ハッピーメール体験談

あの日3 姫路駅にて出会い系で待ち合わせ!現れたのは○○サイドの人間だった。

投稿日:2015年8月1日 更新日:

午後7時半、ホテルを出て姫路駅に向かう

「あわわわ・・東北・・てか日本はこれからどうなるんだろう・・。」

震災の状況も気になったがアポを「すっぽかす」わけにはいかん。

直前ですっぽかされる悲しみは誰よりもわかっているつもりだ。(連絡もない場合もあるけどね。)

アポではブスが来ようが槍が降ろうが、とにかくどんな相手が来ようとも「一次会だけは楽しく」・・それが俺のモットーだ。

ということでYUTAROは「みゆき通り商店街」を歩きながら姫路駅に向かっている。

帰宅ラッシュの人の波に乗って到着。

待ち合わせの10分前という社会人として絶妙な時間にたどり着くことができた。

姫路駅は結構大きい駅だ、この駅で今日のアポ相手を見つけるのは至難の業だ。

浜松駅で「冷やかし」にまんまとハマり。すっぽかされて泣いた、嫌な経験を思い出した。

「駅に着きました。入り口にいます。とりあえず着いたら電話ください。非通知でもいいんで。」

さっそく播磨女に到着の報告をする。ついでにメールに電話番号を添付しておいた。

メールでの待ち合わせ相手と合流するのは面倒だし、「○○さんですか?」とワンクッションおいて声をかけるのもちょっと緊張する。

最近はできるかぎり電話で合流するようにしている。

 

ブ―ブ―ブ―!

「おわっ!」

 

すぐに電話がかかっている。

「もしもし?」

播「もう着いたんですね!私も入り口のところにいますよ。どっち側の入り口ですか?」

大阪子以来の関西弁イントネーションだ。

「えっと・・どっちだろ?デパートがあります。」

播「デパートですか、フェスタ(現ピオレ)・・いや山陽百貨店かな?たぶん東口ですね。このままつないでてもいいですか?」

「全然かまいません。」

YUTAROと播磨女はあーだこーだとお互いヒントを与えあいながら接近していく。

駅などの人が多い場所ではここらへんで苦戦する。

播「あっもしかしてあれかな?」

「おっもしかして。」

そんな感じで二人は無事合流することができた。これにてアポ確定である。

播「どうも~♪地震大丈夫でした?」

「いやテレビ見てびっくりした!名古屋は全然揺れてなかったよ。」

そんな軽い挨拶でアポはスタートした。

 

播磨女の印象は「細っそ!」だ。

スタイルがいいというよりは、少しガリガリサイドの人間だ。細見のパンツなのに余っている。・・ケツの肉が圧倒的に足りない。

例えるならば、一青窈(ひととよう)をさらに細くして感じだ。

その細さ・・いや「ヤツレ感」から少し「不幸臭」と「メンヘラ臭」がした。

そして痩せすぎているせいか、28歳という年齢よりも老けてみえた。

女としては理想の体型かもしれないが、男(特におっさん)からしてみればもう少し肉感があってもいい気がする。

 

ああ・・この子にお腹いっぱい食べさせてあげないと・・。

 

「お腹・・減ったよね?」

二人はアーケード近くの居酒屋に向かった。

俺たちがその後、些細なことでバトルになることも知らずに。

続き⇨酒+恋愛の話で化学反応が起こる。

前の日記⇦⇨次の日記

  • この記事を書いた人

YUTARO

ネットナンパ歴17年目の自称出会い系マスター。会った女性の数は400人を超。女子に会いに行く為に全国を巡ったりする変人。末期の男性型脱毛症である。「出会い系で結果が出ない人、わからない事は俺に相談だ!」 ▶相談する

-ハッピーメール体験談

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! , 2019 All Rights Reserved.