ボクは二股をする。だってどっちも好きだから。

もう一つの好意。

2回目に苺女と会ったのは、デートではなく彼氏の相談だった。

一見おしとやかに見える彼女が、彼氏にフラれ、怒り狂い、泥酔し・・ゲロまで吐いた。

あの日はとても疲れたけれど、彼女の激しい一面が見れたことは、いい収穫になったと思う。

そして、あの日から苺女の俺に対する態度が大きく変わった。

 

苺「何してます?」

苺「今週はいつが暇ですか?」

苺「一緒にご飯に行きたいな。」

 

そんなメールが頻繁に来るようになった。

これは失態に対してのお詫びとは違う。苺女から明らかな好意を感じる。

こちらとしても、22歳の若い女の子に誘われるのは悪い気がしない。

むしろ、彼女の事を気に入っている。だから酔っぱらってクダを巻いても、ゲロをぶちまけても、紳士的に振る舞ったのだ。

とにかく前回の騒動から一週間が経った。俺は明日の月曜日に苺女と会うことになったわけである。

いつもと同じ日曜日、いつもと違う月曜日。

さて、今日は日曜日だ。

日曜日は恋人の衛生女が泊まりに来る。これが俺たちの決まり事になっていた。

衛生女は勤務先(歯医者さん)のシフト上、日曜日と平日の二日間休みがある。

だから平日もたまにデートしたり、泊まったりするが、日曜日は休みが確定しているので、会わないと不機嫌になる。

俺たちは近くの焼き鳥屋で夕飯を食いながら酒を飲んだ。

 

衛「いつも来るおじいちゃんの患者さんがさあ・・絶望的に口臭いんよ。」

彼女の口から、一週間の出来事を聞きながら、ビールをガブガブと飲む。

ほろ酔いで家に帰ると、風呂に入りセックスをする。セックスがすめば、布団の中で深夜までテレビを見る。

こんな感じで、いつも通りの日曜日は終わりを告げる。これはこれで楽しい一週間の締めくくりだ。

 

そして、また新しい月曜日がやってくる。

 

衛「じゃあ行ってきます!」

「おう!気を付けて。」

いってらっしゃいのキスをして、衛生女は玄関のドアを開ける。

俺は彼女を乗せたエレベーターの扉が閉まるのを手を振って見送った。

いつもと同じ週のスタート。だけど、今日からは変わってしまうかもしれない。

俺は新しい恋の予感を感じながら、夜が来るのをソワソワと待つのだった。

三度目の正直?彼女はあざとい。

午後8時。俺は博多駅へ向かっている。待ち合わせ場所は前回と同じ筑紫口だ。

 

苺「仕事が少し長引いちゃって・・ごめんなさい。20分くらい遅れそうです。」

そう苺女から連絡があった。俺は彼女の仕事が終わるまで、博多駅前にあるヨドバシカメラで時間を潰すことにした。

待つのは苦手だが、家電を見るのは大好きだ。

冷蔵庫のドアを開け閉めし、洗濯機の蓋を開け閉めしていると、あっという間に20分が過ぎた。

 

(・・そろそろ待ち合わせ場所に向かってもいい頃かな?)

ちょうど苺女から「業務終了」のメールが届く。グッドタイミングだ。

中国人のカラフルな団体を、さっそうとかき分け、待ち合わせ場所に向かう。

苺女は先週とほとんど同じ場所で突っ立っていた。痩せ形ですらっと細いスタイルは、なかなかに見栄えが良い。

 

「おっす!」

俺が声をかけると、彼女の白い歯がチラリと見える。

苺「ごめんなさい。お待たせしちゃって。」

「ヨドバシで家電見てたらすぐだったよ。・・てか、あの日大丈夫だった?」

苺「・・え?」

「いや、めっちゃお酒飲んでたから次の日きつかったでしょ?ちゃんと仕事行けた?」

苺「うわあ!思い出させないでくださいよ!死にたいくらい恥ずかしいんで!」

苺「あの・・本当に・・ご迷惑をおかけしました。」

「いや・・気にしてないよ。いろいろあったから、ゲロ吐くのも仕方ないと思う。」

苺「いやぁあ!戻しちゃった事は言わないで!」

(うむ・・いいリアクションだ。)

顔を真っ赤にして戸惑っている苺女に、俺のS心が刺激される。

 

目ぼしい店を探すべく、二人で筑紫口周辺を歩くことにした。

勘を頼りに適当な店に入るのも、なかなか楽しい。

(・・ん?)

