本日より相談の返信を開始致しました。まずはメール相談を返信させていただきます。LINE相談に関しては25日からとさせていただきます。

【大ショック!】別れた彼女に妊娠発覚。それって俺の子?

「ゲホ!ゲホ!気管に入った・・。」

テーブルの上には、俺の口から吐き出された「元コーラ」が散らばっている。

大阪子は手のひらで、自分の顔をぬぐっていた。

「なにすんねん!アホ!」と言われるかと思ったが、彼女は銅像のように神妙な顔をしている。

 

(えーっと・・赤ちゃん?ベイビー。こんにちは。Now Loding…。)

状況を把握しようしているが、うまくいかない。

長い進化の過程で人間の脳はしてきた。しかし、ちょっとしたショックでバグが起こるものである。

YUTARO(俺)このブログを書いている人。名古屋出身で札幌に移住中。実はハゲているため帽子を被って隠している。元カノに連絡した結果、妊娠を告げられる。

大阪子YUTAROの元カノ。元々は大阪でキャバ嬢をしていた。約一年、同棲生活を送るが破局。現在はすすきのニュークラで働いている。なんか知らんけど妊娠した。

告げられた「妊娠」にうろたえる俺。

大「YUちゃん・・YUちゃん・・大丈夫?」

遠くから声が聞こえる。

「ああ・・だいjyoubuda。」

声がうわずっている。

「もう一度聞いていい?妊娠したって・・何を?」

もしかしたら大阪子の言う「妊娠」には、違う意味があるのかもしれない。日本語はややこしいからね。

 

大「わたし、赤ちゃんを妊娠したみたい・・。」

「つまり、この世に新しい命が誕生しようとしている・・と?」

大「うん。」

「ファーー!!」

俺の脳天から、この世のものと思えない奇声が漏れる。

 

元カノが妊娠。何て言えばいい?

おめでとう

(・・こういう時はなんて言ったらいいのだろう。)

 

「え、えっと・・お、おめ・・おめでとうございます?」

俺は精一杯、お祝いの言葉を絞り出した。

妊娠はめでたいことだ。たぶんこれで正解なのだろう。

 

大「うん、ありがとう。」

複雑な表情をして大阪子は笑った。

 

大「わたし、ここのところ体調が悪くて、生理も何カ月も遅れてたから。」

大「もしかしたらって思って、今日の朝一で産婦人科に行ってきたの。そしたら妊娠してますって。」

大「ほら人間ドックはレントゲン検査とかあるから・・レントゲンは赤ちゃんに良くないから・・すっぽかしてごめんね。」

大阪子は堰を切ったようにトークを開始する。

彼女の説明くさい言葉が、俺の鼓膜に、ボディに、胃袋に突き刺さる。俺と彼女の攻勢は完全に逆転した。

 

聞きづらいけど・・誰の子ですか?

だが、まだ一縷の望みがある。もう、その希望にすがるしかない。

それは「お腹の赤ちゃんは、俺の子じゃない」という可能性だ。

 

・・俺は記憶を辿った。

 

(大阪子とは1月に温泉旅行に行ったきり会っていない。約2カ月前だ。)

(その旅行先でセックスをした。・・まさかその時に?)

(そ、そうだゴム・・。コンドームは付けたっけ?付けてなかったような・・。)

パズルのピースがどんどんハマっていく。冷や汗が広い額から冷や汗が、とめどなく溢れ出してくる。

 

「大事な話があるの・・。」

数時間前に聞いた、大阪子の電話の声がリピートされる。

彼女はその「大事な話」を俺に向けてしている。しかも妊娠がわかったその日に。

 

「なあ、もうわかってんだろ?」誰かが言った。

「いやいや、俺は昔から早とちりでドジだし。」また、誰かが言った。

「めんどくせえ。直接聞いちゃえよ。」

ああ・・今日はよく空耳が聞こえる日だ。

 

「あの・・言いづらいんだけど・・お腹の子のパパは?」

大「・・あなたの子や。」

「ぺぺぺぺぺぺ・・。」

視界が急激に狭くなり、目の前が真っ白になっていく。

 

