彼女はメンヘラ?頭おかしい行動が多すぎて辛い。

俺の両親への挨拶は無事に終わった。

あとは彼女の両親への挨拶がすめば、結婚生活に向けて一気に行動を開始できる。

だけど、実家からホテルに戻ってきてから、どうも彼女の様子がおかしい。

「・・どうした?」

大「えっと・・実は・・やっぱ言いにくいねんけど。」

大阪子がゴニョニョと口ごもっている。そんな彼女の様子に俺はイラつきを覚えた。

「黙ってたらわからんから、ハッキリ言ってよ!」

口調が少しキツくなる。

 

大「あのね・・言ってないの。」

「え?・・何を?」

もうこれ・・嫌な予感しかしないんだけど。

 

大「YUちゃんと結婚するってこと、ウチの親に伝えてないの・・。」

「・・クポ?(ちょ、ちょっと待ってくれ。)」

頭の整理が全く追い付かない。このメンヘラ女はいつも俺の想像の上を行く。

彼女は嘘付きなメンヘラだった。

大阪子の両親に挨拶に行く事は二週間前から確定していた。

だから、俺たちは札幌から地元の名古屋に遠路はるばるやって来たのだ。

前もって大阪のホテルも抑えてあるし、新幹線のチケットも予約してある。

親に結婚するって伝えてない。

「娘さんをください!」的な流れなら、まだ結婚を両親に伝えていないのもわかる。

しかし、彼女は妊娠している。もうすぐ子供が産まれるのだ。絶対に結婚しなければならないのだ。

(それなのに・・言ってないだと?)

「えっと・・。せめて、彼氏が挨拶に行くってのは伝えてある・・よね?」

大「いや、それもまだ伝えてませんです。」

「・・クポポ?」

彼女は高速かつ大量に瞬きを繰り返している。

「ちょ、ちょっと待ってくれ。だってご両親の都合良い日が明後日って・・おまえが言ったんじゃん!」

大「すいません・・嘘です。」

何が真実で何が嘘か・・俺には見分けが付かない。

妊娠した事すら言ってない。

「じゃあ、おまえが妊娠した事は?さすがにお父さんと、お母さんに言ったよね?」

大「妊娠したことも・・まだ言ってません。」

まさか妊娠の報告すらしていないとは・・。人災とはこの事だ。

(これはヤベぇ事になった。・・事態は深刻だぞ?)

俺の全身から血の気が引いていく。実家で食べた夕飯のすき焼きが、食道をさかのぼってくる。ゲロの滝登りだ。

 

「えっと・・それはどういう理由があってのことかしら?」

大「あの・・私の親ってめっちゃ厳しいやん?」

大阪子は親との確執があって、実家と疎遠になっている。

「その事は聞いてるけど、まだ会った事ないし。」

大「でも・・でも・・妊娠したこと言いづらくて。」

彼女に目に涙が溜まっていく。また・・この手か。

「いや親が厳しいとか理由にならんだろ。妊娠した事は絶対に言わなきゃいけないでしょ?」

電話がダメなら、メールや手紙でもいい。伝える手段はあったはずだ。

 

「でも、明後日には大阪に行かなきゃ・・。ホテルも予約してあるし、どうすんだよ?」

大「本当にごめんなさい。・・どうしよう。」

「孔明じゃねえしわかんねえよ。てか、こんなの孔明でもわかんねえよ。」

大「こ、こうめい?」

「・・なんでこんな大事なこと、いまさら言うんだよ?」

もうスケジュールの変更は厳しい。時間もない。

せめて、札幌を起つ前に言ってくれれば。あぁ・・全てが手遅れになってしまう。

 

「じゃあ今から親に連絡しろよ。明後日は絶対、実家に挨拶に行くぞ。」

さすがに俺もブチ切れそうだ。

大「無理・・電話なんてできない。」

(な・・なんなんだコイツは?ついさっきまで、俺の両親と笑いながらすき焼き食ってたんだぞ?)

彼女の行動が、考えが、俺には全く理解できない。

「じゃあ俺がおまえの親に電話するよ!実家の番号教えてくれ。」

さすがに俺も爆発寸前だ。

大「いきなりそんな話されたら、ウチの親パニックになってまうやん。」

「ボクのほうがパニック状態なんですけどー!!」

(ああ・・そうか・・そうだった。俺の彼女はメンヘラなんだ。)

彼女がしたメンヘラな行動。

(コイツ・・いままでどんな事してきたっけ?)

俺は、大阪子のメンヘラ行動を思い返すことにした。

  1. 最初のエッチの時にピンクローターを持参した。
  2. 札幌で「一緒に住む?」と言ったらあっさりOK。
  3. 大阪のキャバを辞めて本当に札幌に来た。
  4. キャバ嬢時代、店長と不倫していたと突然の暴露。
  5. 彼氏がいるのにナンパに着いていく。
  6. ナンパに着いていった話を彼氏にする。
  7. 約2年間で2回浮気をした(発覚しているだけで)
  8. 怒ると逆ギレは当たり前。しかも物を壊そうとする。
  9. 長い間実家に帰っていない。
  10. 妊娠5カ月まで気づかない。(ふり)
  11. 女の連絡先を全て消す(過去二回)
  12. 妊娠中なのに性欲が強い。
  13. 結婚の挨拶に行くのに、親に連絡をしてない。⇦NEW!
  14. 妊娠した事も伝えてない。⇦NEW!

