ハッピーメール体験談

ホームシックにかかった遠距離彼女に会いに東京へ

投稿日:2018年7月3日 更新日:

ホームシック

ホームシック

「会いたい・・」彼女からの東京へ臨時招集

時期は6月後半へと進む。季節は梅雨真っ最中だ。

湿度を多く含んだ、じっとりとした空気のおかげで、全身から汗がとめどなく吹き出してくる。

「あ、あかん・・タクシー乗りたい・・。」

俺は美野島の自宅から博多駅へと向かう道中だった。

 

苺「東京ってさ・・人が多いのになんでこんなに孤独なんだろう・・。ねえ?YUちゃん。」

専門学校に通うために、東京へ行った彼女(苺女)が吐き出した言葉だ。

 

「え?どうしたん急に?なんかあった?」

苺「なんにも・・なんにもないよ・・。でも涙が流れるの。東京では星も見えないから。」

(うわあ・・なんかめんどくせえええ!)

「いや・・福岡でもPM2.5と黄砂で普通に星なんて見えないし、見ないしw」

苺「そういう意味じゃないよ。YUちゃんって空気読めん人だね」

彼女は東京という大都会に毒されてしまったのか?いやいや。ただのホームシックというヤツだろう。

「寂しいん?」

苺「うん・・。YUちゃんいつ来るの?」

「だって東京では人もビルもコンクリートで出来てるから・・。」

的なイミフな言葉も飛び出してきそうだったので、俺は彼女に会いに東京へ行くことにした。

⇩前回の苺女の話はコチラ⇩

寂しい!遠距離恋愛の前に彼女と一緒に行った最後の熊本旅行。

実はそれなりに心配しているのである。

 

さて回想シーンを挟みながら、博多駅へと向かっている。

 

「んごー!無理!」

暑くなると家に引きこもりがちな俺は、夏場体力がめっきり落ちる。

麻生専門学校のあたりでアクエリを買って、ゴクゴクと喉の奥へと流し込んだ。

「いかん!いかん!節約節約ぅ!」

ミニタオルで帽子の隙間から滴る汗を吹きながら、地下鉄で福岡空港へ。

(エアコンは20世紀最大の発明品だわ・・。)

 

出発時間には、まだ余裕があったので、空港でお土産を買うことにした。

「明太子なのか?やっぱり明太子なのか?」

福岡土産といえばとりあえず「明太子」なのだが、一人暮らしだとやっぱり塩分が気になるところ。(オッサン)

中間を取ってめんべい(明太子のせんべい)を買っておいた。

でも、福岡土産で彼女のホームシックが加速しなければいいが・・。

もうすぐ飛行機の出発時刻だ。

 

「いまから飛ぶぜ?」

苺「飛行機落ちないかな?大丈夫?w」

「そういうのヤメロw」

苺「じゃあ羽田着いたら連絡してね☆」

「・・おう。」

彼女の余計な一言で、「そういや飛行機ってたまに落ちるよね。」ネガティブな発想が湧いてくる。

ギリギリまで、飛行機の墜落の可能性をスマホで調べる。

 

「飛行機の墜落する確率は0.0009%・・宝くじで一等当たる確率よりも低いだと?」

ホッとする反面、なぜか今なら宝くじが当たりそうな気がした。

東京怖い

僕は東京が苦手。路線図が迷路やもん!電車の乗り方わからんもん!

女性キャビンアテンダントの機内アナウンスが、まもなく羽田空港へ到着することを知らせる。

「東京か・・。」

YUTAROは東京へ苦手意識がある。

 

それはラッシュ時の電車の息苦しさのせいだろうか?

自転車に速度で負けるレベルの道路渋滞のせいだろうか?

希望を抱きながら、東京まで面接に出向いた挙げ句、ことごとく落とされたせいだろうか?(だって就職氷河期世代だったもん。)

ちなみに就職活動中のボクは、その鉄道交通網の複雑さから、面接会場までたどり着けず、魂をケツからひねり出しながら、山手線を三週して、サラリーマンと一緒に新橋でヤケ酒飲んで、そのまま名古屋に帰ったという過去がある。

YUTAROが東京を苦手な理由は、たぶんこのトラウマが大きい。

きっと2020年の東京オリンピックで、お目当ての競技会場にたどり着けない外人さんが多発する気がしている。

だから「東京なんて人間の住むところじゃねえぜ!」とかたまに思っている。

※コメントくれたりとかLINEでやりとりしてる東京の人達は、皆めっちゃいい人達だよ♡

 

そんな日本の首都へ・・landingだ!

 

「ふふっ!久しぶりだな・・東京さんよお!今日は借りを返しに来たぜ?」

今日のプランは「浅草デートをした後、できたばかりの東京スカイツリーでカップルデートっぽい事をする」・・である。

「さーて浅草までは・・。うーん・・わからん\(^o^)/」

迷路のような路線図は「わからんちんどもとっちめちん状態」である。(詳しくは一休さん)

東京路線図

※JR東日本より

こんなん読めへんやん?普通。

「よーし!こうなったら、さっそく苺女に電話だ。」

プルルル・・プルルル・・。

 

苺「もしもし?」

「あの・・浅草までいけません。」

苺「なんでよ?」

「行き方が意味不明。\(^o^)/」

苺「京浜急行に乗ってうんちゃらかんちゃら。それかモノレールでうんちゃらかんちゃら」

「???!!!www」

苺「わかった?てかなに笑っとーと?w」

「た、タクシー・・。タクシーなら目的地まで連れてってくれる・・。」

苺「タクシーなんて乗って浅草行ったら、一万くらいかかるよ?」

「あわわ・・。東京さ怖いとこだあ。」

 

俺は到着30分も経たないウチに、すでに東京に負けていた。

続き⇨【浅草観光】僕のトラウマの地

次のページへ >

  • この記事を書いた人

YUTARO

ネットナンパ歴17年目の自称出会い系マスター。会った女性の数は400人を超。女子に会いに行く為に全国を巡ったりする変人。末期の男性型脱毛症である。「出会い系で結果が出ない人、わからない事は俺に相談だ!」 ▶相談する

-ハッピーメール体験談
-, , , , ,

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! , 2019 All Rights Reserved.