歩いていると、腕の部分に少し違和感を感じる。

そこに目をやってみると、苺女が俺のコートの端っこを、ちょこんとつまんでいた。

 

(・・えぇ?ナニコレ!?あざとい女珍百景やん!)

キュンキュンが押し寄せてくる。だが、こちらも負けてはいられない。

「・・手つなごっか?」

俺は彼女の手をきゅっと握りしめる。

お詫びの品がちょっとズレてる。

俺たちはちょっとオシャレなイタリアン居酒屋に入った。

焼き鳥や海鮮の人気店もあるが、今日はカップルらしいデートにしようと思う。

 

苺「YUさんに渡したいものあるの。この前のお詫びに・・。」

席に座るとスグに苺女が言った。そして、彼女はトートバッグからオシャレな紙袋を取り出した。

 

「え?そんなんいいのに!いいのにぃ!」

苺「あとお借りしたTシャツも入ってます。」

「・・Tシャツは洗った?」

苺「はい。ちゃんと洗いました。ありがとうございます。」

「洗っちゃったかぁ・・。あっ・・袋の中、見てもいい?」

袋の中をのぞくと何やら瓶のようなものが入っている。それは濃いワイン色をしていた。

 

「ワイン・・かな?」

苺「それ・・バルサミコ酢っす!」

「バルサミコ??・・酢?」

お詫びの品がまさかの酢。まさかのバルサミコ酢。

バルサミコ酢

※苺女からもらったバルサミコ酢。7割以上残っとるけど、どう使ったらええんや。

 

苺「ほら、YUさん自炊するって言ってたじゃないですか?それお肉料理に使ったり、サラダにかけても美味しいの!」

・・まさかの本格派である。

俺の自炊なんぞ「オラ肉焼く⇒オラ食う」の縄文レベルだと言うのに。

「あ、ありがとう・・。今度バルサミコ酢の使い方教えて。」

お泊りOKの旅行?会話から伝わる手応え。

「飲み物どうする?・・お酒飲める?」

苺「最初の一杯だけ・・しばらくお酒は飲みたくない(笑)」

俺としても、もう日本酒を勧める気はない。

甘酸っぱいのは、このバルサミコ酢と、彼女との時間だけで充分だ。

 

グラスを合わせて乾杯。

(さて・・何を話そうか。)

ギクシャクした空気の中で、どんな会話を切り出すか迷う。

「あ、この前さ・・ちゃんと帰れた?起きたらいなかったから。」

あえて、この間の出来事を思い出させるのが、俺のダメなところである。でも、気になっている事はついつい聞いてしまう。

 

苺「ものすごい二日酔いだったけど、お風呂入りたくて帰りました(笑)」

「ウチで入ってけば良かったのに・・。」

苺「さすがにそれは図々しいですよ。・・ずっと布団使わせてもらうのも悪いし。お着替えもしたかったから。」

「ずっと住んでも良いのに・・んで、ちゃんと仕事には行けた?」

苺「さすがに体調悪かったんで、お店に連絡して出勤時間遅らせてもらいました。お酒臭いと店長に怒られるから(笑)」

「うわあ・・散々だったね。俺も二日酔いになるくらいだから、苺女は相当ヤバかったと思う。たくさん日本酒飲ませちゃってごめん。」

苺「私も調子に乗ってごめんなさい。でも凄く親切にしてくれたから・・嬉しかった。」

 

(・・ボクの優しさの半分は下心です。すいません。)

 

「あの後、彼氏から連絡あった?」

苺女は別れたと言っていたけれど、あの日は酒の勢いもあった。

お互い冷静になって、元サヤに戻っている可能性も高い。一番悲しいパターンだ。

 

