彼女の「携帯見せて」に激震が走る!突然始まった浮気チェック

平穏の中、突然訪れた彼女の「携帯チェック」

携帯見せて

大「ほれ携帯見せてみ。」

抜き打ちの携帯チェックは突然にやってきた。

俺は完全に油断していた。背中からバッサリ斬られた気分だ。

 

(なにこの・・デジャヴ感。)

 

海馬くん「YUTAROさん!以前も携帯チェックされた事ありましたよね?だからしっかり準備はできてますよね?」

脳が過去の記憶を運んでくる。そうだった、彼女はこういう女だったのだ。

 

YUTARO(俺)このブログを書いている人。名古屋出身、札幌在住のクズ。元カノの妊娠がきっかけで結婚することになった。

大阪子YUTAROの元カノ。大阪出身で札幌のニュークラで働いている。俺の子を妊娠したため、おそらく未来の嫁となる。

タヌキ女YUTAROの彼女だった人。恵庭市在住の21歳。大阪子の妊娠をきっかけに泣く泣く別れた。

「浮気男は絶滅させる」携帯を見たい理由が怖すぎる。

「でも・・ほら。携帯の中身ってプライベートの塊ですし・・。」

大「別に何か出てきても怒らないから。」

・・いやコイツは何かあったら怒るヤツだ。

「機械ってデリケートやん?うっかり触ると危ないっつーか。」

大「ほら、冗談言っとらんで見せぇや!」

「そもそも、なんで上から目線なの?ボクはアナタが携帯を見たい理由が知りたい。」

大「・・浮気する男は絶滅させるねん。」

あらまあ、ストレートかつ剛速球な理由でございますこと。

この地球上では、一日に100種類もの生物が絶滅しているらしい。

だから、浮気する人間がいなくなっても不思議ではない。でも俺は生きたい。

 

「ちょっと待った!俺は浮気なんてしてないよ?」

大「違う違う。」

「どう違うのさ。悪い事もしてないのに疑うなんて、あんまりだ!」

俺は抵抗して見せた。とにかく時間を稼がなければ。

浮気の芽を摘む。女の連絡先をアドレスから消したい。

大「私たちこの前まで別れてたやん?だから過去のことをどうこう言うつもりはないねん。」

「じゃあ、携帯見なくてもよくない?」

大「問題はこれからなのよ。あんたが浮気しないようにしたいの。」

「・・それはつまり。どうしたいと?」

「YUちゃんのアドレス帳から・・女の連絡先を全滅させるの。」

彼女は終始笑顔だが、目だけは全く笑っていない。

 

(絶滅とか全滅とか・・オマエは恐怖の大王かよ。)

 

俺の背筋には、冷たいものが走りっぱなしで、大運動会が開催されている。

「これから俺たち結婚するやん?夫婦ってさ、信頼関係が大事だと思うのよね。」

大「だから私があんたを信頼できるように、女の連絡先を消すんじゃない。今のうちに浮気の芽は摘んでおかなくちゃ。」

(ぐぬぬ・・。妙な説得力。)

いつもなら「何を理不尽な事言ってんだ!このア〇ズレが!」と反論するところだ。

しかし、最近いろいろありすぎたせいで、俺のメンヘラ化は著しく進行していた。

 

「先生!お母さんは女に入りますか?」

大「なに、遠足のバナナみたいに言うとんねん。はよ携帯出しぃや。」

「恋人とか旦那の携帯なんて、見ても良い事ないって。不幸になるだけだって。」

大「へえ、私が不幸になるような後ろめたい事があるのかしら?」

「いや・・ヤフー知恵袋に書いてあっただけです。孫さんのせいです。」

大「怒らへんから。見せてみ。」

「・・大阪子以外に連絡とってる女なんておらんもん。」

これは真実である。

タヌキ女と別れてから、俺は本当に大阪子以外の女と連絡をとっていない。趣味の出会い系サイトもやってない。

 

(・・だけど携帯だけは見せられない。見せちゃいけない。)

 

この携帯を渡せば最後。きっと彼女は鬼の形相になり怒り狂うだろう。円満になりつつある関係も終わりだ。

 

俺が携帯を見せたくないワケ。

俺が彼女に携帯を見せられない理由は二つある。

  1. アドレス帳に女性の連絡先がたくさん入ってる。
  2. 元カノのメッセージが残っている。

 

