何だい?これは

これは料理なの?彼女の作った朝食が手抜きのメシマズだった話

何だい?これは

出てきた朝食のラインナップがヤバい

「ねぇ起きて。YUくん起きて。」

俺は重たいまぶたをゆっくりと開いていく。

「シャッ」っという音が聞こえ、とつぜん強い光が降ってくる。

 

「…ま、眩しい…。」

ぼやける視界の中には見なれない風景があった。

「あ、やっと起きた!」

声のするほうに目を向けると、ピンボケした世界に女性の顔らしきシルエットが浮かび上がった。

 

(あ…そっか。衛生女の家にお泊りしたんだった。)

 

「…おはよう。いま…何時?」

衛「もうすぐ7時。」

俺はまぶたを指でこすりながら、ズレたコンタクトレンズを瞳の中心に移動させる。ようやく世界は無修正になった。

衛生女はテーブルの上に置かれた小さな鏡を見ながら、忙しそうにファンデーションを顔面に叩き込んでいる。

 

「あ…仕事に行く準備してるの?何時にここ出なきゃいけない?」

衛「今日は8時半くらいかなぁ…。」

洗面所で顔を洗い、俺はステテコからジーンズへと着替える。

前回から読む

俺たちは今まさにセックスの真っ最中だ。 (宅配ピザが届く前にエッチを終わらせなければ…。)タイムリミットは30分。時間はたっぷりある。 彼女は指の動きに合わせて、腰をくねらせている[…]

彼女がフェラをしない理由

「ありあわせ食材で朝食を作る女」は理想的

衛「ねぇ、朝ご飯食べてく?」

「お…いいの?食べる食べる。」

衛生女はスクっと立ち上がり、キッチンの中へ消えていく。

 

(いつもサバサバしてるけど…女の子ぽい一面もあるんだ…。)

俺は「新しい発見」に喜んだ。そして想像をめぐらせてみる。

 

衛「お口に合うかしら?」

「これ冷蔵庫の余り物で作ったの?マジで?」

テーブルの上には、

「だし巻き卵とアジの開き(大根おろし付き)」
「炊き立てのご飯」
「野菜たっぷりの味噌汁」
「キャベツのお新香」

が並んでいる。

(朝っぱらから…こんなに食べられるかな?)

 

衛「…お口に合うといいけど。」

彼女は心配そうに、俺の感想を待っている。

「うわぁ…この味噌汁めっちゃ優しい味…しみわたるぅ。」

衛「イリコでダシとってるの。血圧が気になるから減塩の味噌にしといたよ。」

「このだし巻きフワフワ…プロ級やん。」

衛「もう!お世辞言っても、食後のコーヒーしか出ないんだから!」

 

ありあわせの食材で手際よく料理を作る…それこそ理想の女。

こうして俺の中で朝食に対する期待は膨らんでいった。

現実は甘くない。ガチの「余り物」が出てきた。

(おかしい…包丁がまな板を叩く音がしない。卵が焼ける匂いもしない。)

聞こえてきたのは、「チーン」という電子レンジな音だけだった。

 

衛「YU君、お待たせ~。」

衛生女がお盆を持って部屋に入ってくる。

彼女がキッチンに入ってたった5分しか経っていない…手際良すぎだろ。

 

テーブルの上には不揃いなお椀が4つ並べられる。

ご飯が入っているお椀が二つ。味噌汁のお椀が二つ。

(まさか…これだけ?今って戦後?)

おれはじっと、米と汁を見つめている。

ドラマの「お金がない」でも、おかずにめざしが出てきたぞ?さすがにこれはオーバーザトラブルだぜ。

簡単な料理がメシマズだった時の絶望感

彼女の作ったご飯に絶望する男

衛「どうしたの?食べよーよ。」

「あ…いただきます。わー美味しそう(棒読み)」

俺は箸を手にとり、味噌汁をすすった。

(明らかにインスタントの味噌汁…かやくのネギ浮いとるし。)

ズズズッ…。

(お湯の量が多すぎて…味噌の風味も塩気も吹き飛んでいる…。)

 

お次はお米だ。パクリ…。

(パサパサとしていて、明らかに水分が足りない。)

(しかも炊飯器で数日間保温した米の臭いがする。)

