谷山子

30歳のおばさんになったセフレの誕生日を祝う

谷山子

30歳になってしまった鹿児島のセフレを祝う。

谷「あたし30歳になったよ!お祝いして!」

口の悪い鹿児島のセフレから連絡が来たのは数日前のことだ。

「女の30歳は全くめでたくないぞ?・・でも一緒に泣いてやることはできる。」

俺も口の悪さでは負けてはいない。歯に衣着せぬ二人の会話は、はたから見ればケンカをしているように見えるかもしれない。

そんな彼女とセフレになって、早いもので5年目。おかげさまで、言葉も体もぶつけ合えるほど、深い仲になってしまった。

これはもう、セフレというより昔ながらの悪友に近い存在だ。

 

谷「あたしこの日が空いてるから、鹿児島まで祝いに来てよ。」

セフレから「誕生日会」のおねだりだ。しかも、日程まで向こうの都合とは・・なんて図々しいヤツなのだ。

「え?この日しかダメなの?」

谷「その日は大安だから。」

「ねぇ、キミってやっぱりジャイアン生まれ変わり?」

谷「ジャイアンはまだ死んでねえよ。まあまあ、ウチに泊まってっていいから。」

ひょんなことで彼女の30歳の誕生日を祝うことになったわけである。半ば強制的に。

 

鹿児島市に住むYUTAROのセフレ。ワクワクメールで出会った。大食いで天真爛漫。性欲がめちゃくちゃ強い。セフレ関係を続けて5年になる。

≫ 谷山子のお話一覧を見る ≪

 

セフレの誕生日を祝うかどうかの判断基準

誕生日ケーキ

YUTAROはこれまでに、セフレの誕生日を何度か祝ってきた。親しい関係を継続するなら、誕生日は祝ったほうが捗るからだ。

ただし、誕生日を祝うかどうかの判断基準もある

  1. 恋愛対象である。
  2. 関係を長く続けたい。

この二つはあくまでYUTAROなりの判断基準だが、説明していこう。

①恋愛対象である。

恋愛対象に入るセフレの誕生日は率先して祝っている

恋愛対象に入るセフレとは、先にエッチは済ませてしまったけれど、好きになっちゃって、いずれは恋人にしたいと思っているセフレである。

こういう相手は、レストランを予約して、プレゼントも用意して、めっちゃ本気を出して祝う。もちろんデート費用は全額負担。

むしろ、誕生日とか関係なしに、さっさと告白にしたほうが、自分の精神衛生上にも良いと思う。

②関係を長く続けたい。

セフレには純粋に「体だけの関係」も多い。まさに谷山子のようなタイプの女性。

  • 「性格にはクセがあるけど顔はカワイイ。」
  • 「ブスだけど体の相性がめっちゃ良い」

など、恋人にするにはアレだけど、関係続けていきたいと思っているセフレの誕生日も祝っている

ただし「いつものデートより少し豪華」にする程度。デート費用は全額負担だが、プレゼントは用意しない。

下手に本気で祝ってしまって、お互いに恋愛感情が産まれてしまうと、セフレ期間の短縮にも繋がることもある。だからアッサリ祝う。

どちらにせよ、せっかくセフレを作ることができたのだから、年に一度の誕生日くらいはお祝いしてあげると、人には言えない二人の関係もいい思い出になるだろう。

最初は「都合のいい女」と思っていても、時間が経つと情が移ってくることもあるしね。

 

・・さて、物語の続きである。

気が付けば5年。長すぎるセフレ関係。

コンドーム

車はようやく谷山子のテリトリー鹿児島に突入する。朝早く福岡を出たのにもう夕方だ。300キロ近い距離は伊達じゃない。

(鹿児島に来るのは何度目だろう。出会った時は確か・・アイツ25歳だったっけ?)

谷山子との初アポ

出会い系の旅は鹿児島へ続く。まぶたが開く。俺はそのまま動かずに、しばらく天井を見つめていた。あれほどだるかった体も、嘘のように軽くなっている。 「ヤッター!カゼ治った!」 一時はリタイ[…]

 

第一印象は、とにかく「奇妙な女」だった。

あのぶっ飛んだ女と、セフレ関係が5年も続くとは・・出会った頃は思いもよらなかった。

しかも30歳の誕生日を一緒に祝うことになるなんて、誰が想像できただろう。

30代になっても精神年齢は上がらない。

天文館

(やっと・・天文館に着いた~・・)

鹿児島の中心地「天文館」へ到着したのは午後6時過ぎ。あたりはもう暗くなっている。

遠距離セフレを作ると、お互いの街を行き来することになる。

新鮮味はあるが、鹿児島までわざわざ会いに行くのはかなり大変だ。

 

俺は有料パーキングに車を停めると、早速彼女に電話をかける。

 

