ガールズバーの店員

ガールズバーの女をご飯に誘ったらまさかのOK。同伴目的の駆け引き?

ガールズバーの店員

(久しぶりに息子が朝立ちしとる!)

熊本遠征三日目の朝が来た。

俺は一発抜きたい気分になって、アダルト動画サイトにアクセスすべく、ノートパソコンを開いた。

だけど、青色の窓にパスワードを打ち込むところで手を止めた。

俺は冷静とムラムラのあいだで考える。

(これから、どんな女の子と出会うかわからない…ムダ打ちは控えねば。)

イヤイヤ期の息子を落ち着かせながら、ホテルをチェックアウト。

 

俺はこれから福岡市に向かう。

そして福岡で3泊したら、大好きな沖縄へ旅立つ。

出会い旅も折り返し地点。札幌に戻れば厳しい冬が待っている。

浮気症でメンヘラな恋人は、きっと俺のことなど忘れているだろう。

 

俺は浦島太郎の物語に自分を重ねた。

この竜宮城から戻った時、待っているのは孤独な現実だ。

(浮かれ気分で南国にいこう。そんで、札幌に戻ったら潔く逝こう。)

ダメ元でガールズバーの女をご飯に誘ってみる

ガールズバーの女の子

午後2時。福岡市に到着。

俺は春吉にある「いつもの」有料駐車場に車を停める。

春吉はあまり治安が良いとは言えない場所なので、車中泊をするにはちょっと心配だ。

さて、今日は「柔ちゃん」と再デート。そのためにわざわざ熊本から戻ってきたのだ。

柔ちゃんは柔道家の「谷〇子」に似ていて、とっても美人だ。

前回会った時は、生理中でエッチができなかった…だけど今日こそは。

(オナニーも我慢した。ガンガンいこうぜ!)

車内で寝袋にくるまりながら、ゲスい考えをめぐらせていると、あっさりと意識が薄れてくる。

仮眠から目が覚めると午後5時前。

柔ちゃんとの待ち合わせは午後8時からだ。

(まだ、時間がある…暇だ。)

出会い旅で一番辛いのが、肉体の疲労よりも「暇な時間」である。

どうせなら動き回って、たくさん思い出(ブログのネタ)を作りたい。

常連客じゃないから恐れず誘え!

誘うのはタダ!恐れず進め

「そうだ!…あの子はどうだ?」

俺は中州のガールズバーで出会った「バー女」の存在を思い出す。

バー女は女性タレントの「スザンヌ」を数回殴ったような顔をしている。つまり美人だ。

(ダメ元で電話してみよう…誘うのはタダだ。)

俺はあのガールズバーの常連客じゃない。常連になるつもりもない。だからこそ無茶もできる。

 

プルルルプルルル!

 

バー女「は~い…もしもしぃ。」

「こんにちは。あなたのYUちゃんです。」

バー女「うん。それは知っとぉけど(笑)」

「あのさ、いまヒマ?」

バ「ど~したと?メールしても返ってこんけん。くらしたろ思っとった(笑)」

「くらす?…水のトラブル?」

バ「それはクラ〇アン!…くらすの意味は自分で調べてみて。」

うーん方言がわからん。

「同伴してくれる?」もセットでついてきた

同伴もよろしく

「一緒にご飯食べたいなと思って。」

バ「え?いまから?」

「うん。」

バ「でも、あたし午後9時までにお店入らなきゃだから…それとも同伴してくれると?」

(やっぱり同伴もセットでついてくるか…。)

同伴をしないガールズバーもあるが、最近は同伴OKの店も多くなった。中には同伴料を取らない優良店もある。

 

「同伴は…給料日まで待ってくれ。俺も午後8時から予定あるからさ、一緒にちろっと飲もうぜ。」

バ「え~!どうせキャバクラ行くんでしょ?」

「いや…オッパブに行く。」

バ「キモっー!それならウチの店来てよぉ。」

「じゃあ、おっぱい触らせてくれる?」

バ「う~ん。ドンペリ入れてくれたらいいよ♡」

「ドンペリ入れるなら、キミにも入れたい。」

バ「ハァ~?キモいの真骨頂だね。」

 

このままではダメだ。

どうにかして「お店来てよトーク」から引き離さなければ。

思いがけぬ「デートOK」の返事

「とりあえず今から春吉にいるから来てよ。」

バ「わかった。いくよ。」

「…え?いいの?」

バ「うんOK。準備するから30分くらい待ってて。」

彼女はそう言い残すと、せわしなく電話が切れた。

 

(してやったり。アポ成功だ!)

何が彼女の心を動かしたのかはわからないが、とにかく俺はバー女と遊ぶことになった。

福岡は「客」と「キャスト」の垣根が低い

福岡のガールズバー嬢やキャバ嬢は、人懐っこい子が多い。

「客」と「キャスト」の垣根が低いのだ。客側から見れば、これはとてもありがたいことだ。

 

デートの約束をとりつけたとはいえ、バー女と会えるのはわずか2時間程度。

かなり無謀なスケジュールだし、無駄金を使うこともわかってる。

(でも、その無駄を楽しむことに意味がある…俺の半分は役に立たないもので出来ている。)

 

バー女「いまタクシー乗ってる。そろそろ春吉着くばい♡」

ハートの絵文字に勇気づけられ、俺は車から勢いよく飛び出した。

この街は本当に素敵な女子で溢れてる。

いざ合流。夜の女はテンションが高い

春吉の交差点にあるローソンにやってきた。

ヘパリーゼのドリンクをレジに差し出し、外国人店員に小銭を差し出す。

店員「アリガトゴジャース」

ゴミ箱の前でキャップをあけると、ゴクゴクとへパリーゼを流し込んだ。

その横では、香水の臭い女がウコンの力を飲んでいる。

 

(おやおや、これから出勤ですか?)