苺「はい・・連絡ありました。」

俺は内心ドキッとする。

「なんて言ってた?やり直しちゃった?」

苺「キッパリ別れました。だからもう彼氏じゃないという。」

「ほほぉ、そうなんだ・・。」

彼女の恋の結末を聞いて、ホッとしている自分がいる。

気になっていた事とは言え、つまらない会話ばかり振っていることに気づく。軌道修正しなければ。

 

「だいぶ暖かくなって来たからさ、またどっか行こうよ。ドライブとか。」

苺「私、温泉に行きたい!」

「まだ若いのに渋いチョイスやね(笑)」

苺「長崎の雲仙に行きたいの!実はまだ行ったのことないの。」

「雲仙は福岡から結構遠いぜ?きっとお泊まりになるぜ?」

俺はあえてゲスな顔をして尋ねる。

 

苺「うん。泊まりで行きましょ。」

な、なんです・・と?

 

「あのぅ・・俺と一緒の部屋に泊まるんやで?」

苺「あはは、そんなん当たり前ばい(笑)」

「オオカミの檻に入るもんやで?」

苺「じゃあ、あたしはウサギちゃんだね。」

(この手応えはなんだ?・・マルチ商法の勧誘でもあるのか?)

 

男なら「やったぜ!」と喜ぶ状況なのに、俺は戸惑っていた。

苺女はセフレするタイプの女じゃない。できるなら恋人にしたい。

だけど、付き合ってしまえば二股になってしまう。

恋人と別れる前に、他の男を探す女?

苺女とお泊まりアリで温泉に行く約束をしてしまった。

(ちょ・・待てよ?)

よくよく考えてみれば、彼氏と別れてすぐにそういう約束ができるという事は、なかなか割り切った性格の持ち主である。

 

「恋人と別れる前に、あらかじめ目ぼしい男を探しておく女の子もいる。」

そう女性誌の特集に書いてあった。

  • 彼氏がいるのに出会い系を遊び相手を募集している。
  • 彼氏と別れる時も他の男に会っている。(しかも泊まっていく)
  • 彼氏と別れてスグに俺と温泉旅行の約束をする。

これまでの彼女の行動を思い返すと、思い当たるふしがありまくり。

(もしや・・この子クズ?)

人は見かけによらない。この清楚そうな顔の裏側には、俺と同じ「ゲスの血」が通っているのかもしれない。

優柔不断な男は強引な女に弱い。

苺「なんか凄く楽しみになってきた!ねぇ!いつ温泉行く?」

苺女はいつの間にかタメ口になっていた。しかも、瞳をキラキラとさせながら日程の調整にかかっていた。

 

「そうだなあ・・今月はちょっと厳しいから来月とか?」

苺「え?私は来週でもいいのに!来月だと・・まだサクラ残ってるかなあ?」

アクセルフルスロットルだ。

(彼女の背後にうっすらと見えるのは・・パワー系のスタンド?)

その勢いに、俺は少し怖くなってきた。

 

「いやあ・・4月の始めならわかんないけど・・。」

苺「じゃあ来月の一番最初の週がいいなあ。(オラオラオラァ!)」

「うーん。4月となると誕生日があるから・・。」

苺「誰の?」

「・・ボクチンの。」

さすがに誕生日は衛生女と過ごさなければならない。

 

苺「そうなの?じゃあ尚更祝わないと!」

「いやぁ・・当日はちょっと・・仕事が休みじゃないし。」

苺「じゃあ、YUくんのお休みの日にお祝いしよ♪」

タメ口になったと思ったら、「YUさん」➡「YUくん」へ名前の呼び方も変わっている。

そして、彼女は思ったよりも強引な性格をしていた。

俺は童貞歴が長かったせいもあって、肝心な所が受け身で優柔不断だ。

だから女子から強引に来られると・・濡れてしまう。

 

