダメ。女というものは「仕事と私どっちが大事?」なんて言ってしまう生き物だ。下手するとフラれる。

② ワタシがプレゼントだよお♡

もはや漫画の世界。下手するとミンチにされる。俺の性格上、うっかり言ってしまいそうで怖い。

③ 素直に謝る

「こうなったからには、仕方ねえ。・・素直に謝ろう。」

良く考えたら、切羽詰まった状況では、これしか無かった。

そもそも言い訳を入念に用意する時間があれば、家に取りに帰っているのだ。

最低でもロフトで「補欠のプレゼント」を用意して、「実はもう一つあるんだ♪家にね♪」的な事ができるのだ。

 

肩を落として、向かった先は、『ソルカーサ』という今泉公園の横にある洒落たダイニングバーだ。

福岡に複数店舗を展開している『ソル』の系列店の一つで、デートに使うにはオススメ。

 

入り口から薄暗い店内を覗くと、たくさんのカップル達が鎮座していた。

 

「あの・・予約したYUTAROです。」

 

席に案内されると、もう一人の彼女「衛生女」がすでにソファに座っている。

からし色のニットを着て、ストールを肩から羽織っている。いつもよりも大人っぽい服装。キレイだ。

 

彼女は、俺に気付いたのか、不敵な笑みを浮かべていた。

 

「・・お待たせ。メ、メリクリ・・。」

衛「フッ!メリークリスマス・・。」

「飲み物どうする?・・シャンパンにする?」

衛「うーん・・やっぱりビールかな。」

彼女はビール以外は滅多に飲まない。クリスマス・イブでも平常運転だ。おかげで安く上がる。

わざとらしい「演技」と「笑顔」で誤魔化そう

席に腰掛けて、一息着く間もなく、彼女はバッグをガサゴソとやり始めた。

衛「これ・・プレゼント・・。いつも・・ありがとう♪」

彼女は、ハニカミながら、ラッピングされた袋を差し出した。

 

(今ですか?タイミングぐちゃぐちゃだな・・。)

 

「あ、ありがとう・・。じゃあ・・俺も・・。」

俺もバッグをガサゴソとやる。もちろんプレゼントなど入っていない。

 

「あれ?・・プレゼントは・・?たしか入れたはず。え?嘘・・?家を出る前にちゃんと確認したはず・・。」

 

さあ!「ボク劇場」の始まりだ。YUTAROの三文芝居が繰り広げられる。

 

「ちょ・・え?なぜだ?」

深刻に考え込む素振りを見せる。

 

衛「・・どうしたの?」

彼女は心配そうな表情でこちらをうかがっている。

その瞬間、店内にミュージックが流れる。

 

「午前0時を過ぎたら~ イチバンに届けよう~Happy birthday♪Happy birthday♪」

 

これはドリカムの「HAPPY HAPPY BIRTHDAY」という曲。

店員さんが、ろうそくに火が灯ったケーキを運んでいくのが見えた。

 

(おい!まだ19時回ったばっかりだぞ!今日はクリスマス・イブだぞ?しかも午前0時過ぎてないぞ?)

見事に「ボク劇場」をぶち壊してくれた。

仕方なく俺は曲と拍手が鳴りやむのを待った。

 

衛「クリスマスに誕生日って素敵よね。」

「ごめん・・家に忘れてきたみたい。確かに入れたはずなんだが・・。」

衛「え?なにが?」

「あはは!プレゼントっすw」

衛「えーー!何わらっとんねん!」

「ごめん!衛生女からもらったプレゼントも家で一緒に開けよう。楽しみだなあ・・。」

 

ミスの重大さを、やんわりとごまかしながら、今年二回目のクリスマスパーティーは幕を開ける。

気が付けば衛生女と付き合って一年を迎えていた。一年も経てば彼女の扱いというのも、少しわかってくる。

 

「年が明けたらまた温泉に行きたい!・・ねえ?」

衛「わあ!温泉行きたい!行きたい!」

「よっしゃ!帰ったら日程とか決めちゃおうぜ!」

脳は一つのことしか考えられないらしい。だからこういう時は、明るい話題でも振って、ミス(プレゼント忘れた)から相手の意識をそらすと効果的だ。

 

なんだかんだで「プレゼント忘れた事件」も許され(と思う)、衛生女からもたくさんの笑顔がこぼれるようになった。

俺はホッと胸をなで下ろした。

続き⇨ドンキでコスプレを買うときの注意点。

前の日記⇦⇨次の日記

-ワクワクメール体験談
-, , ,

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! , 2019 All Rights Reserved.