ローソンの前でタバコに火をつけ、ヘパリーゼの甘ったるい余韻を楽しんでいると、

向かいの横断歩道から、色気のないフォームで女が走ってくる。

 

(バー女だ…アイツ、走り方めっちゃブスやん。)

 

バ「ちょっとちょっと!路上喫煙はだめやって!」

彼女はそう言って、俺の右手を掴んだ。反動でタバコの灰が風に乗って散る。

 

「あ、ごめんなさい。」

俺は携帯灰皿にタバコの吸殻を押し込んだ。

 

「ねぇ生徒会長…なんか顔が浮腫んでない?」

バ「わたくしめに清き一票を!…ってだれが生徒会長や!」

(…博多でノリツッコミできる人…初めてみた。)

 

バ「昨日飲みすぎちゃってさ、ごめんね。顔パンパンで。」

バ「それと、今の浮腫んでるって言葉?それ、セクハラだから。後で訴えとくわ。」

「…酒も入っていないのに、ハイテンションだな。」

 

ガールズバーの女はお店の外でもテンションが高かった。

福岡人は焼き鳥が大好き

バ「それで何ご馳走してくれると?」

「…焼いた鳥。略して焼き鳥。」

バ「おっいいね~!博多女子の気持ちわかっとぉやん!」

(そ、そうなの‥?)

 

バー女が腕をからめてくる。

(ガールズバー店員とはいえ、さすが夜の女だぜ…一緒にいて楽しすぎる。)

 

ちなみに福岡には、焼き鳥屋が多い。

「石を投げれば焼き鳥屋に当たる。」そのぐらい多い。

福岡人は焼き鳥が大好きなのだ。

春吉本通を10秒進むと、スグに焼き鳥屋が見つかった。

 

「らっしゃいませ~!」

 

威勢のよい掛け声に乗って入店。

まだ開店したばかりだが、既に2組の客がいる。

 

「おビール二つ!」

バ「うえーい!カンパーイ!」

キンキンに冷えた黄金色の液体を泡と一緒に流し込むと、腹が「ギュルルルル」と鳴った。

(…あ、これ下痢予報だ。)

あたしは同伴をあきらめない

あきらめたら試合終了ですよ

バー女「あ~今日はずっと一緒に飲みたいな~♡」

そう言って彼女は俺の脇腹を竹串でつついた。

 

「ちょっと!危ないし汚いでしょ!」

バー女「ねぇ~ダメぇ?か~んち!同伴しよっ!」

「ネタが古いって!今日はお店にはいかない。キミの同伴ポイントにはならない。」

バ「なんでよ~!いいや~ん!あたしは同伴をあきらめない。」

 

「だってさ、あのガールズバー…ガラ悪いもん。」

バ「はぁ?そんなことないし!ウチのお客さんみんな…。」

「みんな?良い人だって?」

バ「まぁ見た目は怖い人多いけど…。」

 

「やろ?俺も初めて中洲言った時、強面が多くてチビったもん。」

バ「まあそこは警察24時の中洲やし。でも、ケンカとか滅多に見ないよ。」

「ごめん、今日はホントに都合が悪いんだ。」

バ「たー!つまらん!」

バー女はペシッと俺のデコを叩く。

 

彼女はとてもノリが良い。

勤めているガールズバーでも人気の店員だ。(酒飲むと少し暴力的になるけど)

顔は「残念なスザンヌ」だけど、表情に愛嬌があって良い。

そして、頑張ればヤレそうな親しみやすさが、男達の心をひきつけて離さない。

セクハラで解散?

「キミってさ。エッチの時どんな感じなの?」

俺は酒の勢いで聞いてみる。

バ「…とつぜん何言ってんだ?おめえは。」

「バー女ってさ。セックスの時は大西洋のマグロ系?」

返事がない。あるのは生暖かい空気だけだ。

 

バ「あっ!いけない!もう出勤の時間だ!あたし、そろそろ行くね!」

「帰り方が下手くそすぎるだろ!」

まさかのセクハラで解散。調子にのってやらかした。

だけど落ち込んでもいられない、俺には次のアポがある。

まさかの「明日遊ぼう」でつながる可能性

バー女は座敷の端っこに腰掛けて、ブーツをはいている。

 

バ「今日はごちそうさまでした。」

「おう!常連のチンピラたちによろしくな!」

バ「え~?YUちゃん怒ってる?」

「…ん?怒ってないけど?」

 

バー女が引きつった表情になっている。

なんだか、後味の悪い終わり方になりそうだ。

 

(何が悪かった?とにかく、あとで謝ろう。)

 

バ「じゃあさ…。明日、二日酔いじゃなかったら、一緒に遊んでよ。」

「お?お‥おう。それって同伴…」

バ「じゃ!電話するから!」

そう言って、バー女は忙しそうに店を出ていった。

 

(二日酔いじゃなかったら?…これは期待していいの?その可能性信じていいの?)

 

誘われる時間が、

  • 夕方だったら、ガチの同伴目的。
  • 昼間なら脈がありそうな同伴目的。

(どっちにしろ同伴じゃねえか…。)

俺は複雑な気持ちになりながら、焼き鳥屋を出た。

 

携帯をチェックすると3件の着信が入っている。

(嘘?約束の時間‥過ぎてる?)

バー女とのデートはオマケだ。これからが本番なのだ。

 

続き➡出会い系で知り合った「クズなダメ男」と再会した話