「もしかすると温泉・・行けるかも?」

俺はもう、彼女の提案に、ずいぶん心がなびいていた。むしろ断る理由が見当たらない。

苺「わ!ホントに?」

「まだ確定じゃないけど・・。」

苺「ねぇねぇ・・今からYUくんのお家に行っていい?」

「!!?」

突然のセリフに焼酎を吹き出しそうになる。

 

「な、なんで?・・まだピザとアヒージョしか食ってないよ?」

苺「もうお腹一杯。今からじゃらん買ってさ、YUくんちで一緒に見ようよ。」

「それは・・わりとマジで?」

苺「うん!雲仙で泊まるお宿とか、オススメの観光スポットも探したいな。」

 

(・・連れて帰っても大丈夫・・?)

昨日は彼女が泊まりに来ている。俺は自分の部屋の最新画像を思い描いた。

ティッシュよし。歯ブラシよし。風呂よし。トイレよし。コンドームよし!

 

予定とは大分状況は違うが、俺も百戦錬磨である。

女の子と会う日は、前もって部屋の片づけくらいしている。

 

「・・別にウチに来てもいいけど。」

苺「やったぁ!じゃあさっそく行こ!」

彼女は子供っぽく無邪気に喜んで見せる。

カワイイけれど、もう、あざとさしか感じない。

日向小次郎ばりの強引なドリブルに、俺の理性はあっさりと吹き飛ばされたのだ。

 

先週に引き続き、俺たちは家に向かうことになった。

初対面の女の子を家に連れ帰るのはなかなか難しいが、一度でも部屋に入ると二度目のハードルはぐっと下がる。

それに前回、紳士的な対応をしたおかげで、苺女から「警戒心」というものをほとんど感じない。

筑紫口の父。

俺たちはイタリアンバルを出て、近くにあるローソンで「じゃらん」と「九州ウォーカー」を買うことになった。

コンビニまでの道中で、路上に座っている男性を発見。

 

苺「あっ!占い師さんだ!YUくんも一緒に占ってもらおうよ。」

天神の母ならぬ、筑紫口の父だろうか?

「・・え?占いとか信じる系?」

苺「うん。やっぱり仕事運とか恋愛運とか気になっちゃう。だって女の子だもん。」

「そっか・・ほいじゃ、占って貰おう。」

一人2,000円の所を値切って1,500円にしていただく。

 

まずは苺からだ。彼女はほとんど恋愛に関して占ってもらっている。

俺も横で聞いてはいたが、人の占いまではっきり覚えられないので省略。

けっこう良い結果が出たようで、苺女は喜んでいた。

この占い師、たぶん俺の事嫌い。

さて、次は俺の番。

名前と生年月日、手相などの情報を、筑紫口の父にインストールする。

 

占「あなたは自己主張が下手で、チャンスも人に譲ってしまうタイプですねぇ。」

(・・いきなりテンション下がるわ。)

確かに一理ある。自己主張が下手なあまり、このブログでちびちびと自己表現しているわけだ・・。

 

「えっと・・うまくチャンスをものにできるには、どうしたらいいですか?」

占「もっと他人の目を気にせずに、自己主張して行ってください。」

(雑!解決策が雑ぅ!)

せめて自分探しの旅に出るとか、自己啓発本を読み漁るとか・・もっとあるだろうが!

 

「僕・・何歳まで生きられます?」

占「健康に気をつけてもらえば、70代後半までは大丈夫です。」

(健康に気をつけてようやく平均寿命レベルかよ・・てかコイツ当たり前の事しか言わねえな。)

 

「はぁ・・。ちなみに僕らって、恋愛の相性どうなんでしょうかね?」

占い師のオッサンは、俺と苺女の情報を書いた紙を、神妙な顔で見比べている。

 

占「2人の相性は・・うん。凄くいいと思いますよ。」

苺「ウフフ♡だって!YUくん。」

「おお・・良かったばい。」

占「ただし・・。」

「え?」

占「あなたが主導権を握るより・・彼女さんの尻に敷かれたほうが、きっと上手く行くと思いますよ。」

さっきの「他人を気にせず自己主張しろ」は何だったのか・・?