「いま着いたぞ!過労死寸前で着いたぞ!ちゃんと天文館に来てる?」

谷「もちろん!昼間から買い物してたわ!セブンでコーヒー飲んでるから来て!」

鹿児島弁のイントネーションにも、ずいぶん耳が慣れてしまった。

(※文字では表現しきれないので標準語で書いてます。実際はすごくなまってます。)

 

「それで、どこのセブンイレブン?」

谷「秘密~探してみて!」

「運転でイライラしてっから、そういうのやめろ!」

谷「ハァ!?つまらん。あたし誕生日なのに。」

「誕生日の免罪符ってすげえな。」

谷「じゃあヒントあげる。天文館通りの洋服の青山の近くです。グーグルマップに導かれて来いや(笑)」

俺は少ないヒントを頼りに、グーグルマップで目星をつける。

この5年間で携帯はガラケーからスマホへと大きな進化を遂げた。5年経っても全く進化しないのは、俺達の精神年齢だった。

見た目だけはキレイなおばさん。

「たぶん・・ここのセブンやな。」

「あはは!ハゲさんこっちこっち!」

聞き覚えのある笑い声。親しみをこめた暴言。

近視の俺が目を凝らしてみると、谷山子が向かいのビルに立っていた。

 

谷「ようこそ!鹿児島へ!」

「いやあ・・遠かったわ・・。」

谷「久しぶりやね!てか変わらんね。」

実に一年ぶりの再会だ。だけど、彼女の雰囲気がいつもと違う。黒い服装も相まって、妙に大人びて見える。

(コイツ・・こんなにキレイだったっけ?)

30歳になったから?少しセクシーな服を着ているから?

彼女はおばさんと呼ばれる歳になってしまったけれど、その見た目とエロさはバージョンアップしていた。

(・・この胸の高鳴りは何だろう。)

35歳の俺は不整脈を覚えている。

 

谷「さて・・本日の頭皮チェックです!」

そう言って谷山子は俺の帽子をはぎ取った。いつもこれだ、腹が立つ。

谷「うわぁ・・横からみるとスカりっぷりがヤバいっすね!」

「・・・泣」

谷「ほら!向こうの景色が透けてみえるよ!大根のカツラむきみたい!」

「・・ハゲだけにカツラむきってか。はは・・。」

わざわざ鹿児島まで来て、なぜ、傷つかなければなければならないのか・・。

 

俺をあざ笑う谷山子の目尻に「小さなシワ」が一本入っていることに気が付く。去年までこんなシワ無かったのに。

「ふふっ!・・30歳おめでとう。キミもお姉さんだね。」

そう言って俺は意味深な笑顔を浮かべる。言葉に皮肉をこめて。

結婚も恋もあきらめたセフレ。

「んで彼氏はできた?」

谷「できない!正確に言うと、彼氏できたけど半年で別れた。・・誕生日の前に逃げられた。」

「あらまァ・・。別れたばかりなのねぇ。」

だから、俺に連絡してきたという事か。

谷「てか、もう恋とか結婚とかあきらめた!」

「おいおい・・落ち着いてくれよ。俺と違ってまだ30歳じゃない?・・オジサンなんてもっと悲惨だぞ?」

谷「いいの!私には仕事とセックスがあれればいい!」

「・・こっちにセックスする相手はおると?」

谷「いない!おかげでアソコにカビが生えておる。」

「・・キミが結婚できない理由が、なんとなくわかった気がする。」

彼女の将来が心配だ。だけど、心にまでカビを生やしちゃいけないよ。

天文館でセフレの誕生日会

gurumedori

二人は鹿児島の中心地「天文館」を練り歩く。ふと味のある小路にさしかかる。

「ねぇ、ここグルメ通りだって。」

谷「美味いものが集う通りってことですかな?」

「んじゃあ、今日はこの通りで店を探しますか?」

グルメ通りの個室居酒屋「膳蔵」へ

鹿児島 膳蔵

俺たちが入ったのは、「膳蔵」という洒落た居酒屋。カウンターもあるが、個室中心の店のようだ。

オイラのセフレは声が大きく失言も多い。だから、個室で誕生日会をしたほうが落ち着いて飲める。

 

「ビールでいいかね?」

谷「うん。今日は買い物で動き回ってたから、とにかくお腹になにか入れたい。」

「おぅ!キミの誕生日会だから好きなもん食え!めでたく、おばさんの仲間入りしたんだから。」

谷「いいの?よっしゃ!バームカツと、だし巻き卵と、刺し盛りとー。しゃぶしゃぶと地鶏のお造りと、海老マヨとおむすび下さい!あと唐揚げ!」

「は?おまえそんなに食えるの?・・残すなよ。」

谷「任せとけ!もし残したら心置きなくセックスさせまくってあげる!」

(・・心置きなくセックスってなんだ?)