まず一つ目の理由「アドレス帳に女の連絡先がたくさん入ってる」である。

その数は、実に4百件を超えている。これまで俺が出会い系で会ってきた女の連絡先だ。

このブログが・・いや俺の人生が、バッドエンディングを迎えるには、充分な破壊力がある。

 

つぎに二つ目の理由「元カノのメッセージが残っている」である。

付き合ったばかりのラブラブなメッセージから、別れる時のシリアスな内容まで、バラエティ豊かな内容となっている。

しかも、大阪子は俺がタヌキ女と付き合っていた事を知らない。

この内容を見られたらタヌキ女の事を「浮気相手」と勘違いしてしまう。可能性も考えられる。

あれだけ心を消耗して別れたのだ。これ以上タヌキ女を傷つけたくはない。

この状況で携帯チェックを逃れる方法なんてなかった。

(どうしたらいい?トイレに駆け込むという方法は?)

女の連絡先を消すのは別に良い。復活もできる。しかしこれだけの数となると、スグに消すのは不可能だ。

一括消去という手もあるが、まっさらになったアドレス帳を見た彼女はどう思うだろう?

そもそも、このタイミングでトイレに駆け込めばめちゃくちゃ怪しい。以前のチェックもそれで失敗している。

 

(いっそ携帯を壊すのはどうだ?)

さすがにトイレに駆け込むよりも愚策である。

証拠は一瞬で消えるかもしれないが、そこまでしたら「浮気をしている」と言ってるようなものである。

彼女から信頼されなくなるという点では、このまま携帯を見せるよりも悪い結果になりそうだ。

そもそも、携帯が100%壊れてくれるという確証もない。

 

大「ほら、はよ。」

未来の嫁が睨みをきかせて、今にも襲いかかろうとしている。

 

絶体絶命の窮地に陥った時、自然界の動物達はどうするだろうか・・?

彼らは遺伝子に組み込まれた「本能」から、生き残る可能性がより高い選択をする。

力のある者は鋭い牙や爪で敵と戦うことだろう。足の速い者は全速力で逃げるだろう。

全身から針を出す者、猛毒を出す者。そして「死んだふり」をする者。

 

「あれぇ~なんか眠い。最近、自立神経がアレなのかなぁ。・・ちょっと寝ていい?」

俺は寝る者だった。

大「うん・・いいよ。携帯渡してくれて、ロックさえ外してくれれば。」

 

(神よ・・どうか私を救いたまえ。)

俺は天を仰いだ。

だけど、上を見れば天井があり、横を見れば壁がある。そこは逃げ場のない四角い檻だった。

そして、どんな言い訳や方法だとしても、「携帯を見せない」という結果は、彼女に疑念を残すことになる。

俺はすでに詰んでいたのだ。この部屋に入った時から。

 

あきらめも肝心。開き直る男。

(もう・・どうでもいいや。)

俺は疲れていた。俺の人生にトラブルばかり呼び込む、この女に疲れきっていた。

もう、抵抗する力も残っていない。

そもそも、そこまでしてお互いの関係を維持しなければいけないのだろうか?

こんな息苦しい関係ならば、こっちから願い下げである。

 

だから俺は、あきらめて全てを見せることにした。

アドレス帳は女の連絡先ばかり、メッセージのやり取りも疑惑だらけ、確かにそれは事実である。

だけど、俺は潔白だ。

「それでも俺はやってない」・・そう言い切るしかない。

 

「わかった、携帯見せるわ。」

大「ほう、物分かりええやん。あん時と違って。」

俺は大阪子に携帯を手渡した。

(ダメだったら、おとなしく洞爺湖に沈もう・・いや、洞爺湖は遠いから支笏湖にしよう。)

 

ワイ、女の連絡先を全消去される。

「キミが携帯を見る前に・・俺から一つだけ伝えたい事があるんだ。」

大「なに?」

「俺さ、お前の妊娠が分かるまで、それなりに女の子とやりとりしてたし、実は最近まで彼女がいたのよ。」

「でもお前と結婚することになってからは全部切ったし、彼女とも別れたから・・。今は清廉潔白・・」

大「まぁ言い訳は、人質の携帯ちゃんから聞くとしようか。」

おまわりさん。・・この悪い人です。

 