 

(この占い師、きっと俺のこと嫌いなんだろうなぁ・・)

 

妙な気持ちになりながら、セブンイレブンでじゃらんとお酒を買う。そこから俺の家まで歩くことにした。

 

「ほら・・手つなご。」

苺「うん・・。」

そう言って俺は彼女の手を取った。

春の夜風はまだ少し肌寒い。だけど右手から彼女の温もりが全身に伝わってくる。

今日は押されっぱなしだ。少しぐらい主導権を握ってもいいじゃない。

女子力グイグイアピール。

「ごめん、微妙に遠かったかも・・歩き疲れた?」

苺「ううん。仕事でいつも歩き回ってるから全然気にならないよ。風が気持ちいいし。」

博多駅(筑紫口)から、俺の住む美野島までの距離は、彼女の歩くペースに合わせても20分程度。

タクシーを使うにしては微妙な距離だが、歩くとなると地味にしんどい。

 

新幹線の高架をくぐると東領公園(とうりょうこうえん)が見えてくる。俺の家までもう少しだ。

「お!サクラがもうすぐ咲きそうだね。」

俺たちは立ち止まり、公園に植えてある桜の木を見上げる。

苺「来週から、再来週にかけてが見頃っぽいよ。」

「・・そういえばお花見とか随分してないなぁ・・。」

苺「じゃあ、一緒にお花見する?わたしね。桜がすっごいキレイな場所知ってるんだ。」

「いいねぇ。」

苺「じゃあ。お弁当作ってきてあげる。」

なんだこの女子力グイグイアピールは。

(俺・・明日死ぬかも?)

ありったけの「運」を今日という日に使っている気がする。

 

苺「ねぇ、お花見いつがいい?」

「ら、来週の平日なら。」

苺女の誘導によって、俺のスケジュールはどんどん埋まっていく。このまま流されっぱなしで大丈夫なのか?

「3分の2」の純情なセックス理論

「やっと着いた!結局30分くらいかかったね。」

苺「手つないで歩いてたから・・。」

ようやく家に到着する。苺女と会うのは三回目。彼女が俺の家に上がるのは二回目。

(数字にすると3分の2。・・これもう、エッチしちゃっていいよね?)

苺「ねぇ、YUくん。早くじゃらん見よぉ~」

ビールとチューハイで軽く乾杯を済ませ、二人でじゃらんをのぞく。

苺「YUさんここ行ってみたい!」

ページをめくる度に苺女がはしゃぐ。編集部冥利に尽きるというものだ。

 

苺「長崎って行ったら、軍艦島だよね。」

「・・そうなの?聞いたことはあるけど。」

苺「船でね渡るんだって!軍艦島にも行ってみたい。」

「でも、雲仙と長崎って結構離れてるやん。せっかく雲仙に行くなら、周辺の観光地巡りが良いなぁ。」

この年になると移動が多いのは疲れる。

オッサンのだらしなさと、体力のなさを見せるわけにはいかない。

 

苺「じゃあ雲仙の観光スポットについて、あたし色々調べてくる!」

いつの間にか、二人は肩がぶつかるほど近づいている。

若くてカワイイ子がいたら性欲には抗えない。

(んあぁ・・いい匂い。)

プルンと張りのある肌。可愛らしい耳たぶ。

血色のいい唇。うっすらと赤いほっぺた。綺麗な眼差し。

 

悶々悶々悶々悶々悶々!

(あ・・モンモン来てる。くるぞ!備えよ!勃起に!)

 

俺は苺女の肩に手を置くと、ゆっくりと引き寄せる。

彼女の瞳は一瞬大きく開いたが、やがてゆっくりと閉じていく。

 

(・・モンモンモン!)

俺の頭の中は、モンモン(性欲)に征服されてしまった。あっけなく。

初めてのキスはゼリーのように柔らかい。

俺は彼女の唇めがけ、一直線に接近していく。ブチュリ。

 

(なにこれ!すんげぇ柔らかい唇!)

