出会い系体験日記

函館に到着。俺は「思い出」の北海道に上陸する

投稿日:2018年10月13日 更新日:

函館

北海道来ちゃった!4年ぶりの函館が懐かしい。

到着のアナウンスが流れる。

午前6時、津軽海峡フェリーは約4時間の航海を経て、無事函館へと着港した。

なんと!これで料金は約3,000円!

「船に乗って海を渡る」と「北海道に行く」というイベント性を考えると、結構お得な気もする。(夜は寝てるだけだが)

「んんん!」

トイレで用を足し、洗面台の前でグッと背伸びをする。

この船を降りれば、めでたく北海道の地に足を踏み入れることになるのだ。

オッサン時間の早さを思い知らされる。

ふと札幌に住んでいた頃の思い出が脳内を駆け巡った。

(トラウマは解消されている。トラウマは解消されている。)

俺は機械のように呪文を唱えた。

 

 

(そうか・・函館に来るのはほぼ・・4年ぶりか。)

 

加速度的に早く過ぎていく時間と、一向に時間が進まない日記。

俺はそんなジレンマを感じながら、ひっそりと津軽海峡フェリーを降りた。

 

「ほ、北海道は、でっかいどう・・。ブルルッ!さ、寒い!

 

さて晴れて北の大地を踏んだわけだが、あいにく小雨が振っている。

空気もずいぶんと冷たい。

チャリはヤバイって!レンタカー借りるって!

フェリーからは、どんどん車が吐き出されて行く。

これから北海道を旅する人、北海道に帰ってきた人、それぞれの思いを載せて、車はなにかに導かれるように走り去っていった。

 

俺はその光景を立ち止まって見守っていると、その横をロードバイクが勢いよく駆けていった。

 

(この時期に自転車旅はやべえよ・・?寒いし・・クマとか出たらどうすんの?クマって足速いんだぞ?)

 

もう10月後半だ。北の大地はかなり寒い。

北海道は九州の二倍ほどの大きさがあるのだ。目的地までがクソ遠い。

 

ここからチャリで回るとなると、アイツ・・長万部あたりで太ももがパンクしちまうぞ。

しかも北海道ではクマがめっちゃ出る。

ツキノワグマじゃない。ヒグマだ。冬眠前の秋ヒグマはガチでヤバイのだ。

 

(頑張れ・・生きて帰れよ。)

 

そんな彼の無謀とも思える冒険が羨ましくも思えた。・・やらんけど。

 

ロードバイカーの健闘を祈り、YUTAROはさっさとレンタカーを借りに行くのだった。

向かった先は、フェリー乗り場から歩いて5分くらいにある、個人経営っぽいレンタカー屋「ワンズレンタカー」だ。

ワンズレンタカー

カー○を無理矢理犬にしたような看板が目印だ。

 

キレイな事務のお姉さん(昔ヤンチャしてたっぽい)にドキドキしながら、レンタカーの契約手続きをすませる。

ワンズレンタカー

借りたのは、人気の小型車。4泊5日でこのお値段。めっちゃ安い。

 

「このサイズ!俺にちょうどFITするぜ!四日間頼むぜ相棒!」

 

俺は短期契約の相棒に乗り込むと、さっそく函館の街へと繰り出した。

函館の朝市で海鮮丼食う

海鮮丼

「うひょおお!函館とか懐かしい!」

函館はコンパクトだけど味のある街だ。

 

以前出会い系で知り合った女の子。・・元気にやってるかな?

連絡を取りたいが、残念ながらその手段はもう・・ない。

 

さあさあ気を取り直して函館といえば朝市だ。(情緒不安定)

函館駅近くの駐車場に車を停め、起きがけのテンションで朝市へ繰り出す。

 

「おうおう!盛り上がっとる。」

 

市場に入ると、威勢のいい声があちらこちらで響いている。

中国人観光客の集団が物珍しそうに、店の前に並ぶ商品を見たり、スマホで写真を撮ったりしていた。

 

(ここで魚を買っても、中国まで持って帰れるのかな・・?)

 

ちなみに函館朝市は観光市場なので、売っているものは結構高い(気がする)。

交渉しだいで値引きをしてくれたり、おまけをしてくれることも多いので、

「お兄さん、もうちょっと安くならない?」

「なんかおまけしてよw」

と恥ずかしがらずに聞いてみよう。

 

もし、断られたら、「そうですか・・。他の店もちょっと見て回りますね。」的な感じで店を後にすればいい。

そこでもう一度顔を出すと、サービスしてくれるって寸法さ。

俺はこれでじゃがいも一箱もらったぞ。

 

「腹が・・減った。」

 

朝市を歩き回ったら、胃のほうもヤル気を出してくる。

北海道に来れば、孤独のグルメぽい事もやってみたくなるというもの。

 

「やっぱり海鮮丼だわな。うん。」

ということで、若くてキレイな女の子が働いている店にお邪魔する。

 

店内には、有名人のサインが所狭しと飾られていた。

だけど店の名前忘れちゃった。なんせ店員さんが可愛かったから。

 

(やっぱこれこれ!お久しぶりです!ボタンエビさん♪)

 

ボタンエビのプリプリの身が、ねっとりと舌に絡みつく。その甘さにノックアウトだ。

 

(九州だと、甘エビだとか、ボタンエビは、ほとんど食べられないからなあ・・。)

 

俺は新鮮な海の幸を、勢いよく口に運んだ。そして思うのだ。

 

(やっぱり福岡の醤油持ってこれば良かったなあ!)

 

旨いけど。北海道は素材の味に頼りすぎな面がある。もっと醤油をぶっかけたい。旨いけど。

 

腹も膨れたら、後は一心不乱に車を走らせるだけだ。

向かうのは札幌だ。あの街には思い出が濃霧のように漂っている。

続き【札幌の出会い】キャバ嬢っぽい女とススキノでムフフな夜

前の日記⇦⇨次の日記

  • この記事を書いた人

YUTARO

ネットナンパ歴17年目の自称出会い系マスター。会った女性の数は400人を超。女子に会いに行く為に全国を巡ったりする変人。末期の男性型脱毛症である。「出会い系で結果が出ない人、わからない事は俺に相談だ!」 ▶相談する

-出会い系体験日記
-

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! , 2019 All Rights Reserved.