鹿児島飯はボリュームすごすぎた。

乾杯の後、続々と料理がテーブルに並ぶ。

バームカツ

膳蔵名物のバームカツ。ボリュームが半端ない。

黒豚しゃぶしゃぶ

鹿児島流のダシで食べるしゃぶしゃぶ(二人前)\(^o^)/イブクロオワタ

鹿児島料理の旨さに俺たちはハイペースで口に運んでいく。しかし、一時間も経たないうちに二人の箸が止まった。・・ゲフッ!

「おいおい!どーした?バームカツさんがまだ残ってらっしゃるぞ?」

谷「ブフー!ブフー!」

「全部・・食べれるんじゃなかったのか?ゲッフッー!」

谷「ハァハァ、なめるなよ?・・ちょいとトイレ。」

「・・吐くんじゃねーぞ。」

彼女は腹をおさえながら立ち上がり、荒い鼻息を俺の頭皮に吹きかける。

そして、お花を摘みにいったまま、二度と帰ってこなかったとさ。めでたしめでたし。

中年になっても下品なままの女。

谷山子

谷「めでたしじゃねえ~よ。」

しばらくして、彼女がトイレから帰ってくる。

「・・お腹大丈夫かよ?」

谷「ごめん!もう食えません!」

「・・マジかよ。俺も限界だぞ。もったいない。」

谷「それよりさ、トイレから出たらめっちゃ綺麗な人いた!」

「う、うそ?男連れ?」

俺たちのいた個室は、ガラス張りの窓から店の入り口が見える。

窓をのぞいてみると、ちょうど水商売風のキレイな女性が、社会的地位の高そうなオジ様に、エスコートされて店から出て行くところだった。

年齢は谷山子と同じくらい。クラブのチーママだろうか?

 

「おぉ、めっちゃ美人や!なんつーか、気品と色気が滲み出てますな。」

谷「・・ねぇ、私もあんな女になりたい!」

「いや・・無理やろ。キミも見た目はまあまあ美人だけど、気品のパラメータがマイナスやん。」

谷「うるさい。ハゲるぞ!」

「そういうとこだよ?口も悪いし・・下品だし。クラブのママってより、ヤンママにしか見えない。」

谷「ヤンママの悪口はやめろ。」

「30歳にもなってこれじゃ・・あの女の人みたいになれませんよ?せめてマナー教室に通いな。」

谷「なれるもん!あたしだって頑張ればなれるもん!」

「その語彙力じゃ無理だな。それに世の中、努力ではどうにもならない事があるのです。」

「うるさい!チ〇コ見せろ!」

「・・ち、チ〇コ?なぜ?」

俺は彼女の唐突な切り返しに戸惑いを隠せない。

 

谷「ほら!見せてみ?ファスナー下ろして見せてみ?」

いじめっ子の発想だ。

「いや・・個室といえども、ここはお店ですし。」

谷「ええい!もどかしい!」

谷山子が掘りごたつに潜り込む。

「ちょ!え?ああぁ!!」

彼女の突飛な行動を文章にするのは難しい。

ボクのセフレは三十歳になっても、変わらず下品なままだ。

結局、最後はセフレの部屋へ。

谷「いやぁ!食った!ご馳走さま!」

膳蔵領収書

「い、い、16240円!?」

一次会のお会計は・・1万6千円を超えてきた。

(・・食い過ぎだよ。)

福岡から鹿児島までの交通費も含めると、かなり痛い出費だ。しかし、谷山子は長い付き合いのセフレで、俺の大切な存在である。

そんな彼女が30歳の節目を迎えたのだ。このくらいのダメージは屁でもない(泣)

 

二次会はバーに行った。サーフボードが飾ってあるカジュアルなバーだ。

 

谷「ねぇ、バーテンのお兄さん。あそこのライト切れてるよ?」

バーテン「すいません、いま電球切らしてるんですよ~。」

谷「この人の頭と取り替えてみてよ。良く光るから。ガハハ!」

 

彼女は俺のハゲをネタにして酒を飲んでいる。バーテンさんは終始苦笑いを浮かべていた。

このえげつない環境に、俺はすっかり慣れていた。・・それが余計に悲しい。

 

「そろそろ、谷山子の部屋にいこうぜ。」

谷「はぁ?まだ午後10時だよ?」

「なんか眠くなってきた・・。それに飲みすぎると、エッチに支障がでるかも?」

谷「わかった、スグに向かおう。」

誕生日のお祝いよりも、セックスのクオリティを求める。それがオイラのセフレである。

≫ 谷山子と出会ったサイトを見る ≪

続く➡ムラムラする!30代女のガチな性欲を目の当たりにした体験