 

その、キスの感触はまるで、こんにゃくを入れ忘れた、こんにゃくゼリーのようだ。

 

(これなら、お年寄りでも、お子様でも安心だ。)

キスは激しさを増していく。

柔らかい唇を舌でこじ開け、舌と舌を絡ませる。ねっとりと濃厚な体温が伝わってくる。

キスに満足すると、俺は唇を耳から首筋へと移動させていく。

苺女は身をよじらせながらも、じっと目を閉じたままだ。

 

(めんこい!めんこいぞ!)

魔手は彼女の胸へ進んでいく。そこで、ようやく彼女は目を開いた。

絶対的Aカップ。だけど下着に春を感じる。

花柄のブラジャー

苺「ダメ・・。私おっぱい小さいから・・恥ずかしい。」

(その恥じらいの言葉だけで、白飯三杯はいける。)

 

「大丈夫!俺はちっぱいのほうが好きです!(嘘)」

ゆっくりと彼女の手をのけ、 シャツの中に手を入れる。そして苺女の胸に触れる。

 

(やっべえ・・マジで小さい。)

ブラジャーと胸の間に感じる「余り」。

そして実力よりも少し大きめのブラをつけている「見栄」。

 

(こ、これはBカップを夢見るAカップだ!)

 

「夢見る少女じゃいられない・・。」

苺「え?・・どういう意味?」

さっそく現物の乳を見ようと、彼女のシャツを脱がしていく。

苺女は再び目を閉じたまま、頬を真っ赤にしている。このまえの泥酔時よりも赤い。だけど、仕草がとても可愛い。

やがて可愛い花柄のブラが顔を出した。

 

(あぁ・・春だ。)

 

ブラジャーを外すと、2つの小さな山が現れる。

山と言っても天保山(大阪で一番小さな山。標高4.53m。)だ。

その山から生えている、二つの小さな芽を舌先で舐めあげる。

 

(こんな所に・・春の息吹、感じます。)

苺女から控えめな声が漏れ出す。その愛しい音を、俺は鼓膜で熱心に堪能する。

 

(いざマ〇コへ・・。)

苺「せめて・・せめてお布団へ移動してくだせえ。」

「あ、ごめん。ここじゃ寒いし、明るかったね。」

お布団へと移動すると、気を取り直して愛撫を再開する。

彼女の着ているのは、ピッタリフィットのスキニージーンズ。

うっかりパンツごと脱げそうになるのを、職人さながらの丁寧な仕事で、慎重に脱がしていく。

彼女のパンティは、ブラとセット花柄だった。

 

ブラジャアと パンティの花に 春うらら

 

気が付けば一句呼んでる俺がいる。

そんな春が、彼女の細い太ももを滑っていく。

 

ようやく、苺女は一糸まとわぬ姿に。

俺は彼女のふくらはぎを掴み、観音開きのように大きく開く。

想像よりも、濃い陰毛を蓄え、ヌラヌラと輝いた観音様が顔を出す。

 

(これはクリ?・・いやクリは秋だ。)

もう・・春だとか秋だとかどうでも良い。

初めてのセックス。恥じらいもスパイス。

俺は再び苺女の太ももを押し開いた。

苺「ジロジロ見ないでぇ・・恥ずかしいからお布団かけて。」

「オジサン・・明るいのも好きなんだぜ?」

苺「ダメ!いろいろ処理してないもん!」

彼女の声はマジなトーンだった。

 

「わ、わかった。」

とにかく調子に乗ったせいで、掛け布団を被ってセックスに及ぶことになってしまった。

「良い子は部屋を明るくしてみてね!」

ポ○モンパニックから端を発したあの言葉は嘘だったというのか?

 

俺の目の前に暗黒が広がる。ここからは手探りで愛撫をしなければならない。

布団の端っこを調整すると、隙間からうっすらと光が差し込んだ。

 

(・・これなら充分に戦える。酸素もOKだ。)

無臭のアソコは男の評価が上がる。

薄明かりを手探りに、彼女のアソコへと到達。

親指でアワビの感触を確かめるようにゆっくりとなぞった。苺女の太ももがピクピクと震える。

驚いたのは、彼女の蜜壺から溢れる愛液の量である。

指でなぞるたび、大量の愛液がネットリまとわりついてくる。ご飯にかけたらどうなるのだろう?