(これだけメンヘラであるという証拠が揃っていたのに・・見過ごしていたなんて・・俺ってばダメ探偵か!毛利小〇郎かよっ!)

もっと早い段階で気づくべきだった。こうなる前に俺は彼女と別れるべきだった。そうすれば俺の札幌生活も大きく変わっていたに違いない。

これから長い時間を一緒に過ごしたら、俺はどうなってしまうのだろう?彼女との未来が怖い。

恋は盲目?メンヘラと付き合うと刺激的

大阪子がどれだけヤバい女なのか見えていなかった・・いや見ないふりをしていた。

きっと「好き」のほうが強かったからだ。恋は盲目なのだ。

俺は彼女と一緒にいると楽しかった。容姿も美人だったから、街を一緒に歩けば鼻が高かった。

ブサイクなメンヘラだったらとっくに別れているが、美人のメンヘラはある意味タチが悪い。

もちろんトラブルばかりではなかったし、ときどき彼女が起こしてきたぶっとんだ行動やトラブルは、俺たちの恋愛にいい刺激になった部分もある。

その刺激によって、俺は「教育」され、いつの間にか共依存の関係になっていた可能性も否定できない。

ヤバい行動に対する慣れと耐性。

「俺って普通の女じゃ満足できないんだ。」そう言う男がいる。

「わたしダメ男ばっかりと付き合っちゃうの。」そう言う女がいる。

 

メンヘラと関わっていくうちに、「絶対に頭おかしいだろコイツ」と思うような行動にも慣れていく。

付き合っているうちに耐性が付いてきて、ヤバい行動に対しての許容タンクはどんどん大きくなる。

もしかすると、俺にも彼女のメンヘラがうつってしまい、着々と進行しているのかもしれない。

完全に頭おかしい。誰得な提案。

大「・・とりあえず、私が実家帰って伝えてくるから。」

「伝えるって何をだよ。」

大「妊娠したことと、YUちゃんと結婚すること。明後日、私が大阪の実家に行って話を通してくるから。それから改めて挨拶に行こうよ。」

なんだこの提案は・・完全に頭おかしい。

「なんでそんな回りくどいこと・・。一緒に行ったらええやん。」

大「お願いします!一生のお願い!」

額に汗を浮かべながら、大阪子は手を合わせて頼みこんでくる。

結婚する上で、彼女の両親に挨拶をするのは、最重要事項の一つ。挨拶が遅くなるほど、俺の印象は悪くなってしまう。

予定していた「親への挨拶➡籍を入れる」という流れも、これでは「籍を入れる➡親への挨拶」になってしまう。

そして出産までのタイムリミットも刻一刻と近づいている。

(もし、このまま挨拶もせずに、出産を迎えてしまったら?)・・その可能性は充分考えられる。

そうなってしまったら「娘の旦那は非常識でヤバい男」というレッテルを、大阪子の家族に張られてしまうだろう。

下手すると生涯「ヤバいヤツ」として、肩身狭く生きなければならない。俺はクズではあるが、犯罪者ではないのだ。

 

(違うんです!俺もヤバいですけど、あなたの娘さんはもっとヤバいんです。)

そう彼女のお義父さんに言いたい。お義母さんに伝えたい。

 

「・・どうすりゃいいのさ・・。」

俺は大きなため息をつき呟いた。

とにかく俺たちの結婚に、少なからず波紋が起きたのは間違いない。これが大津波にならないと良いが・・。

結局、彼女だけで実家へ帰っていった。

明後日はあっという間にやってきた。

俺と大阪子はJR名古屋駅にいた。実家へと旅立つ彼女を見送るためだ。

名古屋駅は東海地方で一番大きい駅だ。縦横無尽、所狭しと人が行き交っている。

これだけ人が多いと、誰かが、大阪子のお腹に突撃してこないか心配だ。

 

大「じゃあ、YUちゃん行ってくる。本当にごめんね。」

「うん、大阪に着いたらまた連絡して。」

大「わかった。」

「久しぶりの実家なんだし、ゆっくりしてきていいから。お義父さんと、お義母さんにもよろしくな。」

大阪子は手を振りながら、改札の中へ消えていく。俺は、その姿を苦い笑顔で見送った。

 

(札幌へ帰ろう・・。行きは二人。帰りは一人ぼっち。・・ウケる。)

携帯で飛行機のチケットを取る。夕方の便が空いていた。それで帰ることにした。

 

もう一度、実家に顔を出すことも考えたが、「大阪に行かなかった」「彼女がいない」というこの状況をどう説明したらいいだろう?

嘘や言い訳を用意するのも面倒くさいし、俺は顔に出るタイプだ。両親に心配をかけてしまうかもしれない。

 

俺はセントレア行きの電車に乗り込む。そこからは、あっという間に札幌だ。

そして、あれから数週間がすぎた。そろそろ新居への引っ越しの日が近づいている。

だけど、彼女は実家に行ったっきり帰って来なかった。

 

続く➡ダンボールに思い出を詰めて