お腹の子の父親は俺だった。

別れた彼女から突然の「妊娠宣言」。

しかも、お腹にいる赤ちゃんの父親は俺らしい。青天の霹靂とはこのことだ。

寒くないのに指先はプルプルと震え、暑くないのに額に汗がにじむ。

 

正直、信じられない。でも・・心当たりはある。めっちゃある。

 

(まさか、あの夜の一撃が、痛恨の一撃だったとは・・。)

混乱して、大阪子にかける言葉すら全く思いつかない。

 

大「久しぶりに会ったのに、妊娠したなんて言われたら困るよね。」

「ハイ!めっちゃ困ります!」とは言えない。

 

「そ、そうやな・・うーん。どうしようかなあ。」

俺はさっきから、そんな言葉ばかり口にしている。頼りないパパでごめんよ。

 

大「そやね!いきなり言われても、答えなんて出ないよね。」

大「わたしも妊娠してるの知ったばかりで、頭の中グチャグチャやねん。」

大「今日はもう遅いし帰るわ。YUちゃんもゆっくり考えてみて。明後日もう一度会って話せる?」

彼女のほうが、俺の100倍冷静な気がした。

 

「わかった。ちょっと頭冷やして考えてみる。ごめんな。」

通りでタクシーを拾い、大阪子をのせる。外はもう真っ暗だ。

 

「じゃあ明後日の夕方に。気を付けて帰ってな。」

それから俺は、どうやって家に帰ったかを、あまり覚えていない。

なぜか大量の「焼きそばUFO」が、セイコーマートのビニール袋に入っていた。

 

鍋を火にかけてお湯を沸かし、UFOの中に注ぐ。

(俺は固めが好きだから2分半・・。)

出来上がったUFOは、なぜか伸びきっていた。

それでも、空腹が満たされると、少しづつ正気が戻ってくる。

 

「そうか俺に、俺達に子供ができたのか・・。」

俺は換気扇の下でタバコの煙を吐き出しながらつぶやいた。

 

大阪子に会うのは、今日が最後のはずだった。

まさか、ここで元カノの妊娠が発覚するとは・・。神様はなんてイタズラっ子なんだろう。

 

「責任と結婚」ゲロも噴き出る。

「責任」

その言葉にギュッと胃のあたりがざわつく。子供ができたとなれば、責任感の無い俺でも、ズシリと重くのしかかってくる。

 

「結婚」

大阪子との結婚は付き合っている時から正直考えていなかった。

この状況でもしアイツと結婚しても、一生愛せる自信が俺にはない。

 

(なんで!俺はゴムを付けなかったんや!)

クズの後悔、先に立たずである。

 

急に吐き気に襲われ、キッチンのシンクにUFO(だったもの)をぶちまける・・・。

芳醇なソース香りと、胃酸の臭いにやられて、すぐさま2ラウンド目をぶちまける。

本当に俺の子なの?疑惑と疑問。

俺

胃の内容物が空っぽになると、少し冷静さが戻ってきた。

 

「・・本当に俺の子?」

まず、その考えが出てくる。

大阪子は男に奔放なところがある。明るい性格で、顔もスタイルも良い。だけど決定的にガードが低い。

大阪子が街に出ると、必ずナンパやスカウトにあう。しかも立ち止まって話を聞いちゃったりする。

俺が把握しているだけで、過去に二人の男と浮気している。

アイツの男に対しての、だらしなさを考えれば「他の男の子供を妊娠している」という可能性はないだろうか?

俺と別れてからの数か月間で、他の男とセックスをしていないという保障もないのだ。

俺は妊娠を全く喜べない

子どもはかわいい。でも、本当に俺の子か疑問を感じる。

大阪子はもう好きじゃない。でも、責任は取らなければ・・。

今の彼女を愛している。でも、元カノと結婚することになれば、彼女を失うことになるだろう。

 

「でもでもでも」が続いていく・・いますぐ答えなんて出るわけがない。

俺は元カノの妊娠を全く喜べない。

↓ この話の続きも読んでみませんか? ↓

続きを読む➡結婚か?中絶か?妊娠させた彼女と人生を決める話し合い