 

「すっごい・・濡れてる・・。」

俺が小さな声でつぶやくと、

苺「ごめん・・あたし濡れやすいみたい。」

と返事が返ってきた。謝る必要なんてないのに。

 

俺は舌先をレロレロと素早く動かしながら、クリトリス攻略を開始する。

苺「うん・・んん・・あぁ・・。」

大量の愛液が口の中だけでなく、その周辺にも絡みつく。

うっすら感じる塩気。そしてラブジュース特有の風味。

 

(一日働いた割に臭くない。合格だ!)

無臭のアソコはそれだけで評価が上がる。

フェラは上手くないけど、贅沢は言えない。

「俺のも・・舐めてくれる?」

俺は布団からひょっこり顔を出し、苺女に問う。彼女はコクリと頷いた。

我が愚息はすでにギンギラギンになっている。

苺女はゆっくり息子をしごき、チロチロと竿の辺りを舐めはじめた。カリのあたりも同様にチロる。

そして、ようやくパクリと口の中に飲み込んでいった。

(うむ?・・あれれ?)

舌の動きを全く感じさせない。ただの直線的運動。

先週まで40過ぎのオッサンと付き合っていた割には、苺女はフェラチオがあまり上手ではない。

 

(・・だけど、贅沢は言えない。)

衛生女(歯科衛生士)は、「お口でするのは不衛生」という理由で、フェラすらしてくれないからだ。

 

「あぁ・・やばい・・。気持ちいい。」

一生懸命頑張ってくれる苺女を称えるため、俺もオーバーリアクションで応える。

「ごめん・・そろそろヤバいかも・・。入れていい?」

彼女からOKを頂くと、俺は手際よくゴムを装着した。

その恥じらいは最初だけ。だからしっかり味わえ。

「さぁ!もう掛け布団は必要ないだろ。」

苺「そんなことはない!掛け布団は必要である!」

アホな押し問答はすぐに終わった。

回数を重ねるほど、女の恥じらいというものは薄れていく。

彼女もそのうち、裸で俺の部屋を歩き回るようになるかもしれない。

だから俺は「視覚的に映えるセックス」よりも、「初々しいセックス」を選んだのだ。

 

掛け布団を背中にかけながら、低姿勢でハメていく。

尋常ではない負担が腰へとのしかかる。それでも俺は腰を振った。

 

苺「んん・・ああん。」

苺女の控えめな吐息が漏れる。

恥ずかしいのか、俺の顔が見るに堪えないのかわからないが、ずっと顔を横にそむけている。

濡れすぎる女のデメリット。

「ふんふん!ふんふん!」

アソコから湧き出でる大量の愛液。そのせいで無駄におチ〇コの滑りがいい。

これは機械の世界ではとてもいい事だ。より効率的に動くことができ、部品の劣化も防ぐことにつながるからだ。

しかしセックスの世界では、

「滑りが良い」⇨「摩擦が少ない」⇨「チ〇コ入ってんのかわからなくなる。」という現象がおこる。

「摩擦」は快感を生むのに、大事な要素の一つだ。

ガッツリ濡れてくれるのは、男にとって嬉しいことだが、滑りが良すぎるのも考えものだ。

 

(あれ?・・ゆっくり動いたほうが気持ちいい!)

ようやく、俺は真理にたどり着いた。彼女のマ〇コを理解したのだ。

 

「んんっ!そろそろイケそう・・じゃなくてイク!」

ラストスパートだ!ゆっくり、深く、突き上げろ!ピュッピュピュ!