時々、ガリッとした感触が歯に伝わる。

良く見ると米の一部分が乾燥してバリバリに固まっていた。

 

(コイツ歯科衛生士なのに…オレの歯を砕きにくるとは…。)

俺は、おそるおそる咀嚼(そしゃく)をして、インスタントの味噌汁で流し込む。

(…マズいのに、味噌汁のありがたみを感じるとは…。)

 

俺も一人暮らし歴が長い。

自炊もたまにするし、料理が得意なわけじゃないから失敗も繰り返してきた。

味噌汁や米くらいなら「どうしたらこうなるのか?」だいたい想像できる。

 

衛「美味しい?」

彼女から残酷すぎる質問が飛んできた。コイツ…マジで言ってんのか?

「お、美味しいよ。うん。」

おかずが無いのにメシマズ。

米と味噌汁だけなのにメシマズ。

これには海原雄山もビックリだ。

 

(…今はただ「ごはんですよ」が恋しい。)

追加の「おかず」に感謝

衛「あっごめん!大事なもの忘れてた!」

衛生女が再びキッチンに戻っていく。

(な~んだ!ドッキリかと思ったじゃん。これからきっとおかずが…。)

 

衛「はい。どうぞ。」

 

彼女が俺に手渡してきたのは、ニコニコのりの「味のり」だった。

「あ、ありがとう。」

最高のおかずを手にして、俺はニッコリ微笑んだ。

味のりのおかげで、俺たちの朝食は大分マシになったが、一枚また一枚と残りの弾数は少なくなっていく…。

味のりの援護を受けられるのはあと二回だ。

 

衛「玉子…かける?」

ここで、「追加のオカズ」が打診される。

さすがの彼女も、俺の表情から何かを感じ取ったらしい。

 

しかし、彼女の言葉には「卵焼き」や「目玉焼き」という料理名はなく、「焼く」という調理方法も含まれていなかった。

「玉子かける?」で浮かんでくるのは「卵かけごはん」しかない。

 

「…あ、お願いします。」

俺の想像どおり、彼女から手渡されたのは、白い楕円形の物体「生たまご」だった。

コンコン…ぱかっ。

米の上のお日様に、フンドーキンの醤油を多めにかけて手早く混ぜる。それを一気に口の中に流し込んだ。

卵は救世主

(…ありがとうTKG。キミは救世主だ。おかげで噛まなくてすんだよ。)

こうして短く切ない朝食タイムは終わった。

食べればわかる料理の腕と考え方

今回、彼女の朝食を食べてわかった事がある。

「料理の腕と考え方」である。

せっかく作ってくれた料理を批評するのはアレだけど、正直に言えば「めっちゃガッカリ」した。

 

そもそもこれって料理なん?

「三日目の米」と「インスタント味噌汁」と「味のリ」と「生卵」は料理なの?

俺が作る朝飯のほうが、納豆や目玉焼きやウインナーが付いているだけ、マシな気がする。

「料理を人にふるまう」という、おもてなしの心が欲しい。

自分だけで食べる料理と、人にふるまう料理は気持ちの面で違う。

誰かに料理を作るなら、「ちょっと一品加えようかな?」という気持ちが欲しい。おもてなしの心が欲しいのです。

同棲して長いとかならわかる。俺たちはまだ付き合ってすらないのだ。

 

(せめて、もう少し背伸びしてよ…。)

そう思うのはいけないことだろうか?

まずくても「ごちそう様」は忘れずに

「ごちそう様でした…。俺、お皿洗うね。」

衛「いいの?ありがと。」

スポンジで食器をゴシゴシと洗っていく…1分で終わっちゃった。

 

「じゃあ俺、帰るわ。ありがとね。」

衛「うん!また遊びに来て。」

 

自転車は六本松の交差点にさしかかる。俺は桜坂までの坂道を立ちこぎで上っていく。

(アイツ…料理がてんでダメだったとは。)

(これからデートは外食や出前中心にする?)

(一緒に料理を作ってレベルアップを図るべき?)

ペダルと一緒に頭の中はグルグルと回る。これから楽しくなりそうだ(泣)

続く➡名物だけど福岡人が意外と食べない「水炊き」という食べ物