大「携帯のロック解除するから、パスワード教えてちょ。」

「ちょ、ちょっと待った!」

大「なによ?」

「も、もう一つ。条件がある。」

大「はぁ?まだあるの?」

「家族と男友達以外の連絡先は全部消して良いけど・・メールの中身だけは、見ないでくれ。」

大阪子の無理難題を受け入れてやるんだ、こちらの条件も受け入れてもらわねば。

 

大「・・いいよ。わかった。」

「・・え?いいの?」

大「ただ、私からも条件があるけど。」

「え?条件あるの?」

大「今から、YUちゃんのメールアドレスを変えてもらう。」

※ガラケー時代の話なので、今でいうLINEのIDを変える感覚だと思ってください。

 

「マジで?・・ハァハァハァ・・。」

これは火の呼吸?水の呼吸?いや・・過呼吸だ。

 

大「それで携帯のパスワードは?」

「俺の誕生日・・。」

大「はは、ベタやね。よくそのセキュリティで生きてこられたわ。」

大阪子が携帯のロックを外すと、彼女の表情は一瞬で曇った。

 

その悪魔は一人ずつ、アドレスから消していく。

大「なにこの女の数・・ヤバいやん。あいこ?あかね?あすか?」

「やめて!あいうえお順で読み上げないで・・。」

だけど、俺には一人ずつ言い訳を並べて、取り繕う気力は残っていない。

大「えっと・・女は全員消していいんやね?」

「ど、どうぞ・・。」

大「じゃあアドレス帳から一人残らず、仕分けしていきまーす♡」

彼女は怒ることもなく、携帯をハンマーで壊すこともなく、冷静な面持ちで言った。

そして、悪魔による連絡先の仕分け作業は始まった。

 

大阪子は「ふーん♡」とか「ほおぉ♡」とつぶやきながら、狂気の宿った目で、携帯のボタンをポチポチしている。

30分が経ち、1時間が過ぎた。まだ携帯は帰ってこない。

その間、俺は地獄一丁目で針のむしろに座らされている気分だった。

 

大「多すぎて消すのめんどくさくなってきた・・。」

「じゃあ・・俺がやろうか?」

大「ええわ・・アタシがやる。」

(なんやねん!お前なんやねん!)

 

抜け殻になったボクと携帯。

そして、2時間後。ようやく相棒の携帯が帰ってきた。

散々ポチポチされた相棒は、もう・・ほとんどの記憶が残っていなかった。

 

大「ほな次はメールね。他の女からのメッセージは全部消して。」

大阪子に代わって、次は俺が相棒に拷問を加える番だった。

俺が、自らの手で、相棒から記憶を奪っていくのだ。

 

このブログの登場人物たちが、一人また一人と姿を消していく。

 

一番辛かったのは、2週間前に別れたタヌキ女とのメッセージだ。

まだ、幸せだった頃のやりとりを確認する。そしてそれを消していく。胸が張り裂けるように苦しい。

こんな思いをするくらいなら、付き合わなければ良かった。出会わなければよかった。

 

「終わり・・ました。」

大「見せて!・・うん合格。よく頑張ったね!」

大阪子は満足そうな笑顔を浮かべて言った。

その後、メールアドレスも変更して全ての作業が終了した。

 

俺は「トイレに行ってくる」と立ち上がった。足元に力が入らない。

その時、大阪子が言った。

「そういえばさ、YUちゃんて携帯もう一つ持ってたよね?あれも解約しといてね。お金もったいないから。」

・・そこには鬼がいた。未来の鬼嫁がいた。

 

恋人の携帯を見るのはやめようぜ。

この日から、俺の携帯に届くメッセージは大阪子だけになった。

俺にはもう、この女以外に何も残っていない。

 

(おめでとう。あなたの作戦は大成功だね。)

その代わりに、俺の中で彼女に対する恨みと、不信感がすくすくと急成長している。

 

もしあなたが「恋人の携帯を見たい」と思っているのなら、絶対にやめたほうがいい。

お互いの信頼関係を損ねるだけでなく、別れの時期を早めることになるだろう。

今すぐに別れたいと思っているのなら話は別だが・・。

続く➡妊娠中の旅行は結構大変!体験してわかった事を旦那目線で言わせて