一回ヤッたら恋人だった。

(もう・・腰がガクガクだ。)

セックスの余韻にひたりながら、愛を語らう男と女の「ピロートークタイム」が始まる。

これがとっても面倒くさい。楽しみだ。

 

苺「あたし本当はね。こんなスグにエッチしないから。・・軽い女とか思わないでね。」

苺女は俺の左胸に顔をうずめ、小さくつぶやいた。

「・・うん。わかった。」

苺「別れてから、すぐに付き合ったりしないから・・。それもわかって欲しい。」

「・・うん。わかってる。(言ってる意味が全然わかんない。)」

エッチはしたけど、付き合うつもりは無いってことか?

 

苺「わかってくれたなら良かった。・・これから仲良くやっていこうね♡」

「うん。・・うん??」

俺たちはどうやら付き合ってしまったようである。

どっちも好き。二股生活が始まった。

そういうわけで、俺にもう一人の彼女ができた。

「付き合う」という面倒くさいルートを選んでしまったのは、俺自身も苺女の事が好きだからだ。

しかし、これは二股である。誰がどう見ても完全な二股。二兎追っちゃってるヤツだ。

いままで多くの女性と関係を結んできたが、二股をするのは生まれて初めての経験である。

苺女のように彼氏と別れてから、新しい恋人を作るのならわかる。でも、俺はそれをしなかった。

だって、どっちも好きなんだもん。スイカバーもメロンバーも食べたいんだもん。

 

ブログというものは、何でもかんでも好きに書けば良いという訳ではない。

うちは歴史ある出会い系攻略サイトなのだ。(たぶん)

訪問者に媚び、ファンの靴を舐める。失敗談などもってのほかだ。

恋人との幸せライフを延々とつづっていれば、きっと好感度も上がり、売り上げも増えるのだろう。

だけど、俺にはそれができない。アホだから。

(あぁ、ただでさえ少ないファンが、また去っていく・・。)

二股の感想「罪悪感よりウキウキ感」

とにかく、俺はさらに外道になってしまった。一度こうなってしまったら、後戻りの方法がわからない。

衛生女(彼女)に対する罪悪感も確かにある。だけど、今は新しい彼女ができたウキウキ感のほうが勝っている。

俺が優柔不断なゲス野郎なのはわかっているが、この世の中には似たような考えの男性がたくさんいる。

きっとこれは、遥か昔から人間の本能に組み込まれているのかもしれない。

何もかも違う二人の彼女。選べない。

衛生女、苺女、衛生女、苺女・・・。脳内で2人の女性が、忙しくちらついている。

だから、とりあえず、二人の彼女の表にまとめてみた。(まとめるな!)

名前衛生女苺女
年齢20代後半22歳
職業歯科衛生士カフェ店員
顔だち濃い(ハーフ顔)日本風
EカップAカップ
住まい一人暮らし実家暮らし
女子力低い高い
特徴
  • 声が低く小さい
  • エロい(電マが好き)
  • 笑い方がキモい
  • ビールしか飲めない。
  • 声は高くて可愛い
  • あざとい
  • エッチは受け身
  • 料理が得意
  • 酒は弱いが酔うと狂暴

こうやって表にしてみると、見た目も性格も全く違う。

どっちも良い女。優柔不断な俺には、とても選ぶことなんてできない。

二股がバレないように・・生きねば。

(オイラの生活はこれからどうなるのだろう・・。とにかく二股がバレないよう立ち回らねば・・。)

バレずにやっていけるのか?スキだらけの俺が?

ウッカリ名前を間違えないか?会う日はどうする?体は一つしかないぞ。

高揚する気持ちとは裏腹に、不安はどんどん湧いてくる。

 

もし・・もし、バレて刺されたらどうしよう。

いや、このゲス日記のエンディングとしては、それも良いかもしれない。

むしろ、この恋愛日記を呼んでいる人はそれを望んでいるはずだ。

 

(でも・・生きねば。)

 

俺はマンションのベランダから夜空を見上げ、缶ビールをぐいっと一気に煽る。

 

「二股は部屋からバレるぞ!気を付けろ!」

 

これは、ある先輩の名言である。いまでは星になってしまったけれど。

俺は夜空に光り輝く一番星を見上げると、部屋の掃除を始めるのだった。

続く➡付き合いはじめの楽しさは異常